2007年06月03日

ピアノのその後



3月末に我が家にやってきた電子ピアノが、壊れたというのは、前に投稿したとおりです。

電話を貰うはずだったけれど、一向に電話が来ないので、電話をしたところ・・・どうも調律士・技師は・・・我が家に来た例の人しかいないようなんですよね〜。

そして私が電話をしたときには、「あらぁ〜、まだ電話していなかったの!?あ!そういえば・・・今週は休みになっているわ!」・・・なんということを言われ、次に出社するのはペンテコステの休暇明けの火曜日だとか。

休んでいる人のところまで、追いかけていくほどのことじゃないとの判断で、火曜日を待つことに。

そしてその火曜日・・・。

4時半になっても電話が来ませんでした。

あぁ〜またやってくれるよ!必要があるなら、客が電話して来い!ってことなんだから〜〜!!!

と、怒りながらの電話。お店は6時まで開いていても、技術関係の人は、5時で帰ってしまうといわれていたので、即電話。

なが〜〜〜〜〜い前置きを話して、例の技術の人に電話をつないでもらい、「別の音も壊れたから、来てよ!」ったら・・・、

「この前と同じ症状なら、行かないよ!行ってもすることないから!」・・・だって!!!

そして言われたことは、「もうそれは取り替えるしかないでしょ!」

えぇ!?今・・・取り替えるって言った!?!?!?!・・・と、耳を疑ったけれど、何度修理の方法がないのかと聞いても、「取り替えて〜〜」を連呼なので、取り替えても良いとお店からの許可が出た模様です〜〜!!

でもこれはまだ技術者の判断で、販売のほうとはこれから交渉しないと駄目なんですけどね。


初期不良って言葉があるのかないのか分からないけれど、「修理できない状態」ってことで、技術がその様に判断したので、近いうちに・・・電話で交渉になるのか、やっぱり店まで出向いていっての話し合いになるのか・・・その辺は不明ですが、取り替えることになりました。

ただ・・・ちょっと疑問が残るのは、技術の人は・・・同じ型と取り替えるという意味ではなく、別のもっと高いものと取り替える・・・ってことを言っていたこと。

五右衛門に言ったら、「当たり前でしょ!!!その方が儲かるもの!」と、ごもっともな意見。

その手に乗らないように、五右衛門の監視の下・・・交渉に行くとします。


さてさて、出にくい音や大きな音が出ない場所もあるこの電子ピアノともおさらばになれる日は・・・いったいいつだ!?

 


posted by ニコラ at 03:43 | Comment(10) | TrackBack(0) | 日常生活
この記事へのコメント
とうとう、取替になったのですね。でも、高いものと取替って、すごいですね。日本だと、同等のものが普通ですよね。う〜ん。オランダの商人魂を感じますね。
Posted by ぽん at 2007年06月02日 20:45


災難でしたね。 ご愁傷様でした。 日本ではまったく通用しない商法ですね。 差額など要求しようものなら下手をすると、ニュースになりかねない気もします。 少なくとも話題のない地方紙のコラム記事くらいにはなりそうです。
ということで、日本なら間違いなく初期不良で交換となることでしょう。  加えて先にも書きましたが日本だと同型のものがなく少し高いものしかない場合は、差額は要求せずに、そのまま少し高いものに交換となることが多いと思います。 

しかし、もっとものを大切にしてちゃんと修理してほしい気もしますね MOTTAINAI ですから...
Posted by root at 2007年06月02日 21:59


取り替えって、買い替えの事だったのですか??
技術師の技術が無いだけなのかな?? それとも商売上手??
それにしても、とんだ災難ですよねぇ〜 交渉頑張って下さいねぇ〜☆
Posted by pineapple at 2007年06月03日 06:42


パスタのコメントを入れる時、ピアノはその後どうなったのかなあ!と
思っていました。しっかり交渉して新しいのと取り替えて貰えると
いいですね 頑張って!
Posted by ケイコ at 2007年06月03日 07:47


ぽんさん
そうなんですよ〜!!びっくりの「取り替え事情」ですよね!そんなことを言ってくるとは思わなかったのですが、まぁ〜相手にしてみたら、「自分には分からない音の関係で文句を言ってきている嫌な客」なんだと思います。だから、そんなうるさい耳を持っている人は、高いものを買え!ってことで、そういうことを言ったんだと思うんですよ。
でも交渉は、五右衛門が自分ですると言っているので、私は横から槍を入れるだけです~。(^^;;
Posted by ニコラ at 2007年06月03日 19:37


rootさま
まぁ〜販売店が、「修理は無理」と認めたものなので、製造元に返すのでしょうね。でも・・・もうちょっと何とかならないものかな~とも思います。
高いものと交換にするけど、差額はいらないよ!・・・って、オランダ人が言うとは思えませんが、言ってくれたらうれしいです~~!!
Posted by ニコラ at 2007年06月03日 19:39


pineapple さま
いや〜、オランダ語の単語では「交換」に相当するものを言っていたので、私はてっきり「同じ型」を新しいものを交換だと思っていたんです。
でも話をしていると、安かろう・悪かろう・・・かもしれないから、安定したものを要求するなら、もっと高いものを買わないと・・・とか言い出して。
オランダ語の「交換」にどこまでの意味が含まれているのか・・・ちょっと今回は興味津々!(^^;;
Posted by ニコラ at 2007年06月03日 19:42


ケイコさま
2ヶ月も相手の言うとおりに待って、1ヶ月使った時点で音がおかしくなったのですからね。やっぱり「変なものつかまされた」って感じです。
まぁ〜五右衛門がお店と話をするといっているので、私が交渉するより正確で、こちらの損になるような条件は飲みませんので(私の場合は、無意識に飲んでしまう誤解もありえるので・・・)、安心しています。でも・・・やっぱり横槍は入れて、よりよい条件での交換にしてもらいますよ~~!!
Posted by ニコラ at 2007年06月03日 19:44


ピヤの未だ直っていなかったの 交渉大変な事でしょう
でも五右衛門さんなら大丈夫でしょう。 早くすむと好いですね ニコラさんも日本に里帰りをする頃でしょう お母様が少し体調を崩されているので心配でしょう。 先日ニコラさんのご両親と三人で関内のセル手に行き昼食を食べに行き私もご馳走になりました。 とても美味しくニコラさんが帰りましたら一緒に行く事を約束しましたよ。
Posted by ダルマ at 2007年06月05日 01:28


ダルマさん
仕事中に電話をするので、五右衛門も大変だと思います。おまけに、事情は説明してあるけれど、100%理解しているかは謎だし・・・。(^^;;
まぁ〜こちらの損になるようなことは、ないと思います。
Posted by ニコラ at 2007年06月05日 19:12


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック