2007年07月26日

日本滞在27日目・・・声



昨日の映画館だけではなく、実はディズニーランドや体験入学でお世話になった学校でも感じたことですが、子供達が集まる場所で、とても気になることが。

オランダの学校ではこういう事は全く思ったことはないのですが、なぜか日本では感じます。

感じた結果は・・・、耳が痛くなり、頭が痛くなります。酷い時には、自分が叫びたくなるほど。(^^;;

何が原因かと言うと・・・

そう・・・子供達の声なんです。

声が大きいわけではなく、声が「高い」んです。超音波のような感じといえば分かるでしょうか。

だから多くの子供達が、同時に話し出すと・・・耳の中でキンキンキンキン・・・と響いて、耳が痛くなる上に、頭まで。

言語学的に言うと、中国語やロシア語というのは、音の幅が広いそうです。その逆がフランス語。

だからフランス語が母国語の人は、外国語を勉強する時に、その外国語の音を自国語に置き返れないそうです。逆に、中国語やロシア語の人たちは、自国語の音の中で外国語がしゃべれるようです。

その音の幅は、ラジオの音波の周波を表すメガヘルツで表すとか。

その周波が関係あるのかは分かりませんが、日本語はトーンが高い言語なのかもしれませんね。

逆にオランダ語は、音は汚いですが(^^;;・・・何せ喉の奥から音を出すので・・・その音自体が高くは出せないからなのか、トーンは高くないですね。

なので、子供であっても声のトーンが低めとなるようですね。


でもさっちゃん・みーちゃんが同時に話し出すと、結構うるさいんだけど・・・、これってアレルギーなのかしら!?(^^;;


 


posted by ニコラ at 20:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | Nippon2007
この記事へのコメント
ちょっと違うかもしれませんが
ハリウッド映画を吹き替える時の話で、たいていの女優さんが生声はもっと低いというのを聞いたことがあります。 たしかに 往年のラブコメ女王のメグライアンでも吹き替えでみているとけっこう高い声ですが字幕でみるとたしかにアルトボイスだなと感じた記憶はあります。
体格の影響かなにか知りませんが日本人の声は高いのでしょうか?

あとこんなページがありました。
これよるとむしろ日本人はかなり低い部類のようです。
これは声変わりした後の話なんでしょうか?
http://ccommu.exblog.jp/66345

長いので拾い読みしかしていませんがおもしろそうな記事がありました
http://www.glocom.ac.jp/project/chijo/2001_07/2001_07_26.html
Posted by root at 2007年07月26日 14:26


rootさま
現在CSI・5をTV東京で放送しています。オランダでは字幕で見ていたので(オランダの放送は基本的に字幕)、吹き替えの声に違和感を覚えますね。本来の女優・俳優さんの声とは違うと言う以外に、やはり声のトーンが高く、不似合いなんですよね。(男性であっても)
リンク先は、じっくりと後ほど読みます!
Posted by ニコラ at 2007年07月27日 12:47


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック