2008年03月08日

道路工事だけではなく



先日は、家の周りの道路工事について投稿をしました。今日はその続き・・・かな?

道路工事もしているのですが、その目的がちょっと違っていたことが判明したんです。それは天気の良かった朝ですね〜。学校から家に帰る途中で。

日本と違って、緯度が高いオランダは、真夏でも太陽が頭の上にはきません。目の高さよりちょっと上くらいでしょうか。だから帽子のひさしでも、余り役に立たなかったりします。

それは路上にあるとあるものも同じ・・・?

もう分かったかな・・・?

前にもこのものの紹介はしましたが、今日はちょっと違う視点から。

天気が良いときには、こんな風に見えることが多いんですよね〜。
stoplicht20.jpg
どの色が点いているか・・・分かりますか??

太陽光線で見えないんですよね〜。だから前から3・4台目の車が、クラクションを鳴らして教えてあげる・・・普通のことです。

でも道路工事をしていたある区間の信号が、変わりました!
stoplicht21.jpg
stoplicht22.jpg

太陽光線がガンガン差し込んでいますが、よく見えますよね〜。写真だと、よく見えませんが、実際に見るとはっきり〜〜〜です。(^^;;

stoplicht23.jpg
どちらが普通の信号でしょうか・・・?


もうわかるよね!

 
posted by ニコラ at 04:55 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日常生活
この記事へのコメント
 とこら変わればと言いますが信号もすごく違いますね。やっぱり見難いですね。 日差しがそんなにも低いのですか。目によくないですね、サングラスを掛けなけれ目が悪くなりますよ。気よ付けてくださいね。
Posted by ダルマ at 2008年03月08日 08:50


大変見やすくなりましたね。 日本でもよくありますね。 どれが光っているかわからない... くわえて、太陽がマトモに前方にある場合もあって大変な時もありますね。

とにかく少しでも安全に走れるようになりそうでよかったですね。
Posted by root at 2008年03月08日 10:08


ダルマさん
眼鏡をかけるようになってから、サングラスが使えないんです。五右衛門の眼鏡のように、光線によってガラスに色がつくのが普通だと思っていたら、それは特別注文だといわれました。
なので、このような信号はとても嬉しい!
Posted by ニコラ at 2008年03月09日 05:21


root さま
朝の急ぐ時間帯だと、信号がかわっても止まっている車へのクラクションが、怒って聞こえるんですよね〜。それが少しでも少なくなると、嬉しいですね〜。それに、信号の色が見えなくての事故もなくなるだろうし。いろんな意味で、良い結果になって欲しいです。
Posted by ニコラ at 2008年03月09日 05:23


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック