2007年09月06日

ガス検査



今年もやってきました!

何が!?

アレですよ、あれ!!

今の時期のあれといえば・・・

そう、ガス検査です!!昨年の模様は「こちら」

8月末に帰ってきたら、通知が2通も来てました。「なんだこれ!?」とよくよく見ると、1通はお隣さんのもの。

五右衛門は何も見ずにとっておいた模様です・・・。(汗)

そして我が家は・・・


火曜日に検査でした。何の問題もなく、1時間で終了。

「すごく早いわね!?」と言ったら、「1つの機械が30分で、ここは2つだから1時間だよ!」との事。

あれ〜〜〜〜??いつも1時間半掛かっていたのは、サボってたの!?


そして翌水曜日・・・ちょっと寒かったので、お昼に学校にお迎えに行く時、ヒーターをつけていきました。帰ってきたときには、ぬくぬくしていたんです。

が・・・昨日の夜は冷えたので、ヒーターが本当に温まっているか触ってみたところ、冷たい!!!慌ててボイラーを見に行ったら、種火すらついていない!!

でも時間はもう8時を過ぎているから、ソファーで毛布に包まっていました。(涙)

そして今日、学校から戻ってきて直ぐに、検査をしてくれたところに電話をしましたよ!「ついていた種火が、何もしてないのに消えてる!!!」ってね。(^^;;

今日は込んでいるから、何時になるか分からないけれど・・・と言いつつも技師の人を派遣してくれました。その人は、「何の問題もない。ただ種火をつけてなかっただけだよ」と言い残し、種火をつけて帰っていきました。

その2時間後くらいに、念のためと思って触ったヒーター・・・やっぱり冷たいんです!!ボイラーを見たら、やっぱり消えてます、種火。

また検査をしてくれたところに電話をしたら、大家の会社に電話をしないと駄目だとか。通常の検査では問題がなくても、どこかが壊れているかもしれないので、別の種類の技師の方が来ないといけないらしいです。それも、会社からの命令ってことで。(じゃないと来れないらしい・・・)

現在のところ、気温は上がっているのでヒーターはいりませんが、暗くなったらまた寒くなるのでしょうか・・・?

技師の方は明日来る予定です。寒くないといいけどな・・・今夜。




posted by ニコラ at 21:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | 風物詩
この記事へのコメント
昨年のも読ませていただきました。 そちらにコメント書きかけました(爆)
検査というか掃除なんですね。 大変ですね。 それもうまく点検してくれない(壊された??)
早く直るとよいですね。

なんとなく、ピアノの時と同じ雰囲気を感じたのですがそれは間違いでしょうか?

日本に住んでおられない方に、日本ならはないですが、
徹底的に修理してくれるか、簡単にさじを投げられて「直りません、交換してください(ないしは、無償交換)」と言われるのがオチかもしれません。 そうおもうと、物を大事に点検修理して使おうとしている姿勢があるのかなとも思わせていただきました。
Posted by root at 2007年09月06日 22:40


root さま
そうですね、掃除をしながら検査です。結構細かな部品が痛んでいて、交換をしていきます。ガスは大事故に繋がりますからね。この検査は大切です。
借家の私たちは、大家の会社が検査をする会社と契約をして、人を派遣してくれますが、自分で湯沸かし器やボイラーを持っている人は、自分で手配をしなければいけません。
年間でいくら掛かっているのかは分かりませんが、おかげで大事故には出会っていませんね。
Posted by ニコラ at 2007年09月08日 21:17


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック