2007年07月11日

日本滞在12日目・・・湿気



2年前の里帰りの時、成田でバスに乗るために外に出た途端・・・・「息できない!」と叫んだ私。(^^;;

雨は降っていなかったと思いますが、かなりの湿気で、息を吸っても空気が胸まで届いていない感じがして、とても息苦しかったのを覚えています。

今年はその様な感覚はないのですが、なにしろ・・・

空気は冷たかったり、風もひんやりしていても、ものすごく湿気て感じます。体中もじっとりと汗をかき、手を洗って3分くらいでまた手を洗いたくなるくらい、じっとりとしてしまいます。

母は、「全く気にならないし、湿気ているとは思えないわ〜」と言うのですが・・・。

オランダにいると、雨が降っていてもそれほど湿気ては感じないし、日向では汗をかくくらい暑くても、日陰では風がひんやりとして気持ちがいい・・・そんな毎日です。

もちろん年に数回は、湿気ている空気に覆われる日もありますよ〜。白人達は、「息グルシ〜〜〜!!」と叫んでいますね〜。

皆で行った植物園には温室があり、熱帯地方を再現してありました。私はそれほど蒸し暑く感じませんでしたが、五右衛門はものすごく蒸し暑く感じ、汗もものすごくかいて、「息できない!!」と叫んでいました。

そんな五右衛門に比べれば、私は抵抗力があると思うのですが、それでもこの日本の湿気には・・・免疫が無くなってきているのか、今回はものすごく湿気を感じます。

それが原因か、気温は低いのですが・・・朝などは20度くらいですよね・・・?・・・それでもものすごく暑く感じ、さっちゃん・みーちゃん・私の3人で、「暑い!!」を連発。(^^;;

老人2名とは体感温度が確実に違うな〜と感じる連日です〜。
(母は体調が原因か、全く暑く感じないとか・・・。それはそれで、ちょっと心配の種でもありますが)


 


posted by ニコラ at 23:31 | Comment(4) | TrackBack(0) | Nippon2007
この記事へのコメント
やはり湿度でしょうか。
ちなみに、湿度と言えば、その昔オーストラリアに観光ツアーで数日遊びに行ったとき、乾燥していると感じた記憶があります。そしてそろそろ帰る頃、ふと肌を見るとかさかさして細かい傷のところがはっきり浮き上がったりしてきているのを感じました。
慣れは大きいでしょうが、湿度が心身に与える影響は大きいでしょうね。
Posted by root at 2007年07月11日 20:56


湿度、高いですよね。最近は、雨が多いせいか、家の中も何と無く、湿っぽい感じがしますし・・・北海道でも私が育った帯広は、乾燥地帯なので、こちらの湿気は、体に応えます。ただ、アトピーには、良いようで、こちらでは、出ませんが、帯広に帰ると出ます。
Posted by ぽん at 2007年07月12日 00:05


rootさま
あります、あります、肌がかさかさして粉を吹くこと!そしてとても痒くなるんですよね。そして掻いてしまうと、もっと痒くなって、色素沈着するほど掻きだして・・・ってなるんです。
日本の冬の乾燥でも、オランダの乾燥より湿気ていますから、体が日本の湿気になかなか対応できないようです。梅雨特有の湿気・・・と、思いたいですね。これから台風が来るようですから、ますます湿気るのでしょうか・・・?
Posted by ニコラ at 2007年07月12日 14:09


ぽんさん
アトピーは湿気が良いのですね!それは知りませんでした。
やはり子供の頃乾燥地帯で生活をしていると、こちらの湿気が辛いのですね。よかった〜、私だけじゃなくて!(^^;;
Posted by ニコラ at 2007年07月12日 14:15


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック