2008年04月27日

新しいお隣さんは・・・



我が家の一帯が、取り壊し(隣接するアパート)とリノベーション(我が家のような長屋)が行われる予定であることは、何回も投稿している通りです。

この取り壊しなりリノベーションを行うためには、住民が出て行かなければいけないのですが、日本のように簡単には次の場所が見つからないのが現状です。

まず・・・「貸家」というポスターは見かけません。つまりは・・・個人で「アパート」を持ち、そこから収入を得るというのは、殆どないということでしょうか。

普通のオランダ人たちが住む場所を借りようと思ったら、日本で言う公団のような組織に登録をします。これは全国区なので、どこに住んでいても登録できます。

そして2週間に一回、新たに「借りれる住居」が発表になり、家族構成により、応募をします。その結果、自分の持ち点(収入・家族構成・現在の住居などから、点数に変換)により、その住居に入れるかどうかが決まります。

ユトレヒトであれば・・・まぁ〜本当に希望するような場所・大きさなどにこだわれば、最低でも3年は待つのでは・・・?と言われています。でも取り壊し・リノベーションのために、1日でも早く空き家にしたい場合は、「優先権」を発行してくれます。

すると、自分の持ち点は少なくても、その優先権のおかげで、希望するところに入居が出来る・・・って仕掛けです。でもひとつの住居に、優先権を持った人が数人いる場合は、得点で順番が決まる・・・?んでしょうかね〜。

そして昨年の12月に、我が家のお隣のおじいさんが引越しをしました。40年以上住んでいたところを離れて、階段のない「老人用アパート」に移りました。

「この年(もう90歳を越しています)で、2回の引越し(一度出て、再度戻ってくる)はキツイから、出たっきりにするんだ」といい、引っ越しました。

その後は空き家。

そして先週・・・、突然我が家二人組みがその家に!!!話を聞いてみると、「数ヶ月間だけ、そこに住む」って事らしいんですよ。

そりゃそ〜だ〜・・・、だって、夏休み明けには、第一次のリノベーションが始まるので、別の棟に住んでいる人たちが、空き家に住むことになっているわけですからね〜。

でもそれが分かっていて、何で数ヶ月だけ住むの・・・?

理由は・・・空き家のままにしておくと、窓ガラスを割られたり、家を壊されたりするので、それを防止するためだとか。

あぎゃ〜、怖いオランダ!?


・・・ってことで、数ヶ月間だけですが、お隣さんが出来ました。でも・・・若い3人組が住むことになっているようで、階段の上り下りの音が、うるさい!!

さっちゃん・みーちゃんは、眼が覚めてしまうときがあるようです。なのでもう、お願いをしにいったのですが、でも駄目・・・。

お隣さんが出来て嬉しいような・・・、うるさくて迷惑なような・・・。ちょっと複雑・・・・。バッド(下向き矢印)



 
posted by ニコラ at 07:22 | Comment(8) | TrackBack(0) | オランダ
この記事へのコメント
お隣のお爺さん前に引越しをしたのですか。寂しいですね。ニコラさんも間も無く引越しをする事でしょう。大変ですね、お隣どのよ方が引っ越してくるか分らず来たと思ったらやっぱりとない近所気にせず夜中でもやかまし目を覚ます事がとても辛く困りましたね。昼間眠くなり勉強にも影響しなければ良いのですがもう少しの辛抱ですか。頑張ってね。
Posted by ダルマ at 2008年04月27日 09:38


マールセンの前の家が、まさに公団システムでした。
彼は半年待って入居できたそうです(さすが田舎のマールセン^^;)
そこに、アイルランド人の彼のルームメイトと私の3人で住んでいました。
近所は年配のオランダ人が多く、外人3人組の私たちは怪しげだったことと思います(^^ゞ
・・・我が家のお隣さんもずっと空き家だったのですが、最近売れたようで、時々改装している様子。
昨日は短時間でしたが
ものすごい音量でオランダ音楽を流してました(x_x;)
昨日だけであってほしい〜。
Posted by zebra at 2008年04月27日 20:08


住宅事情日本と全く管理方法が違うのですね。ただ、マナーについては共通点もあるようですね。 日本のマンションなら管理人さんのような人にまずは頼むのが当たり前ですが、きっと個人交渉なんでしょうね。
たとえしばらくでも直してくれないとかないませんね...

それにつけても空き家よりも住んでいた方が安全というのは分かるような気もしますが、ちなみに私が住んでいるアパート(社宅)はガラガラもしもオランダとおなじ事情だったら、さしずめゴーストタウンの住人となりそうです。 それを重うとまだまだ日本の方が安全なのでしょうか
Posted by root at 2008年04月27日 22:05


ダルマさん
お隣のおじいさんは一人での生活だったので、生活の音はトイレの水の音くらいしか・・・聞こえませんでした。そして約3ヶ月の空き家状態。なので隣から聞こえてくる音に、慣れていないんです。
二人とも、目が覚めても直ぐに寝付くので、大丈夫のようです。
でも次に入居する家族によっては、今よりうるさいかもしれないから・・・今のうちに慣れておいたほうがいいかも!?
Posted by ニコラ at 2008年04月28日 04:45


zebraさま
お隣さんができると、嬉しい反面、そこから聞こえてくる音に慣れるまで、多少時間がかかりますからね〜。
改装中の音楽となると、かなりの音量でしょうね。あまりうるさかったら、やっぱり文句を言わないと!これからは良い季節で、窓を開ける時間も増えますからね!
Posted by ニコラ at 2008年04月28日 04:47


root さま
何かの問題があれば、直接言うのが普通のようです。それでも駄目であれば、管理会社を通してとか、ひどい場合は警察までも動員するようです。でも今のところ、階段の音と大きな笑い声ですが、いない時間も多いので、大丈夫であって欲しいです〜。
Posted by ニコラ at 2008年04月28日 04:50


 日本とはやはり違いますね。 大変かもしれませんが、ご近所の繋がりはあるということでしょうか?

何とか切り抜けられるとよいですね
Posted by root at 2008年04月28日 21:19


rootさま
やはりアパートだと、「隣は何をする人ぞ」になってしまいがちですが、このような長屋だと、繋がりは多少ありますね。
2件の壁が繋がっているわけですから、音が聞こえるのは仕方のないことですが、おおらかな気持ちで音を聞けたら・・・とは思います。(^^;;
でもその音が気になる人が多いわけで、リノベーションでは防音措置もされます。(嬉)
Posted by ニコラ at 2008年04月29日 05:16


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック