2007年08月03日

日本滞在34日目・・・バレエ漬け・・・夜編



昨日の昼間のバレエが終わってから、私は次の公演に移動しました。もうこれは、かなり早いうちにあることは教えてもらっていたのですが、里帰りが出来るかどうかが、微妙な時だったので、チケットの手配が出来ないでいました。

それでも日程的には行かれるし・・・と、惹かれっぱなしでいたら、母の体調が悪くなり、何が何でも里帰りをすることになり、慌ててチケットの手配をしたのでした。(母の体調より、コンサートのほうが心配だったりして!?)

そうしていったコンサートは・・・

「エトワールの達の花束」

昔ABT(アメリカン・バレエ・シアター)が来日した時に、タイマイをはたいて通ったのですが、その時に彼女を見て、虜になってしまいました。イタリアで生まれたアレッサンドラ・フェリ。

バレエをしている人ならばあこがれる甲を持ち、しなやかさもあり、豊かな表現力もあり、彼女の世界に引き込まれます。

その彼女が引退・・・。

年齢的には・・・彼女のほうが私より少し上です。バレリーナとしては、体力的に少し厳しいかな・・・?と思い始める頃だと思います。

そうだとしても、昨日見た限りでは・・・まだまだ現役で出来ると思いましたよ〜。本当に惜しまれての引退です。

本当に残念です。

でも彼女が踊っているABTでのDVDも発売しています。


日本と映像システムが違うので、日本からは買って帰れませんが、オランダに戻ったら探してみたいです。

そしてこの引退公演の模様は、カメラが回っていたので、DVDでも発売になるかもしれません。そうしたら、パソコンで見るように買うかもしれません。(^^;;

もう映像でしか会えないアレッサンドラ・フェリ・・・。

本当に残念です。



 


posted by ニコラ at 19:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | Nippon2007
この記事へのコメント
引退は、とても、悲しいことですが、思いは、いつでも、そばにいてくれますから。きっと、ニコラさんのようなファンがいることが支えにもなってくれると思います。
Posted by ぽん at 2007年08月03日 22:48


ぽんさん
確かに引き際というのも、芸術家にとっては大切な選択だと思います。惜しまれつつ引退・・・最高の花道ですよね。
あぁ〜、でもやっぱり残念!
Posted by ニコラ at 2007年08月04日 13:09


こちらは本格的なバレエですね。 これはお一人で行かれたのでしょうか? 私には理解がとうてい及ばない世界ですね(汗)

さて、DVDはリージョンコードの問題で日本で買った物は観られないのでしょうね。 あと NTSCとPALという映像方式の違いもありますね。 リージョンコードはたぶん不正コピー(輸出?)防止のためなのでしょうね。 しかし、この時代にやっかいな障壁ですね。
Posted by root at 2007年08月04日 15:37


root さま
そうですね〜、こちらも有名な作品を集めたガラ公演でした。でも子供相手ではないので、選んだ作品は、迫力のあるものばかりでした。
DVDはリージョンコードの関係もあるし、PALとNTSCもあるしと、めったには日本のDVDは買えません。地域によって劇場公開の時期が違ったり、DVDの発売時期が違ったりするので、今のシステムになったようですよね。企業は儲ける事しか考えてないからね〜!(^^;;
Posted by ニコラ at 2007年08月05日 13:21


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック