2008年03月03日

データが消えた!?



日本のカレンダーは3種類ありますね。学校関係の4月2日から始まるもの、入社式のある4月1日からのもの、それと1月から12月までのもの。

会社によって・お店によって、このカレンダーにまた多少の差・ずれがあるかと思いますが、この時期、オランダと日本では同じようなことが起きています。

オランダであれば、ここからの封筒は必ず濃い目の青。どこから見ても、直ぐに分かります。(補助に関しては、白地に小豆色の字の封筒です。)

日本のは・・・、他のものと混ざりそうな一般的な白でしょうか・・・?


何か分かりますか・・・?


そう、税務関係です〜〜。

我が家の税務申告は、計理士の方がしてくれているので、いつが締め切りなのか・・・はっきりとは覚えていませんが・・・(汗)、3月末が締め切りなんでしょうか・・・?

そして申告方法ですが、最初は紙でやっていました。それがインターネットの普及により・・・といっても、日本に比べるとゆっくり目だと思いますが・・・、フロッピーで提出をしたり、その用紙を税務署のHPからDLできるようになったりしました。

そしてここ2・3年は、オンラインで直接申告も出来るようになりました。そのためには個人を判別するユーザーネームにパスワードを、税務署から送ってもらうことになります。それも申請してから結構短時間で、送ってくれるようです。

・・・が、書留・・・ではなく、普通郵便で届くので、それぞれ別々に届きます。
(書留にすると、費用がかかるだけではなく、不在の方は受け取るのに時間がかかる・配達人の手間がかかるため、別々に発送しているように思えます。)


ログインをして、データを入力し、「完了」となれば、数日後には「データを受け取りました」という手紙が、税務署から送られてきます。

が・・・今年はちょっと違うようです。

というのは、データを送り、税務署から手紙が送られて来ても、もう一度申告が必要な人もいるとか。

なぜって・・・73万件のデータがコンピュータの欠陥により、無効になってしまったそうなんです!!!


今までもこのようなことは起きていたようですが、73万件という数ではなかった模様。コンピュータのシステムの見直しや、ネットでの申告方法についても、見直しをするようです。


コンピュータのシステムの欠陥というのは、仕方がないとしても、73万件というのはすごいですよね。オランダだから73万件なのか、日本でもこれくらいの数になるのか・・・その辺は分かりませんが、欠陥があるのが分かっていながら、そのまま運用していたのでしょうか。

我が家がこれに当てはまるのか・・・全く見当もつきませんが、「該当者は税金の支払いなし!」なんて・・・システムの欠陥だと良かったのにね!(爆)



 
posted by ニコラ at 01:55 | Comment(8) | TrackBack(0) | 風物詩
この記事へのコメント
税務署のことですが現在は日本でもコンピユーターを使って人もいますなんでも簡単に教えてもらえてとても助かっているとか聞きますよ。私の所では何時もの方が来てやって下さるので助かっています。横浜市だけでもどのくらいの方が使って居るかは分りません。でも大変ですね。一難さって又一難ですね。頑張るのみですね。
Posted by ダルマ at 2008年03月03日 14:11


この青い封筒、
うちでは届くと開ける前にまず腰を下ろして深呼吸します^^;

2年くらい前に、なぜかいろんな税金の請求が来たんです。
オランダ語の分からない彼は不思議に思いながらも払っちゃって・・・。
後で手違いだとわかって、利息付で返金されましたが^^;
それ以来、うちでは青い封筒がトラウマなのです。

うちでも、オンラインでやってみようかって言ってたんですけど、
オランダ語わからないのに危険すぎると言うことで止めました。
止めてよかったかも(*^^*)
Posted by zebra at 2008年03月03日 17:51


オンラインでの処理を推すめていますが…
どうなのかしら??
こう言った手違いって、あるような気がしますねっ。
それより、この該当者を探し出す方が大変な気がしますねっ☆
Posted by pnapl at 2008年03月03日 23:18


ダルマさん
我が家も被害にあったのかは全く分かりません。色々税務署からの封筒は届くのですが、どれが該当しているのか・・・。
Posted by ニコラ at 2008年03月04日 04:59


zebraさま
我が家も青い封筒が届くと、まず先にあけます。そして五右衛門に電話!
そして経理士にメールです。
税務関係のオランダ語はきっと難しいですよ。私も分からないと思います。紙の上で、オランダ人に意味を聞きながらやった方が、安全な時もありますよね。外国人には難しい税務関係。日本の外国人たちは、どうしているんでしょうね・・・。
Posted by ニコラ at 2008年03月04日 05:04


pnaplさま
確かに、どうやって該当者を見つけるのか・・・謎のような気がします。まぁ〜、期限を過ぎてもデータがなければ・・・なんていうのんきに構えていれば、分かるというのもありますが。(^^;;
Posted by ニコラ at 2008年03月04日 05:06


オランダでも確定申告のなのですね。
ちなみに源泉徴収ってあるのでしょうか?

それはともかくもデータ消失...
日本なら税金タダにとどまらず、担当大臣クビ! の大合唱になりそうです...
Posted by root at 2008年03月04日 22:22


どの名目で引かれているかは別として、税込みで4000ユーロでも、手取り2000ユーロくらいになりますよ。ボーナスはなし。5月に「休暇手当て」と称して積み立てたお金が、多少戻りますが・・・。
オランダの担当省は、大蔵省です。今は財務省とか言うのでしょうか?まだ首は飛んでないですね〜。
Posted by ニコラ at 2008年03月05日 04:58


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/87913653
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。