2008年04月21日

xxの洗浄は古いxxで



さて・・・何のことでしょうか!?(爆)

先日、夜の11時半頃から始まるオプラの再放送を見たんですよ。そうしたら、その日は人気上昇中のDr.Ozが登場する日でした。

つまりは・・・医者であるDr.Ozが観客や視聴者からの質問に答える日なわけでした。普通は・・・「また、そんな馬鹿みたいなことを聞いて!」と思うことが多いのですが(^^;;、この日はひとつ、良い事を聞きました。そして実践!良い結果をやはり得ています。

それをするのに必要なのは・・・
nosebidet2.jpg
(蛇口のそばの白いもの)

さて、なんでしょうか!?

毎日では無いのですが、これをやり始めてから、結構調子がいいんです。今年はいつもと違って、花粉症の症状が出ていないのですが、それでもたまには目が痒くなって、鼻水が止まらなくなって・・・なんですよね。さっちゃんも花粉症のようで、目を真っ赤にしたり、くしゃみ連発!なんてこともあります。

すると自然と起きるのが、頭痛・・・。頭がぼ〜〜〜っとしてきて、気分も優れなくなりますよね。

また鼻風邪をひいている時も、頭がぼ〜〜〜〜。原因は鼻の上の部分のおでこにあるところ・・・専門用語があるんでしょうが、分かりません(汗)・・・ここに、膿が溜まってしまうために起きるそうです。だからほほの内側(目頭の下辺り)から目頭、おでこに向かってマッサージをすると、一瞬だけれどすっきりとする感覚があるとか。

そのすっきり感を持続させるのに必要なのが、上の写真のもの。見た目・・・ジョウロ?蓋なし急須?

テレビで使っていたのを見て、私が思ったのは・・・急須。ぽっちゃりとした胴体に、蓋がないけれど、なんとなく雰囲気は急須。

使い方は、この入れ物にぬるま湯を入れ、塩を少々。(必ず塩は入れること!!)そして注ぎ口のようなところを、鼻の穴に入れます〜。ゆっくりと傾けて、中のお湯を鼻に入れていく感じにします。お湯が冷たすぎたり、熱すぎると、余り気持ちよく感じません。なので、なるべく自分の体温くらいの温度にしておくと、お湯が鼻に入っていくのが、なんとなく分かります。あぁ〜、今おでこのあたりまで来たな〜・・・って感じで。その後は、入れたものは必ず出る・・・の法則で、反対側からお湯が出てきます。

膿が溜まっている場合、そのお湯と一緒に出てきます。そこで鼻をかむと、後はすっきり〜〜〜!!


この物体の名前は・・・鼻用ビデ

アメリカでは薬局などで売っているようですが(でもアメリカでの放送の後、売り切れのところが多かったらしいです・・・)、やはり見た目が急須に似ていることから(^^;;、我が家にある「壊れた急須」を使うことにしました。ひびが入っていて、いつ漏れ出すか分からない状態ですが、注ぎ口は小さいし、私の鼻に合うだろう・・・って事で、チャレンジ。(でも私が急須を鼻に入れている姿は、想像しないでね!)

いや〜、最初は怖かったですが、テレビでやっていたように、口で息をしながら、ゆっくりと流し込んでいくと、本当に反対側から出てくるもんですね〜。量としては少ししか入っていないと思うんですが、入れているときには、ものすごい量が入っていく感じです。

こうして鼻の洗浄をし終わった後は、プールでひと泳ぎしたような感じが、頭に残ります。そして鼻は両方とも通ってます。その通りが、半日近く続きます。

実は先日の日本人の集まりの日の夜、くしゃみが止まらず、寒気もして、いや〜な予感がしたのですが、この鼻の洗浄をして、ホットレモンを飲んで寝たら・・・翌日にはすっきり!

鼻はまた少し詰まった感じがあったので、再度洗浄。そうしたら再度夕方まですっきり〜。

鼻が詰まったり、流れたり(風邪であっても花粉症であっても)・・・頭もぼ〜〜〜〜っとしている時に、ぜひお試しください!多分日本でも、このような鼻用ビデは売っていないと思うので、私のように「壊れた急須」でも大丈夫!

注ぎ口が小さいものなら、十分に使えますよ!

壊れた急須に、第二の人生を!(爆)


 
posted by ニコラ at 05:06 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日常生活
この記事へのコメント
副鼻腔ですね。頬の当たりまで広がっているようですね。
アメリカ人は確かによく鼻を洗うというのを聞いていましたが、こんなのを使うのですか、勉強になりました。
鼻づまりに塩水をスポイトで流すと効くと効いてやったらたしかに効いた記憶はありますね。 同じような効果でしょうか?
でも、日本人では鼻を洗う習慣はまだないですね。 このあたりどうしてなんでしょうね

先日の、NHKラジオの地球ラジオで、フランスとかヨーロッパの多くの国ではマスクの習慣がなくで、くしゃみは女性ではドハデにやると効きました。
そして相手は「ご健康に」とかいうそうです。一種縁起物みたいなところもあるとか... こちらは衛生というより完全に習慣の問題ですが
あたらし物すきの日本人、さすがに出島経由はないですが、いずれオランダから輸入でしょうか
Posted by root at 2008年04月21日 07:39


凄い物がありますね。先日テレビで同じようにやっているのを見ました。でも入れ物が違います。片方の鼻から入れて片方から水が出ているのを見たのです、痛くないのかしらと用事をしながら見ていたので良く分りませんが吃驚しました。 そのような器が有り出来ればよいですね。
Posted by ダルマ at 2008年04月21日 10:41


rootさま
子供の頃、近所の耳鼻科によく通いました。目的は鼻の洗浄。(^^;;
丸いものを鼻の穴に入れて、お湯を噴射させ、お鼻チンをするんです。すると中にあるゴミが出てきて、後はすっきり!
多分同じ原理だと思います。
前にも投稿したのですが、ドイツはくしゃみご法度です。なるべく音を出さないで、どうしてもしなければいけないときだけ、くしゃみをしますね。オランダは違いますよ〜。回数も数えます。
Posted by ニコラ at 2008年04月22日 06:24


ダルマさん
そうですよ!これをすると、反対側から入れたお湯が出てきますよ〜。
でもこれは全く痛くないです。壊れた急須があったら・・・隠れてぜひお試しください!
Posted by ニコラ at 2008年04月22日 06:26


夫は、普通にお湯を吸って出しているようですが、私は、吸うのが怖くて、出来ません。でも、急須なら、何とか、出来そうな気もしてきました。今度、鼻が悪い時、やってみます。
Posted by ぽん at 2008年04月22日 17:47


オランダとドイツ近いですがそれほど違うのですね
所変われば・・・ ですね
Posted by root at 2008年04月22日 22:43


ぽんさん
お湯を鼻で吸うと、鼻がツ〜〜〜ンとすると思うんですが、この方法だとないですよ。あったとしても、ほ〜〜〜んの少しです。入れるスピードも自分でコントロールできるので、楽だと思います。一度お試しを!
Posted by ニコラ at 2008年04月23日 06:29


rootさま
そうなんですよ〜。同じゲルマンでも、全く違います。変ですよね!
Posted by ニコラ at 2008年04月23日 06:29


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/94093299
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。