2008年02月06日

アレルギー



さっちゃんが余り卵を食べたがらないということは、今までに何回か投稿している通りです。

でもこれは食べず嫌いである・・・というふうに思っていました。だって、卵の入っているもの・・・マヨネーズやケーキなんかは大好きなんですから!!

ほうれん草と卵の炒め物、卵とじ(野菜炒めなどで)、ゆで卵や目玉焼き・・・とかの卵の形が見えるもの・・・溶いてあっても、黄色が見えると・・・?、「卵だ・・・」と思って喉を通らない感じでした。

でも先日みーちゃんの作ったティラミス。材料が残っていたので、デザートに作りました。

甘いのが大好きなさっちゃんですから、もちろん食べたがりました!(爆)

が・・・その結果・・・

夕食後のデザートととして食べたのですが、ベットの中ではお腹が痛くなったり、唇にぽつんとしたものが出来たとか。

翌日の夕食後にも食べたのですが、「念のために」ということで、さっちゃんは食べませんでした。2日連続でお腹が痛くなるのは、子供にとってはかわいそうですからね。

それまでにも、卵が唇に触ると・・・ゆで卵であっても、ぽつんと出来ていたとか。そして心配性の母親の出番となりました。(^^;;

もしかしたら、食わず嫌いなのではないのかも・・・?ってことで、ホームドクターに電話をしました。

それでなくてもアトピーがあり、ピーナッツアレルギーのあるさっちゃんです。喘息も経験しています。卵アレルギーがあっても、おかしくないと思ったわけです。


医者の考えとしては、聞いた範囲からでは確実な判断は出来ないけれど、卵に「敏感に反応している」かもとの事。それがアレルギーによるものかは、血液検査を受けないと駄目だと。

アレルギーはどれでもそうですが、命にかかわる場合もあるので、はっきりとさせるために血液検査を受けることに。

血液検査では、一度痛い思いをしているさっちゃんですが、今回はとても上手な・・・これが普通だと思うんですが(^^;;・・・採血士にやってもらい、何にも感じなかったとか。


1週間後・・・医者に電話をして、結果を確認しました。

そうしたら、案の定・・・卵の白身のアレルギーだそうです。

ピーナッツのように、全ての白身を遮断するかどうかは、専門家の判断になるようです。でも、今までの経過からすると、火が通っている白身であれば、腹痛も唇も何の異常も起こさないので、さっちゃんの体にはそれほど負担にはなっていないと思います。

ただ、アレルギー反応があったということは、体調によってはそのような卵であっても、反応が出る場合があるので、気を使わないといけませんよね。


そんな母親の心配をよそに、「卵を食べなくて良いんだ!!」と喜んでいるさっちゃんです・・・。(苦笑)



posted by ニコラ at 06:02 | Comment(8) | TrackBack(0) | さっちゃんの世界
この記事へのコメント
さっちゃん、卵アレルギーだったんですね。除去しなくてはいけない状況までは、行っていないとのことで、良かったです。
Posted by ぽん at 2008年02月06日 07:26


大変ですね
でも分かったよかったでしょうか?
私は周囲を含めてそのような人が身近にいませんのでその後苦労を体感として理解できないのですが、食べ物には注意をしてあげてください。 とはいえ火が通っていれば大丈夫ということでまだ軽くてよかったですね。

それにつけても、どうして最近はアトピーとかアレルギーとか多いのでしょうね。 子供の頃にはあまり話題にならなかった気がします... 
今日本で大騒ぎの餃子は別として、農薬や添加物など化学物質が蔓延しているからでしょうか? それが身体のどこかを狂わせているのでしょうか?


Posted by root at 2008年02月06日 07:34


やっぱりさッちゃんは卵のアレルギーですか、調べてよかったですね、何のアレルギーでも怖い物ですよね。此れでピーナット 卵ですか。気よつけてね。
Posted by ダルマ at 2008年02月06日 09:38


ぽんさん
除去するかどうかは、また医者から専門医に行かないといけませんが、昨年のインフルエンザの予防接種を受けても大丈夫だったので(予防接種は卵から作られているんですよね?)、まだ軽度だと思います。
ただ気をつけないといけないのは同じですからね。心配の種は増えたわけですが。(^^;;
Posted by ニコラ at 2008年02月07日 04:51


rootさま
私自身花粉症があるので、私の子供にもその症状が出るのは、意外ではないようです。その延長で、アトピーが出たり、アレルギーが出たりするようです。
オランダも花粉症のある場所なので、これからは大変な時期です。
Posted by ニコラ at 2008年02月07日 04:55


ダルマさん
ピーナッツは日本に入れば、気にならない食品ですが、オランダにいると結構口にする機会が多いので、さっちゃんも大変です。でも・・・アレルギーがあるので食べさせていなかったからか、まずいといって食べません。
卵も同じのようです。
度合いはそれほど重くないようですが、さっちゃんとしては、卵から開放された〜という感じのようです。(^^;;
Posted by ニコラ at 2008年02月07日 04:59


卵の白身に反応するのね?思い出してみれば、離乳食中卵は一番最後に導入しました。「時期を早まると卵アレルギーになるかもしれないから」の理由で。最初は黄身だけ、次に白身の量を少しずつ増やしていきました。幸いさっちゃんも完全な拒否反応は出ていないようだから、体調のいい時に少しずつだったら多分大丈夫ね。私は卵が大好きだから、卵のない食生活なんてありえないのだ。
Posted by エミリア at 2008年02月08日 00:51


エミリアさん
離乳食のときに、いつ試したか・・・覚えていないんです。(汗)多分おかゆに少しだけ入れたような記憶がある程度。
1歳のときの血液検査と皮膚検査の時には、色々と反応があった食品・ものがあったので、想像はついていたんですけれどね。
私も卵は大好きです〜。暫く卵を食べていないと、禁断症状が・・・。
Posted by ニコラ at 2008年02月08日 07:29


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/82613054
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。