2010年09月05日

FCユトレヒト (FC Utrecht)

8月のとある木曜日のことです。ユトレヒト市の粋な計らいで、小学校に通う子供たちを対象にした「会」がありました。といってもちょっとした条件があって、全員が対象ではなかったんですが。(その辺ははしょります)

さっちゃん・みーちゃんには内緒で申し込みをし、無事に権利も獲得。そして当日は、「学校に行こう!」と大嘘をついて(爆)出発。二人とも半分くらい信じて、半分は「うそでしょ!?」って思いながら車に乗ってました。(^^;;


そして着いた場所は・・・本当に学校の横を通ったので、半ば嘘ではなかったのですが・・・FCユトレヒトの練習場!スタジアムの直ぐ裏にあります。

続きを読む
posted by ニコラ at 07:13 | Comment(4) | TrackBack(0) | ユトレヒト散策
2010年06月08日

ユトレヒトの歴史・・・1 (over stad Utrecht -1-)

1月から2月にかけての、上の学校訪問のときに、ある学校でラテン語の授業を受けたと投稿しましたね。そのラテン語の授業がとても面白く、ラテン語の勉強をしようと画策しているのですが、やはりなかなか時間がとれず、まだ実行にはいたっていません。(涙)

そのラテン語の授業のときに聞いた面白い話し。そう・・・「ユトレヒト」についてなんですよ!


「天地は神が創ったが、オランダはオランダ人が造った」とはよく言われますが、ユトレヒトは違うんです。と言うのも、時はさかのぼること紀元前!ローマ帝国にまで行き着きます。

続きを読む
posted by ニコラ at 18:57 | Comment(4) | TrackBack(0) | ユトレヒト散策
2010年05月06日

ジロがやってくる! (Giro d'Italia in Utrecht op 9-5-2010)

最近ユトレヒト市内を走っていると、こういうものをよく目にします。

wielrennen.jpg
何かというと、

「ひどい交通規制」・・・とでも言いましょうか・・・?

なぜかと言うと、写真をよ〜〜〜〜く見ちゃうと、分かる方も・・・?

続きを読む
posted by ニコラ at 04:56 | Comment(10) | TrackBack(0) | ユトレヒト散策
2010年01月07日

鉄道博物館 (Spoorwegmuseum - Winter Station)

1月3日の日曜日・・・さっちゃんの風邪も小康状態だったので、行って来ましたよ!

どこに!?!?!

はい・・・タイトルを見てくださいね〜〜!(^^;;


この日まで、「Winter Station」という催し物をやっていたんです。その目玉の一つが・・・さっちゃん・みーちゃんの目を引いてしまって、行く羽目に!?

何かというと・・・


続きを読む
posted by ニコラ at 03:35 | Comment(8) | TrackBack(0) | ユトレヒト散策
2009年12月28日

カスカーデ・サーカス (Circus Cascade Colour - de Stadsschouwburg Utrecht)

まだまだクリスマスの雰囲気は続いていますが、「こちら」に投稿した続きです〜〜。

雪の中を1時間半も歩いていった先・・・

それはさっちゃん・みーちゃんには秘密でした。でもバスは通っていないから、どうやって行くかとか、やっている場所に電話をして聞いてみようかとか・・・五右衛門と電話で相談していました。それを耳をダンボにして聞いていた二人。

「劇場って言ったよ!」とか、「電車が通ってないって言ってるよ」とか、ものすごいアンテナの張り方!(苦笑)


でもばれない様に話すのだって大変なんですよね!


目的地が近づいてきたら、五右衛門の自転車を見つけた二人・・・。そして最後のココアを飲もう!と誘い・・・

続きを読む
posted by ニコラ at 06:35 | Comment(6) | TrackBack(2) | ユトレヒト散策
2009年12月24日

雪の中を歩いて・・・ (onderweg naar ... in de sneeuw)

月曜日にはどうしても行く場所がありました。でもバスが動いていない!!!

・・・となると歩いていくしかない!?

距離的には4〜5kmで、雪がなければ1時間強くらいでつく距離です。でも雪の上を歩くとなると・・・いくらスノーシューズをはいているとはいえ(私は普通のブーツですが・・・)、歩きなれない道を歩くわけなので、1時間半は掛かるだろうとの計算で家を出ました。

途中で五右衛門の仕事場のそばを通って、ひたすらまっすぐ歩きます。右左に曲がらないで済んだのが、方向音痴の私には・・・助かったかも!?

続きを読む
posted by ニコラ at 07:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | ユトレヒト散策
2009年10月17日

3両のバス

やっと写真を撮りましたよ〜〜。^^;

何の!?


え〜〜〜っとですね〜〜〜、ユトレヒト市内を走っている「3両のバス」です〜〜。

行きますよ!

続きを読む
posted by ニコラ at 05:00 | Comment(12) | TrackBack(0) | ユトレヒト散策
2009年10月05日

オランダほぼ初の・・・!

今日はどうやってはじめて良いのか・・・ちょっと難しいんですよね〜。(^^;;

・・・でもまずはヒントから!


日本ではいたるところにあるけれど、オランダでは一部の人向けに、2軒ほどありました。1軒はとある企業内のカフェテリア。もう一軒はスキポール内。でも国際線のほうではなく、EU内のフライトようのゲートのほうです。(だから見つけられなかった・・・!!←凄いヒント!!)

・・・ということで、日本にて初体験をしてきたわけですが、8月30日にとあることを発見!

この日はArnhemで行われたWorld Statueを見て、家に帰る途中でした。

続きを読む
posted by ニコラ at 05:55 | Comment(8) | TrackBack(0) | ユトレヒト散策
2008年09月01日

「像」を探せ!

水曜日の夜、さっちゃん・みーちゃんが寝静まってから・・・

そうだ・・・!明日はxxxxをしよう!


と思いついたのはいいのですが、翌日になったら、何をしようと思ったのが完全に忘れてしまい(汗)、慌てて思いついたこと・・・夏休みの小冊子に載っている事をする事に。

ついでに二人が集めているバッチももらえるし・・・ってことで、二人も大賛成!

で、行ってきました〜。

何をしたか・・・?それは・・・

続きを読む
posted by ニコラ at 06:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ユトレヒト散策
2008年08月09日

お金博物館(Geldmuseum)

例の小冊子にも載っているお金博物館。ここは、「オランダのお金」に関しての博物館です。

ということで、博物館に行く歩道には・・・

geldmuseum1.jpg

とか・・・


続きを読む
posted by ニコラ at 04:57 | Comment(4) | TrackBack(0) | ユトレヒト散策
2008年07月08日

Griftparkの子供農場

昨日の日曜日に行ったGriftpark。ここには、ウサギ・牛・豚・ヤギ・羊などがいて、皆で触れ合って楽しむことが出来ます。

どの動物も人になれていて、とってもかわいいんですよ〜。

豚は時たま「泥」の中に入って気持ちよさそうだったり、子牛は赤ちゃんのくせに大きかったり(^^;;、ヤギの毛は結構硬かったりと、動物の「差」を体で感じられます。

そして昨日見つけた新しいシステムでしょうか。もうさっちゃんも、みーちゃんもやりたくて仕方がなく、落ち着かせるのが大変でした。(汗)



続きを読む
posted by ニコラ at 04:43 | Comment(4) | TrackBack(0) | ユトレヒト散策
2008年06月09日

ユトレヒトで大火災

昨日のことですが、ユトレヒトの中心を流れる「アウデフラハト」という運河沿いにある、セコハン店から出火したとか。

その模様のスライドショーと、映像がNOS(ニュース・スポーツニュース担当)にありましたので、ご覧ください。

「こちら」よりどうぞ。


このアウデフラハトは、場所によってはホコテン、場所によっては運河の片側のみ車両通行可、両方向通行可・・・となっているうえに、昔からある運河なので(場所によっては1600年代ごろからとか・・・)、道路の幅もとっても狭い場所です。

また運河沿いという場所柄、商店やレストランも多いです。でもその間には、一般の住宅もあるんですよ。

そんな場所での火災発生ということで、消防車が駆けつけたときには、ものすごい炎だったようですね。

ちなみに上のほうのフィルムの最後に出てくるのは、現在のユトレヒト市長です。


 
posted by ニコラ at 06:48 | Comment(6) | TrackBack(0) | ユトレヒト散策
2008年04月04日

演劇週間inユトレヒト!(Tweetakt)

記事のカテゴリーを、「ユトレヒト散策」にしていいのか・・・ちょっと迷うのですが、ユトレヒトで行われていることなので、このカテゴリーで投稿!(^^;;

3月29日から4月6日までの間、Tweetaktと称した演劇週間が開催されています。対象は子供・青年・大人・・・と、全員なんですが、出し物によって、対象年齢が設けられています。参加している劇場は、ユトレヒト市内のほぼ全部だとか。かなりの参加率!

そして今日はみーちゃんが・・・グループ3・4の子供たちが・・・この演劇週間を楽しみに行きました。私は同行しなかったのですが、みーちゃんの隣のクラスの子供たちが、今ユトレヒトにいらしている方のブログに、写真で登場していました!

豚さんのところにいる男の子の弟が、と〜〜ってもかわいいんですよ!私が「ハイ!、ハニー」って感じで話しかけると、逃げちゃうんですけど・・・。(x。x)
その横に立っている男の子の妹が、みーちゃんのクラスにいて、みーちゃんととっても仲がいいんです!(もう離れない!!)

興味のある方は、「こちら」をご覧ください。

続きを読む
posted by ニコラ at 04:11 | Comment(6) | TrackBack(0) | ユトレヒト散策
2008年04月01日

やっと発見!?

今回の夏時間への移動で、時差ぼけがお腹に来ました。まぁ〜いつもの事と言えば、いつもの事なんですが、今回はちょっと辛い・・・。

一番最初の海外旅行がヨーロッパで、その時にも時差ぼけがお腹に来て、チェコにて病院へ行くことになったほど。(汗・・・だけど、本当に酷かった)

今回もそれに近いものがあるので、今日はすごく短めに、ユトレヒトの有名なものを紹介!

ユトレヒトといえば・・・ドム教会にドム塔!なんですが、オランダを代表するキャラクターも忘れてはいけません!

そう、ミッフィーちゃん!

作者のディック・ブルーナさんは、まだまだご活躍中ですよ〜。(私が小学生のときに、うさこちゃんの本を見せてもらったことがありますが、「昔の人はこんな本を読んでたの・・・」って、ブルーナさんは死んじゃった人にしちゃったんです・・・。滝汗)

そのミッフィーちゃん・・・

続きを読む
posted by ニコラ at 04:46 | Comment(10) | TrackBack(0) | ユトレヒト散策
2008年03月09日

ユトレヒトで発見!

年をとるごとに、冬場がきつくなってきたな〜と感じるここ数年です。ほほ骨の辺りは、乾燥がとてもきつく、乾燥肌用の化粧水に、こってりクリームをつけますが、それでも乾燥しすぎて赤くなってかゆみが出ます。

昨年の里帰りで、夏用メークアップ講座に出席したときに、「乾燥肌ですね〜」と言われてショックを受けたのですが、思い当たることばかりなので、やっぱりね・・・と諦めモードでした。

しかしその時に教えてもらった方法で、お肌の手入れをしていたら、多少は改善されてきていたのですが、やはり乾燥度の違うオランダ。もうバリバリです・・・。(大涙)

そんな時にイタリアのハーブを使った化粧品のことを読みました。オランダでも「ホメオパシー」療法は結構根付いていて、ハーブを体内に取り入れることは、結構します。

  
続きを読む
posted by ニコラ at 04:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | ユトレヒト散策
2008年02月21日

何年かぶりでの・・・

昨年の5月から始まり、まだまだ終わらないとあること・・・。もういい加減にうんざりしてきました。

特に朝は、時間に余裕を持って家を出るとはいえ、何が起きるか分かりませんので、心配の種が増えたことになります。

帰りも、冬眠明けの小熊が2匹が居ると、やはり早く家に帰りたいし、時たま買い物をすることもありますが、やはりイライラするのも否めません。


昨日見ていたユトレヒト市のテレビ放送・・・びっくりしましたよ!

それまでなかったのに、昨年始まった理由を聞いて・・・

続きを読む
posted by ニコラ at 23:30 | Comment(8) | TrackBack(0) | ユトレヒト散策
2007年11月01日

駅周辺

ここのところ、お誕生日会が続いているみーちゃん。車で連れて行っても、お迎えはバスで・・・なんてこともあります。
(途中で市内まで移動してたりしますので・・・)

そんな時に撮った写真を今日は紹介!

いつもであれば、目線でしか見れないものも、バスに乗っていると、また視界が変わってくるんですよね〜。特にチビな私は、子供と同じ視界だから、低いほう・・・。(涙)

だからバスから見える視界は、結構新鮮だったりしました。(^^;;

続きを読む
posted by ニコラ at 05:43 | Comment(10) | TrackBack(0) | ユトレヒト散策
2007年06月25日

ユトレヒトのシンボルタワー・・・3

2日間連続で、ユトレヒトのシンボルタワーのドム塔とその教会について投稿しています〜。今日はその3日目!(^^;;

その3日目は・・・ちょっと歴史のお勉強から。

なぜオランダは「オレンジ」をメインカラーとして、応援をしたりするのか・・・ご存知でしょうか!?

昔々の中学生の時の世界史の授業を思い出してください〜〜!!

「オレンジ」が名前についていた人がいましたよね!

そう、「オレンジ公ウィリアム(ヴィレム)」(Willem, Prins van Oranje)です〜〜!!そしてこの人は、オランダの歴史には欠かせない重要な人です。

一体どんな人だったかというと、日本ではオランダの初代国王と習ったと思うんですが、オランダでは違う捕らえ方をしているようなんですよ。この方生涯「プリンス」でいらしたんです。一度も国王の称号は持ったことがないんです。

でも業績はすごい!あのスペインのフィリペ2世に立ち向かい、80年にわたる独立戦争を始めた方。

ヴィレムはドイツ中西部に位置するナッサウのディレンブルクで、ナッサウ=ディレンブルク伯ヴィルヘルムの長男として生まれた。1544年、11歳の時に従兄のルネ・ド・シャロンが戦死したため、ルネが父(ヴィルヘルムの兄)ナッサウ=ブレダ伯ヘンドリック3世から相続していたネーデルラントの所領と、母方の叔父フィリベール・ド・シャロンから相続していた南フランスのオランジュ(オランダ語でオラニエ)公国をともに相続して、オラニエ公ヴィレム1世となる。以後ヴィレムの家系はオラニエ=ナッサウ家と呼ばれる
(なので、現在の王室はオラニエーナッサウ家です〜)
===Wikiより===

そして彼は5人兄弟で、直ぐ下の弟・・・ヤンが、ユトレヒトにいるんです!

続きを読む
posted by ニコラ at 21:41 | Comment(12) | TrackBack(0) | ユトレヒト散策

ユトレヒトのシンボルタワー・・・2

昨日はユトレヒトのドム塔とドム教会のことを少し・・・投稿しました。今日はその続きです〜。

昨日の投稿で、塔と教会は合体していたけれど、竜巻により分離してしまったと書きました。その証拠として、教会と塔の間にある広場には、柱とその壁のあとが、黒い石にて残されていることも。

そして土曜日に、その後のそばを歩いていて発見したもう一つの証拠品。いや〜、びっくりしましたよ!

「移動させたほうが良いんじゃないの!?」って思うんだけれど、移動させてないんですね〜。これが私のだったら・・・嫌だなって思うものです。

何か想像がつきますか!?

先ずその答えの前に・・・教会の中にあるものを思い出してみましょうね!


続きを読む
posted by ニコラ at 00:30 | Comment(4) | TrackBack(0) | ユトレヒト散策
2007年06月24日

ユトレヒトのシンボルタワー・・・1

今日は久しぶりに、たった一人で街まで行きました。五右衛門と子供達は「仕事」!
約1000部もの刊行誌を印刷し、それに宛名ラベルをつけ、ビニールの封筒に入れる作業をしにいきました。大人にとっては「結構面倒」な作業ですが、子供達にとっては面白いらしく、この作業のあるときには二人は大きな助っ人になります。(笑)

そしてその間に私は街まで。つい先週は子供達と一緒に来たのですが、その時にはできなかったことをしました。

そのついで・・・といっては何ですが(^^;;、ユトレヒトのシンボルタワーの「ドム塔」の写真を撮ってきました。

Domkerk1.jpg
ドム塔とその横のドム教会

ではそのドム塔およびドム教会とは・・・

続きを読む
posted by ニコラ at 04:49 | Comment(6) | TrackBack(0) | ユトレヒト散策
2007年06月09日

ユトレヒト大学付属の植物園

今日の投稿のカテゴリーは、「ユトレヒト散策」にしました。(^^)
何しろ、「こんなところが、ユトレヒト市内にもあるんだ〜」と思えるところなので。

そう、実はペンテコステの休暇の週は、「雨が降るかもしれません」と連日聞いていました。実際、木曜日の午前中には、突然雨が降ってきたりもしたのですが、午後からは晴れたりして、「騙された!!」と言う天気。

でも「いつ雨が降ってきてもおかしくない」のがオランダ。(爆)
オランダの天気を表現するのに・・・

今現在雨が降っているか、まだ降っていないか・・・。

そんな表現が通用するくらいなのですから、外出をしようと思うと、結構気を使います。

そして6月1日。「雨が降るかもしれないから、室内で楽しめるところ」と思って探したのが・・・

続きを読む
posted by ニコラ at 04:32 | Comment(8) | TrackBack(0) | ユトレヒト散策
2006年08月20日

鉄道博物館・・・2

金曜日に行った鉄道博物館で、その前には見られなかった場所も、ちゃんと見れました。

先ずは劇。電車を素材に2種類の劇をやっているようですが、18日には午前中の部をみました。題材は「オリエント・エクスプレス」。1899年に一人でパリからイスタンブールにまで行った女性のお話。

多少のフランス語が出てくるけれど、あとは全てオランダ語なので、オランダ語が分からないと・・・楽しくないかも・・・?

後は鉄道関係をモチーフにしたもの・・・・



続きを読む
posted by ニコラ at 23:55 | Comment(6) | TrackBack(0) | ユトレヒト散策
2006年08月19日

Pasar Perron

先日訪れた「鉄道博物館」にて(その模様の記事はこちら)、18日よりアジア祭(Pasar Perron)が催される旨を書きました。

その初日の18日・・・またもや鉄道博物館に行きました。今回も「10時入館!」を目指しましたが・・・、家のそばからのバスが目の前で行ってしまったために、またもや無理になってしまいました。
(五右衛門が「雨降りそうなのに、そんな格好で行くの!?」と文句を言い始めたため、家を出る時間が遅れた!!)

それでも博物館に着いたのは10時20分ごろ。入場券も直ぐに買え、中もガラガラ!

「やっぱりこうでなきゃ!」とか言いながら、中を散策。

続きを読む
posted by ニコラ at 21:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | ユトレヒト散策
2006年08月17日

ディック・ブルーナ・ハウス

みーちゃんが学校で、「ディック・ブルーナ」さんのお勉強をしていた時に(その時の記事はこちら)、2月にオープンをした「ディック・ブルーナ・ハウス」にもいきました。もちろん、さっちゃんも行きたかったのですが、なかなか機会がなく行けませんでした。

もう夏休みも残り数日となり、「行くなら今日だ!」ってことで、急遽行ってきました!!

会館は10時から。昨日の買い物で、バスの券を購入するのを忘れたので、先ずはそれを買ってから行きました。

先ずは駅まで行き、そこから「博物館線」と言われるバスの2系統に乗ります。昔は駅を通らず、始点と終点があったのですが、通る場所の道がとても狭く、今では「循環バス」になっています。道が狭いため、バスの形も幅も、他のバスとは違います。また循環バスになったときから、通る場所も多少違うようになり、一番のハイライト(?)であった「ドムの下」を通らなくなってしまったのは、ちょっと残念です。
(ドムの下はバス専用道路のため、一般の車では通れません。自転車・歩行者は・・・お察しの通りですが・・・)

10分弱乗ると、運転手さんのほうでも「セントラル・ムゼウム」(セントラル・ミュージアムのこと)と教えてくれます。

そして降りると・・・

続きを読む
posted by ニコラ at 21:30 | Comment(6) | TrackBack(0) | ユトレヒト散策
2006年08月11日

鉄道博物館

かなり長いことをかけて、改装をしていたこの「鉄道博物館」。本当に綺麗になりました。

ここには、オランダに来て直の頃・・・1997年に来ました。そこで五右衛門の同僚の女性に会いました。狭いオランダの、狭い都市だから、人の集まる所にいくと、一人くらいは知り合いに出会うのです。(^^;;

その1997年の頃は、なんだかよく分からない(失礼だけど!)展示が多かったのでした。なにせ来てすぐだから、オランダ語も分からないし、オランダとインドネシアの関係もよく分かっていませんから、「何でオランダにインドネシアの鉄道のことが・・・?」って思いながら、見て回ったものでした。

それから2年くらいの時間をかけての改装を経て、昨年の6月にオープンをしたこの鉄道博物館。半年くらい前には、学校の授業の一環で、さっちゃんはここに来ました。そして、も〜〜虜になって帰ってきました。

「また行きたいの!」とか「何時行けるの〜〜!?」ばかり連発をしていたので、「夏休みになったらね」と約束をしていたのですが、五右衛門の仕事の関係で、なかなか金曜日に休めずにいましたが、やっと、今日!

念願かなって、行ってきました!

続きを読む
posted by ニコラ at 20:55 | Comment(4) | TrackBack(0) | ユトレヒト散策
2006年08月07日

オランダ初の・・・

私が生まれ育った横浜には、「日本初の・・・」がたくさんあります。全て「異人さん達」の置き土産ですね。

でもこの異人さん達の置き土産があるが上に、現在の便利な生活に、日本もかなり早いうちから、足を踏み入れたのではないでしょうか。

すき焼き・ビール・電車・水道・街灯・・・全部数えると100近くになるとか!?


その「100」には及ばないけれども、ここユトレヒトにも「オランダ初」のものがあります。

続きを読む
posted by ニコラ at 04:19 | Comment(4) | TrackBack(1) | ユトレヒト散策
2006年07月25日

マールセフェインの湖(池)

先日のサイクリングでも通ったマールセン。そしてその横のマールセフェインというところは、2年前にも泳ぎに来た巨大な池というか湖もあるところ。(先日のサイクリングでもその横を通って、「泳ぎたい!」と衝動に駆られていました〜)

場所的には・・・



こんな感じです。写真の下のほうのピンの場所は、我が家があるとこらへんです。(おおさっぱに)
池の左側の白い部分が、有料では入れる整備されている部分。

先週末から少しは涼しかったけれど、今日からまた暑さがぶりかえり、気温も30度になるとかって言う天気予報を聞いて、今日はこの巨大池に行ってきました。(^^;;

荷物がたくさんあるので、車で飛ばして5分。入場料を払うのに10分ほど並んで(なんで走るより、並ぶほうが長いんだ!?オマケにおつりも間違えられたし!!)中に入ると・・・・


続きを読む
posted by ニコラ at 22:10 | Comment(7) | TrackBack(0) | ユトレヒト散策
2006年07月21日

市内の風車

先日は、ユトレヒト郊外の風車の写真を、載せましたので、今日はユトレヒト市内の風車を。

この風車は、先日の「滞在許可書」を取りに行った場所の直ぐ裏になります。市の中心の・・・はずれの方になるのでしょうか。

この風車が回っているのを見たことがないので、今はもう廃業しているのかもしれませんが、だんだんと姿を消して行っている風車。市の中心近くに残っているだけでも、とても大切だと思っています。

続きを読む
posted by ニコラ at 21:35 | Comment(6) | TrackBack(0) | ユトレヒト散策
2006年07月10日

サイクリング

昨日の日曜日・・・すがすがしい日でした。暑くもなく、寒くもなく。袖なしで丁度気持ちがいい〜〜って、感じです。(22度くらいだったでしょうか)

土曜日も同じような感じで、五右衛門・さっちゃん・みーちゃんは、サイクリングに出かけました。お昼ご飯を食べてから、直ぐくらいに出かけて、帰ってきたのは5時過ぎ。3時間くらいは・・・出かけていた感じです。その間ずっとサイクリングをしていたか・・・は、謎ですが(^^;;、かなり疲れて帰ってきました。

そして夕飯の時に、「今日行った所は、ママは絶対に着いて来れないよ!」と、3人して口をそろえていたんです。どこまで行ったのかと思ったら、ユトレヒトの隣の市の「マールセン」というところ。まぁ〜家からこの市までは、それ程遠くないのですが、サイクリング道路で行くと、かなりの距離になります。

でも森の中や、畑の中を走って、と〜〜〜っても気持ちがいいんですよ!それに、途中には去年行った「湖」(というか、大きな池というか・・・)もあり、「そこで泳ぎたい!」と言う欲求にも駆り立てられたようです。

そして日曜日。みーちゃんはお昼ご飯が終わると、「自転車に乗りたい!」を連発しています。五右衛門も、「練習は必要だし」ってことで、またまたサイクリングに行くことに。

そして昨日は、みんなの驚きの目を横目に、一緒に行きました。



その結果・・・

続きを読む
posted by ニコラ at 22:30 | Comment(4) | TrackBack(0) | ユトレヒト散策
2006年04月20日

仕事場のそばの景色

今日のユトレヒトの天気は、風は涼しいけれど、かなり暖かく、子供たちは汗ばむくらいの気温になりました。現在夜の10時時近くですが、約13度あります。(でも空気はちょっと冷えています。)

そんな気温に誘われてか、仕事場に植えてある木蓮が花を咲かせ始めました。





と共に、水仙も花を咲かせていて、



五右衛門の撮影会開始です!(^^;)


五右衛門の仕事場は、運河に面しています。まぁ〜、オランダでは結構楽に運河が見つけられるので、運河に面していると言っても、それほど珍しくないですが、この運河はちょっとだけ特別です。


まず、この運河の交通量が物凄いです。4月になると・・・?だと思うのですが、ボートで運河クルーズというか、水上生活になる人たちと言うか、バカンスを楽しんでいると言うか・・・まぁ〜その人達が、この運河をボートで行きかいます。

その為に、時間で?それとのどこかにチェックポイントがあって?・・・なのかはボートの経験がないので、分からないのですが、定期的に近くの橋を開けます。

今は電動になっているので、ボタンひとつで、通行止め用の棒も、橋自体も操作できます。


このような運河や橋は、至る所にあるのですが、五右衛門の仕事場の橋は、
超有名な橋なのです。


「赤い橋」と呼ばれるこの橋は、ドイツにも名を響かせています。

どういう意味でか・・・?





続きを読む
posted by ニコラ at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ユトレヒト散策