2007年12月07日

シンタクラース2007・・・4(家庭編)



学校でのシンタクラースの模様は、全部ではないですが、昨日投稿しました。学校では準備を沢山し、家ではプレゼントが配られるのを心待ちにし・・・というのが、構図でしょうか。

今年は「羽無しピート」が起こす騒動のために、12月5日の「プレゼントの晩」(pakjesavond)は無いけれど、それまでの小さなプレゼントはもらえる!と聞いていました。なので私が、「そんなこと無いよ!もらえないよ!」とからかうと、ものすごい剣幕で反論!

じゃ〜試しに靴を置いてごらんよ!・・・ってことでやってみたら、本当にプレゼントが来て、さっちゃん・みーちゃんは得意顔。(^^;;

小さなプレゼントでは・・・


オランダのご老人たちの間で流行っている「3Dカード作り」。私たちも五右衛門のおばさんから、誕生日には手作りの3Dカードをいただきます。それを見ているさっちゃん・みーちゃんも、「作ってみたい」と言っていたので、かわいらしいプーさんとディズニー柄のカード作りセット。

でもこれは素材が本になって入るものの(もちろん作り方も書いてありますが・・・)、その他の必要な材料・・・3D用のはさみ・糊・テープなどは無く、ちょっと苦戦をしていました。

「またピートが忘れたんだよ!」ってことで、数日後に靴を置くことにしていたのですが、忘れて寝てしまった二人・・・。でも翌朝起きると、なんと寝室においてあった室内履きに、プレゼントが入っていたとか!

「まったく分からなかった!」といきまく二人。(^^;;

分かっちゃ困るんだけどね・・・。(汗)

そうして貰った材料を使って、みーちゃんはどんどんカードを作っていきましたが、さっちゃんは地理の勉強でなかなか出来ません。でもみーちゃんがとても上手に作るのを見ていたようで、またまた思わぬプレゼントを貰った二人です。(笑)


12月5日も暗くならないとピートはやって来ないのですが・・・家族や友人たちと過ごすために、職場を早く出る人たちが多く、毎年すごい渋滞になるんですよね・・・、今年はテレビを見ている間にやってきました。

私はえらく驚いて、鳥肌が立ってしまいました。(爆)

二人がドアを開けたときには、もうピートの姿は無かったとか。(いつものことだけど・・・)

それでも二人が言っていた通り、袋が二つも届きました!

Sint2007-14.jpg

食事が終わってから、ゆっくりと開けたのですが・・・
Sint2007-16.jpg
(こんな感じで順番で・・・)

まぁ〜沢山入っていました!

さっちゃん
本・・・3冊(馬の本・アンネ・フランクの日記・ミイラの本)
3Dのクリスマスカードを作るセット(台紙・封筒つき)
クロスステッチのセット(枠つき)

みーちゃん
本・・・3冊(詩が書いてある本・曼荼羅の台紙・お話)
3Dのクリスマスカードを作るセット(台紙・封筒つき)
クロスステッチのセット(枠つき)

・・・と同じ内容ですね・・・。(大汗)


二人に・・・と言うことで
紐の結び方の解説書(五右衛門も昔やったから?)
チェスの本
音楽に関する本


今年のシンタクラースは、「これでもか〜〜〜!?」ってほど、本を持ってきましたね〜。(^^;;

そして五右衛門
DVD2枚
デザイン用のパターン集

私・・・
毛糸の帽子(添えるハート)
パスタ用のハンガー
名言集が書いてある本

全部ではないですが、寄せ集めると・・・
Sint2007-15.jpg
こんな感じです〜。


こうして今年のシンタクラースも無事終わりました〜〜。


 
posted by ニコラ at 05:24 | Comment(10) | TrackBack(0) | 風物詩
この記事へのコメント
あまりに日本とは習慣が違うので実感が湧かないところもありますが、みなさん、プレゼントがたくさんもらえてよかったですね。

 夢があるシンタクラースだったなとおもいました。

 よかったですね さっちゃん みーちゃん それに ニコラさん 五右衛門さん

Posted by root at 2007年12月07日 05:45


今年のシンタクラースさんは景気がよいですね〜。
パスタ用ハンガーもあるのね〜(^^)
ついでにわがやにも寄ってくれないかな?
12月24日や25日のプレゼントはないの?
その日もプレゼントはあるの?
Posted by エミリア at 2007年12月07日 05:56


 さッちゃん。みーちゃん 沢山のプレゼントを頂いた事、喜びが聞こえてきそうです。私などそのような事経験をした事がないので羨ましく思います。今度はクリスマスですよね、又沢山頂くのでしょうか。楽しみが沢山あり12月は楽しい事ですね。
Posted by ダルマ at 2007年12月07日 13:19


今年も多くのプレゼントでしたねっ。
ホント、夢があって、お子さん達も大喜びでしょうね??
Posted by pnapl at 2007年12月07日 23:56


大きくなってもプレゼントがあるって、うれしいことですね〜。さっちゃんもみーちゃんもうれしさ、いっぱいでしょう。子供の喜ぶ顔は、最高ですね。うちは、クリスマスプレゼントが子供達との話し合いで、図書券になりました・・・私の時は、現金でしたけれど(苦笑)。
Posted by ぽん at 2007年12月08日 04:44


rootさま
シンタクラースは日本のなまはげのような部分もあるんですよ!よい子はプレゼントをもらえるけれど、悪い子は「シンタクラースの袋」(麻袋)に入れられて、スペインに連れて行かれてしまう・・・って事になっています。今では「迷信」見たく言われていますが、お隣のおじいさんが子供の頃や五右衛門が子供の頃には、よく言われていたらしいです。
でも今は、「よいおじいさん」のシンタクラースなので、プレゼントしかくれません〜〜。
Posted by ニコラ at 2007年12月08日 05:19


エミリアさん
オランダ人がシンタクラースにつぎ込む費用は、かなりのものですよ!我が家には絶対に持ってこない「ゲーム系」をメインに、大人の女性はアクセサリー(含む宝石系)が一番多かった希望品だとか。おまけに、一人が一個だけのプレゼントを貰うわけではないので、合計金額は大変です〜。でも我が家は質素なほうかな・・・?(^^;;
クリスマスのプレゼントは、来る家庭と来ない家庭と分かれるようですが、最近はアメリカナイズされて、結構来るようです。子供たちにとってはワクワクの季節ですが、大人たちにとってはいやな時期ですね〜。(^^;;
Posted by ニコラ at 2007年12月08日 05:23


ダルマさん
クリスマスのプレゼント交換も、ここ数十年のことですからね。年代によっては無かったかもしれませんね。おまけにこのシンタクラースはゲルマン系のお祭りのようだし。
さっちゃん・みーちゃんがもう少し大きくなって、皆でびっくりプレゼントを交換できるようになると、もっと楽しいと思います〜。
Posted by ニコラ at 2007年12月08日 05:25


pnaplさま
子供たちが希望しているものは来なかったと思いますが(^^;;、それでも満足しているようです〜。
Posted by ニコラ at 2007年12月08日 05:27


ぽんさん
実家では小学1年生までしか、サンタは来てくれませんでした。その後のプレゼント・・・貰った覚えが無いです〜。
図書券は価値が下がらないから、嬉しいプレゼントでは?私もほしいくらいです〜〜!
Posted by ニコラ at 2007年12月08日 05:29


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック