2007年07月30日

日本滞在31日目・・・選挙



皆さんは昨日の選挙で、投票をしましたか?

私は出来ませんでした。(涙)

日本について直ぐ・・・といっても、着いたのが土曜日だったので、月曜日に区役所に行って・・・住民登録をしたのですが、選挙権はあっても「手紙」をもらえませんでした。

選挙の投票日の何日前に、住民登録がされていないと、駄目なんですよね。

久しぶりに胸を張って投票!と思ったけれど、駄目でした・・・。あぁ〜、残念!

・・・ということで、今回の選挙を見て、日本とオランダの違いを、羅列して見ます。


其の一 選挙カー
候補者の名前や党を叫びながら、ゆっくりと走りますね。こういうものはオランダにはありません。久しぶりに目にして、耳にして・・・「うるさい」と思ってしまいました。(候補者の方々・・・ごめんなさいね!)

其の二 街頭演説
其の一の選挙カーや、特別な車の上に立っての街頭演説。出馬をする党の政策を押し出すのではなく、「xxを男にさせてください」とか、「逆風が吹いています。皆さんで立ち向かいましょう」とか言うのですね。
また、個々の候補者の方が、個々に約束をしたとしても、党の政策にまかれてしまうことはないのでしょうか・・・?

其の三 討論会
オランダでも5月に選挙がありました。州議会の選挙でした。でも其の中から上位75名が上院議員になるものでしたね。
この時にはやはり少なかったのですが、下院議員の選挙の時には、6時以降は討論会(ディベート)がかなり頻繁に行われ、テレビ中継されます。それにより、有権者はどの党がどのような政策かというのを、確認できると思います。
投票は人にするけれど、集計は党でするので、党の政策が大切なわけですよね。そのため、下院内党代表者は大変だと思いますよ〜。

其の四 当選者発表
オランダの都市であれば、投票は機械でします。(でも5月の選挙では、問題が発覚して、紙に赤鉛筆での投票にした都市もありました。)それでいても9時に閉められてから始まる選挙結果を知らせるテレビ番組では、ある程度しないと結果は出てきません。
(結果とは、どの党がどのくらいの比率で、票を獲得しているかというもの)

が・・・紙に候補者の名前や党の名前を書く方式での選挙にもかかわらず、8時からの選挙速報の番組で、8時5分ごろには「確定」が出ていました。一体どういう方式!?投票中から、数えているのでしょうか!?

また自民党や民主党の党本部には、名前が書かれている大きなボードがあり、当選した候補者の名前には、花飾りがつけられていました。

「誰」が当選するのかが、重要ということですね。


選挙の結果・・・奇しくもオランダと日本の上院(日本では参議院といっていますが)では、与野党のバランスが崩れました。

崩れた時点から、オランダでは年内の解散総選挙の日取りの予想が始まっています。9月の次年度の予算発表(プリンシェスダーハ)を終えてから、告示には何日が必要で、そこから何日後に投票が出来る・・・をもとに計算しています。一番の有力候補は12月だとか。

日本も年内に解散総選挙になりそうな雰囲気ですね。

それぞれせわしい師走になるのでしょうか・・・?(^^;;




posted by ニコラ at 22:48 | Comment(6) | TrackBack(0) | Nippon2007
この記事へのコメント
投票できず惜しかったですね。

> 選挙の投票日の何日前に、住民登録がされていないと、駄目なんですよね。
昔は住民登録して3ヶ月と言ってましたね。
http://www.nikkansports.com/general/p-gn-tp0-20070717-228171.html
この記事から判断すると今でも3ヶ月ですね。

オランダでも3ヶ月くらいですか?


> 其の一 選挙カー
これはうるさいだけですね。
そしてノロノロ走るのではっきり言って幹線道路でも片側一車線のところでは交通のじゃまですね。
まあサーッと走ったら意味がないのでしょうけれど
応援している候補でも、言っているのは党名と名前だけなので はやく行ってよ と思うこともです。


> 其の二 街頭演説
なんだかんだ行っても、選挙戦が始まると名前のみですね。
実際は公示以前が勝負で勝敗はすでに公示時点でほぼ決まっているのでしょう。
あとは名前のすり込みですね。

選挙公約は小政党野党に方々はともかくも、与党系の方々ないしは巨大野党の方々は
地元への利益誘導のような公約には邁進されるのでしょうが、天下国家を論じるような公約は
たぶん 口からデマカセ 程度にしか、候補者も有権者も思っていないのではとしか思えませんね。

オランダでは選挙カーとか街頭演説あるのですか?


> 其の三 討論会
オランダは今回の選挙の比例区のような、非拘束名簿方式(というのでしょうか?)なんですね。
今回は政党名を書くか、個人名を書くように言われました。
個人名を書いた場合は政党に1票 個人に1票と説明されましたが
正確には党で集計され、個人への投票は名簿の順位決定に使われるということかなとおもいますね。
いすれにしても党首討論など責任者と討論はありますが、候補者個人のディベートはないのではと
おもいます。
もしもやったら政治ド素人のタレント(スポーツ選手なども含め)候補などイチコロでしょうね。

オランダにもタレント候補はいるのでしょうか?


> 其の四 当選者発表
選管が打つのもあるようですが、これは推定でなく確定でしょうか?
放送局の当確が局自身がこれまでも調査や過去の実績から独自に判断しているようですね。
よってNHKが打っても民放は打っていないとかあるのではとおもいます。
開票された地区における票の出方などから早期に判断するようです。
特殊な算式に従って当てはめ1%くらいの開票状況でも当確を打つようですね。
よって意表をつくような開票状況になったときにはなかなか打たないようにも思われます。
そして、たまには間違うこともあるようです。 今回もきっと少しはあったのではないでしょうか?

> 「誰」が当選するのかが、重要ということですね。
たしかに 日本ではまだまだ人でしょうね
けっきょく どぶ板議員 といいますか 地域への利益誘導をする顔が必要とされている
ということなんでしょうね。 ようは日本はそこまでいっても、自分がよければよい
という自己中思想で成り立っているのですね

オランダでは物理的に間違いなく当選が決まってからも発表ですか?


> 日本も年内に解散総選挙になりそうな雰囲気ですね。
どうもメンツかいなくてなり手がないというのもあり、
とりあえず続投となってますね。
しかし、落ち着いたら退陣問題が再燃するのは確実でしょうね。
予算成立の話もあるので、このようなややこしい問題がおわってから
解散総選挙を狙っているようですが
これでは 意味無いじゃん とおもうのですが...

ブログへのコメントのというよりメールの返信みたいになりました。 すみません。
Posted by root at 2007年07月31日 00:47


root さま
オランダの場合は、どうなんでしょうね・・・?EU以外からの外国人は、オランダ在住5年経つと、地方選挙の選挙権がもらえます。国政選挙は、「口出すな!」ってことらしいですけれど。(^^;;


さて、オランダでは選挙カーも街頭演説も、目にしたことがありません。全くないのかは分かりませんが、週末でも駅などの人が集まる場所でも、選挙関係の人たちは・・・いませんね〜。

タレント候補ではないですが、ドイツ出身のやり手の女性弁護士が、国籍を変更して候補者となり、上院議員となりました。また母親が日本人という女性も、国連の仕事をしていたようですが、上院議員となりました。
日本に比べて、議員の年齢が若いです。政界に居座る人も少なく、結構頻繁に「転職」しますよ。

オランダでは獲得票数の割合から、各党がもらえる議席数が分かります。10番目の人が5番目の人より票を貰うなど、意外なことが起きない限り、上から何人となります。各家庭に配られる表で、名簿の順番は分かりますから、A党はxxさんまで・・・が、直ぐに分かります。
ただ、期限前投票や海外での投票分を後から足すので、誤差修正が行われ、1議席分の修正がどこかの党で行われます。

小泉さんがやったことの結果が、今になって出てきていると聞きました。強行採決を繰り返したり、民意を無視した政策だったり、年金問題にも真面目に対処していないなど、国民の怒りが爆発した結果なのでしょう。
指導力もない様で、閣僚の失言・失態・・・色々ありましたね。選挙戦の中で、あのようなことが出てくれば、足を引っ張るのは当たり前。人選も悪かったといわれますよね。
が・・・阿部さんしかやる人がいないというのも、これまた問題ですよね。下院内党代表を決めるときには、党内で立候補者を募り、ディベートを繰り返して、党員により投票です。日本の壁の向こうで何かが決まるのとは、かなり違うと思います。
Posted by ニコラ at 2007年08月01日 01:57


ありがとうございます。
読ませていただいて、日本はしょせん お上 の国かなとおもいました。 大岡越前ではないですが お上に任せておけば心配ない たしかに昔はそれに近い面もあったのかもしれませんが...
自分にもまだまだそのような気持ちがあるのがよく分かるこのごろです

ご丁寧な説明ありがとうございました。
Posted by root at 2007年08月02日 14:41


root さま
日本では党内にも派閥があったりしますよね。オランダにもあるのかもしれませんが、表には出てきていませんね。
国会運営も日本より民主的なオランダです。対立意見はトコトン出します。最終的には数に負けてしまう場合もありますが、見ていて面白いのが、オランダの国会中継です。日本では見たことがなかった国会中継ですが、五右衛門に付き合ってみているうちに、面白いと思いはじめました。(^^;;
Posted by ニコラ at 2007年08月03日 15:03


補足ありがとうございます。
まだまだ幼稚な日本の民主主義と言わないといけないのかもしれませんね。 それと後ろに回ると、買収は当然の事と思われているようですね...
日本には、ドブ板議員という言葉がありますが、要はまだまだ政策よりも、特定の利権の代表者と思われているようですね。
Posted by root at 2007年08月04日 23:34


root さま
やはり、民主主義を自分達の手で手に入れたのと、与えられたのとでは、捕らえ方が違うのでしょうね。若い世代も、違う捕らえ方を教えられているはずだから、また感覚がずれているかも。仕方のないことなのでしょうか。
Posted by ニコラ at 2007年08月05日 13:28


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック