2007年06月12日

ブレーカー



昨日の投稿で、オランダのブレーカーは、日本のものと形が違うと書きました。rootさまのご依頼にて、写真を撮ってみました。

なんか前のアパートのものと、物が違うようなんですよね〜。

日本のブレーカーに似ているし・・・。

我が家は3階建てなので(3階部分は屋根裏部屋ですが、部屋もあります)、スイッチが3つあります。

breaker1.jpg
右側が1階なのか、左が1階なのか・・・もう謎ですが、階によりすべて電源が違うようになっています。

そして刺さっている電球みたいなもの・・・。

この箱の中に隠れているようなんですが、物によってはむき出しのものもあります。(前のアパートでは、形の違う電球のようなものを利用していたような・・・?おまけにむき出しでした。)

electro3.jpg

electro1.jpg

electro2.jpg

大きく撮ろうと思ったら、全部ボケてます。(爆)

でも形状は分かるでしょうか?

そしておまけに・・・メーター。
electrometer.jpg
メーターの数字が2段ありますが、上の段は「売りの電気用」で、下は「購入の電気用」・・・らしいです。

家庭によっては(自治区の許可が下りているもの)、家に発電機・・・風力・太陽ソーラーなどの発電機を設置し、発電された電気を利用し、余った分をエネルギー会社に販売する・・・ということもしているようです。

この家がリノベーションされ、屋根も新しく葺くと聞いたときに、ソーラーの屋根になるのかな・・・?と期待したのですが、残念ながら普通の瓦の屋根になるようです。でももし、ソーラーの屋根になったら、自己発電および販売が出来たんですよね〜。

そんな人たちは、上の段のメーターに売った分が表示されると聞いてます。

また、我が家にはないのですが、「夜間電力利用者」はもうひとつのメーターがあるようです。

これはユトレヒト地域だと、午後9時から、もしくは午後11時から朝6時とか7時まで、および週末の電力が割り引きなるというもの。しかし逆に、昼間の電力は高い設定です。

独身者などはこの利用契約をしておくと、週末の「まとめ洗濯」にてかなり電気代が節約できるとか。

我が家もやったほうが良いのか、それともこのままでも良いのか・・・全く分からないので、1日中同じ電気代の契約ですので、このメーターのみで〜〜〜す。

 


posted by ニコラ at 03:56 | Comment(7) | TrackBack(0) | オランダ
この記事へのコメント
ありがとうございました。 よくわかりました。
2段メーターは初めてみました。売電と聞いて納得しました。 日本でも売電したり、深夜電力を使うところはたくさんメーターがついているのでしょうね。 独身者なら上手にこれらを使うと節電を超えて小遣い稼ぎができるかもですね。もっとも設備費が回収できるかが微妙かもしれませんが

 ところで電球のようなヒューズの使い方というか存在意義が今ひとつわかりません。最終的な安全弁ということなんでしょうか? 大きさからみて相当の大電流を流さないときれない気がします。
ブレーカーボックスはちょっと違いますが日本のものと概ね同じ感じですね。 しかし地域によってヒューズの形が違うというのは少々驚きました。 日本だったらきっと全国共通になるでしょうね... そうしないと逆に不満もでることでしょう
しかし ヒューズを抜いて写真を撮られたということはまた停電させてしまったということですね

真にお手間を取らせました 失礼いたしました&ありがとうございました m(_o_)m
Posted by root at 2007年06月11日 22:31


全然関係ないですが 今日は アムステルダムでアンネフランクが日記を書き始めた日だそうですね。 改めて、当時を想像してこころが少し寒くなりました。 果たして、あの部屋には電気は来ていたのでしょうか?

 それにつけてもどうして、例のチョビ髭のおじさんは、あんな大騒動を起こしたのでしょうね もっともこれには、我が日本国民にも責任の大いなる一端がある気はします... 諸先輩がやったことととして 後輩は反省とお詫びをしなければなりません。 2度とあのような日記がかかれることのない世の中にしないとと思いました。
Posted by root at 2007年06月11日 22:36


面白いですね〜。日本のとは、全然、違いますね。

ブレーカーと言えば、夏は、よく、落ちますぅ・・・クーラー、電子レンジ、掃除機、電気ポット、炊飯器など、電気を使うものがたくさん、あり、落ちる、落ちる。オランダは、そう言うことはないですか?
Posted by ぽん at 2007年06月12日 00:00


緑色のが大元なのかしら??
そう言えば、このブレーカーボックスが車庫の中にあるのですが、それぞれのスイッチに場所の名前はついているものの、あっている試しがないので、修理等で切る時は、ちょっと面倒。(笑)
またメーターは、電気会社が読み易いように、外にあります。自分が関心がない事もあって、まじまじとブレーカーもメーターも見た事がないです。
Posted by pineapple at 2007年06月12日 13:44


rootさま
電球のようなものは、そこらへんに転がっていたのですよ、実は。(^^;;
下手に箱を開けて、電機が飛んだ!とかだと、五右衛門に怒られるので、やめときました。
でも昨日・・・コーヒーを入れていたとき、スイッチは入れたけれどポットをセットするのを忘れたら、お湯があふれて、何かの信号を出したようで停電になりました。「まただ!」と思ったけれど、お隣さんちからピーピーと先日のような音がしないので、見に行ったら・・・我が家だけの停電でした。ブレーカーが落ちたようです。(ヒューズが飛んだとも言う?)
上の写真の緑のものがヒューズで、下に下がっていました。また上に上げたら、電気が通りました。
アンネ・フランクは、チフスにおかされて開放の1ヶ月くらい前に死亡しましたね。病気でも治療はしてもらえず、ほっとかれたわけですから生き延びるほうが珍しいとは思いますが、残念なことです。
今でもドイツ人が嫌いなオランダ人・・・ドイツ人の汚名は日本人が背負っている汚名よりも、大きい気がします。
Posted by ニコラ at 2007年06月16日 18:32


ぽんさん
オランダの台所にあるもの・・・ガス台(最近は電気の調理代もあります)・冷蔵庫・冷凍庫・流し・コーヒーメーカー。家によってあるもの・・・レンジ・電気ポット・ディープフライヤー・エスプレッソマシーン(含むセンセーオ)・・・かな・・・?
日本に比べて使う電化製品が少ないような気がしますね。最近はクーラーも出てきていますが、まだまだ使う人は少ないですね〜。
Posted by ニコラ at 2007年06月16日 18:35


pineappleさま
そうです、緑のものがヒューズのヒューズですね。黒いのは各階ごと、緑のが家全体です。(root様のところに書いたとおり、我が家だけの停電で分かりました・・・)
アメリカもメーター検査は、人が巡回ですか?
Posted by ニコラ at 2007年06月16日 18:37


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック