2008年02月08日

2年ぶりの美容院



昨年の里帰りで、美容院にも行きたかったけれど、時間の都合で行かれなかったのです・・・。

それから半年・・・。背は伸びなくても、髪は伸びるのよね〜。(^^;;

もう伸びすぎて、腰辺りまでに達し、髪の毛の重さで首の筋肉が痛くなるほどにまで。もうこうなったら、ばっさりと切るしかないですよね〜。

そして切るなら・・・、五右衛門が「パーマはどうしてかけないの!?」と疑問を投げかけ、頭皮のトラブルでパーマ液を避けていたけれど、最近は大丈夫のようなので、何年ぶりかでパーマもかけることに。

とは言っても、してみたいスタイルもないので、殆どお任せに。

まず長さは肩辺りまで。そこからオランダ語でlaagjeという段と言うかシャギーと言うか・・・そういう言うものを入れてもらいました。ワンレンだとね〜、やっぱり重いしね〜。(^^;;

言うは安し・・・laagjeを入れてもらっていると、美容師さんの細腕が悲鳴を上げ始めましたよ・・・。

「こんな量の髪の毛・・・扱った事がないの・・・」って事らしいです。(汗)やはりアジア人の髪は、腰も強いし、太さもあるし、量もあるようですね・・・。
まぁ〜我が両親も、ものすごい髪の量なので、私がネコッケになるはずはないのですが・・・。(汗)


それが終わってからは、パーマのロールもどきをやり始めたのですが、ここでも悲鳴が・・・。ロールはなくなるし、やってもやっても終わらないし・・・って、もう涙目になってました。

でも頑張ってくれたので・・・
zelf1.jpg
こんな私になりました!

この後は日本とは少し違うやり方でパーマをかけます。

パーマ第1液をかけてから、ビニールをかぶせて温風を当てます。その後2回目の第1液をかけて、再度温風。その後5分間お湯で液を流し、3分放置。それが済んだら、パーマ第2液をスポンジでしみこませます。時間がきたら、ロールをはずして液を流し、リンスをしておしまい!

今回はロールの太さを全体的に混ぜたので、ウェーブの大きさが混ざっているのを生かすために、セットはなしでした。

それでも・・・この日は市内でものすごい渋滞があったようで、予約の9時半に行っても、皆さん外で待っていたんですよ。なので開始も遅くなり、途中で悲鳴を上げた美容師さん・・・計算をしていた2時間ではぜんぜん終わらず、家に帰ったら1時過ぎ。あぁ〜腹減った〜〜!!!!でした。(爆)

家族の反応は・・・上々ですよ〜〜。(^^;;

 
posted by ニコラ at 07:09 | Comment(12) | TrackBack(0) | ニコラの世界
この記事へのコメント
日本とは違ったカーラーで巻くんですね。家族の評判上上のニコラさんの髪型、拝見したいです♪
Posted by ぽん at 2008年02月08日 09:06


 パーマもたいえんですね。ヨーロッパの方と違い髪は硬いし大変でしょうね。 どのようになったのか見たいですね。 待ってます。
Posted by ダルマ at 2008年02月08日 13:05


長かった髪をバッサリ、そしてパーマとはだいぶイメージ変わったでしょうね!
実は私も明日カットに行く予定なんです。
アムステルフェーンまではるばる^^;
初アムステルフェーンです!
Posted by zebra at 2008年02月09日 00:21


はじめまして!
美容院に行かないといけないかな〜と思いつつも行っていないハーグ在住者です。

美容師さんも慣れない髪を扱うという事で大変だったでしょうがニコラさんも長時間大変でしたね!
それにしてもそのニョキニョキロールもどき、凄いですね!
でもウエーブの大きさが混ざっているなんて素敵♪
完成が気になります♪
Posted by makui at 2008年02月09日 08:52


美容院があってパーマが掛けられるのですから
良いです。日本から散髪道具を持って行きお互いに髪を切りっこ。毛染めは自分で出来ましたが・・・掛けたい方は休暇をとり二ユージーランドまでパーマに行っていました。私は三ヶ月で帰国してしまったのでそれもありませんでしたが・・
そんなわけで現地の方は腰まで伸びた髪の毛をぐるぐる巻いていました。それはそれで素敵です・・おしゃれの本場ヨーロッパですので素敵な髪型に出来上がったのではないでしょうか!
Posted by ケイコ at 2008年02月09日 09:50


ヨーロッパでパーマをかけるとパーマ液が強すぎて地肌が痛い!なんて話を聞いたことがありますが、今はきっとそんなことないんでしょうねー。私はまだこちらの美容院未体験なんです。そろそろ行ってみようかしら。仕上がりの写真も是非見てみたいです!
Posted by Rie at 2008年02月10日 05:42


ぽんさん
普通のカーラーは、細いカールを作るのに使用するようです〜。私のは、大き目のカールにするために、このようなものを使用。色々使う材料が分かれているんだな〜って、勉強しました〜。(^^;;
Posted by ニコラ at 2008年02月10日 05:54


ダルマさん
仕上がりの写真は・・・まださっちゃん・みーちゃんが撮ってないんです。催促しておきますね!
Posted by ニコラ at 2008年02月10日 05:55


zebraさま
かなり変わりましたよ〜。頭は軽いし、結ばなくていいし。
アムステルフェーンまでカットに行くんですか!?大変じゃ〜ないんですか!?
Posted by ニコラ at 2008年02月10日 05:57


makuiさま
初めまして!今後ともよろしく!
オランダも人種の坩堝なので、美容師さんによっては、色々な髪質の経験があるはずですよ!ハーグであれば、ユトレヒトよりも・・・確率は高いのでは?一度勇気を出して行ってみましょう!結構、「な〜〜んだ!」って感じかもしれないですよ!
Posted by ニコラ at 2008年02月10日 05:59


ケイコさま
同じヨーロッパでも、今から40年前とかであれば、そうであったかもしれないですよ。今ほど海外駐在の方たちが居たわけではないので、日本人向けの美容院・散髪屋があったとは思いませんので。
パーマをかけにちょっと隣国まで・・・。「ついで」がたくさん出来そうですね!
仕上がりは・・・ボコボコカールですよ!
Posted by ニコラ at 2008年02月10日 06:03


Rieさん
頭皮が健康であれば、痛く感じないと思いますよ。今回は大丈夫でしたから。
美容院は・・・限界になる前に、行きましょう!気分転換にもなるし、さっぱりするし、一石二鳥ですよ!
Posted by ニコラ at 2008年02月10日 06:05


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/82938303
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。