2008年02月07日

アルーバでの失踪事件の波紋



日曜日に放送されたとある番組。700万人もの人が見たとか。普段は仕事に行く五右衛門も、なんだかんだと言いながらこの番組を見ていました。

どうしてそれほど話題になる番組だったかというと・・・

2005年5月に、オランダ領アルーバにて、当時17歳のアメリカ人女性ナタリー・ホリウェイーさんが失踪をしました。この失踪に関して、アルーバの警察は、オランダ人の若者を3回も逮捕しているのですが、起訴にまで持っていかれるほどの証拠がないとの事で、容疑は残るようですが、何も起きていない現状です。

一方のナタリーさんのご両親は、何回もアルーバに向かい、聞き込みをしたり、探したりしていたのですが、埒が明かない状況でした。

そこに登場したのが、犯罪の解明を専門にしているPeter R. de Vriesという男性。

普通は1時間の番組ですが、この日は2時間くらい放送したと記憶しています。内容は・・・

失踪に関して、分かっていることを現場の画像と共に放送。その後容疑をかけられている男性・・・Joran van der Slootが車内で話をする場面。

この車は隠しカメラや位置が分かる装置がたっぷりと装備された車で、運転をするのは友好を深めていた男性。この友好を築くのに半年かかったとか。

そして話をした内容は、ショッキングなものばかり。
(ナタリーさんの生死は未確認でしたが(遺体は見つかっていない)、話の内容から・・・生死が分からないまま船で流した・・・って事らしいです。)


彼が言った内容が、「告白」になるのか、証拠として使えるのか・・・かなり難しいようです。また言った内容から、精神科医たちも出てきて、あーでもない・こーでもないと言っています。

これが言ったことが全て本当ならば、容疑者ではなく犯人になる内容ですが、弁護士や精神科医・その他大勢の人の意見の中には、まだ何かを隠しているとか、別の方向に導くきっかけだとか、見方によっては全く違う結果になりそうです。

アルーバ、アメリカでも放送になり、かなりの波紋を呼んでいるようですが、アメリカは大統領予備選のスーパーチュースデーとぶつかり、アメリカでの反応は余り入ってきていません。


番組を手がけたPeter R. de Vries氏は、「問題解決」といっていますが、アルーバの警察はこのテープを元に逮捕は出来ないといっています。

放送翌日の月曜日、また火曜日も、色々な番組でこのことが取り上げられていました。

ナタリーさんのご両親の身になると、1日も早い解決をと願うのですが、どうも容疑者の男性に上手く操られているような気がします。

現在この容疑者の男性は、マスコミから逃げるために、どこかに潜伏しているらしいのですが、堂々と出てきて話をして欲しいと思います。

また実際に言ったことをしたのなら、その罪を認めて、ナタリーさんのご家族に謝罪をして欲しいと思います。


  
posted by ニコラ at 04:42 | Comment(6) | TrackBack(0) | オランダ
この記事へのコメント
迷宮入り寸前の事件なのですね...

しかし、たしかに証拠としての採用と信憑性はなんともでしょうね 
一種のおとり捜査ということでしょうか

いずれにしても早い解決を願います
Posted by root at 2008年02月07日 12:44


アルーバが、オランダ領だとは、全然知りませんでした。(汗)
この事件は、解決するのかしら??
事件発生から、もうかなり長時間経っていますよねっ。
Posted by pnapl at 2008年02月08日 04:48


rootさま
今回の映像が問題なそうです。音声は使えるとか。ただし・・・というものが付くようなのですが。その辺が法の難しいところのようです。
Posted by ニコラ at 2008年02月08日 07:34


pnaplさま
アメリカからはかなりの人が、アルーバに来ているようですね。ナタリーさんもその一人で、南国の雰囲気を大満喫されていたようです。
そこで容疑者の男性と会って、アルコールやドラッグもかかわっているとか・・・?その辺の確証を取れないので、警察も手が出せないようですね。
Posted by ニコラ at 2008年02月08日 07:37


日本でもイギリスの女性が殺されて犯人が分っても未だ見つからない事件があります。ご両親がイギリスから日本に来て確か賞金をかのではないでしょうか。でも未だ見つからずどの位時間がかかったかは忘れました御何処の国でも色々とある物ですね。 お子さんに気よつかてくださいね。
Posted by ダルマ at 2008年02月09日 08:55


ダルマさん
どこに居ても、同じような事件は起こりますね。やはりテレビ・インターネットの影響でしょうか。
まださっちゃん・みーちゃんは、親と24時間べったりの生活なので(親以外は学校)、普通の生活であれば・・・大丈夫なはずです。でもいつ、何が起きるか分かりませんからね。用心はしないと!
Posted by ニコラ at 2008年02月10日 05:52


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック