2007年05月31日

車購入



今から4年前「5年前」(でした!)の6月上旬(誕生日の数日後)に免許取得の試験に合格し、免許を市役所にて発行してもらってから、五右衛門の友人と車探しを始めました。その時には、引っ越せるのか、引っ越せないのか・・・まだ分からない状況。五右衛門は現在のように独立をしていたので、出来上がったものを納入する可能性があること・・・だけが分かっていました。

予算は・・・もちろん安くて、距離を走っていなくて、年数も若いもの。いわゆる、ええとこどり!ってもんでしょうか?(^^;;

なにせこちらの人たちは、車でスペインとかまで行ってしまうので、1年での走行距離が10万キロとか・・・ざらです。「10万キロを境に・・・」というのは聞いているので、そういう車はやっぱり避けたい・・・。本心ですよね。

そして見に行った場所。それは偶然にも、現在の場所に近いところ。

昔は単なる原っぱだったのかな?なんて思うのですが、車のディーラー・ガレージが集まっている場所が、ユトレヒト市の北部にはあります。車のマーケットもあるのですが(週に1回とか、開かれているようですが)、安かろう悪かろうな様だし、ディーラーが扱っているわけではないので、保障の問題も出てくるようなので、そこは避けました。

五右衛門の友人は、男性だけに車には詳しい?らしく、「車通り」と呼ばれる場所にて、あっちだこっちだと、ディーラー・ガレージのはしご。(笑)

「ほら、メモしといて!」との掛け声に、メーカー・大きさ・値段などメモメモ。

私の教習車は、とあるフランスのものでした。(Pの会社です〜)同じメーカーで、4ドア・7500ユーロくらい・新車登録5年・10万キロ以内・・・というのがあり、私の心はグラグラと揺れていたのですが、「納入の仕事には向かない」との鶴の一言で、即却下。

その後フランスのメーカーのショールームで(ここはRのほう)、新車登録3年・走行距離3万7千キロ・9900ユーロ・・・というものを発見。

これはワゴン型というのでしょうか?トランク部分がひろ〜〜〜〜いものでした。

「こんな条件のものは、もう出てこないだろう」との予感に、これを買うことを条件に商談開始。

「割引するのが当然」なので、その分を上乗せした値段表示のようです。一気に9200ユーロに下がります。

でも上限9000ユーロと言ってあったので、即却下。が・・・粘る様子で、「上司と交渉」とと相成りました。しかし上司も9000ユーロは・・・と難色を示し、暫くの間持越しとなりました。

数日経っても連絡がないので、またディーラーに出向き、値段交渉。今度は私一人。超不安・・・。途中で友人のところに電話をしたりして、どうしたもんかと相談。

そして出てきた値段。
そのディーラーは、取り扱う車に関しては、自社ブランドとか他社ブランド、新車・中古車とかは全く関係なく、すべて2年保障。
(オランダでの中古車の保障は、普通は半年。)

その保障を、9100ユーロなら1年に減らし、9200ユーロなら2年のまま・・・とのこと。

そしてこの100ユーロの差での2年保障・・・後々大きな差と相成りました。

何故って・・・9月に引っ越す時、その友人がこの車を運転したのですが、「やっぱりウィンカーが出ないね」といわれました。それは私も気がついていたのですが、出るときもあるし・・・とほって置いたんです。でもやっぱり、「ディーラーに行け!」の一言で、行きました。

なんだかんだと部品を交換したとか。

が・・・全く治っていません。また別の部品交換。・・・やっぱりでない時もある・・・。こんなのが、2年ほど続き、「もう保障期間が切れる!」って時に、「メーカーのディーラーに行って、直してきてください。料金はわれら持ちで・・・」との提案。

なら、さっさとそれを言ってよ!・・・てんで、行きました。

そして言われたことは・・・「なかなか原因が突き止められませんでしたが、やっとこ4時過ぎに分かりました。なかなか壊れないところなんで、部品を取り寄せるので、明日の午後3時以降に引取りに来てください。」

部品の名前を聞いてみると、電気系統。やっぱりアメ車・・・。電気系統が弱い。噂どおり?と思ってしまいましたよ。(^^;;


それからは全く問題なく、ウィンカーが出ています〜〜!!

でも素朴な疑問・・・車検でウィンカーって、チェックしないの??


 


posted by ニコラ at 03:44 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日常生活
この記事へのコメント
結果上手な買い物になってよかったですね。 ところでウインカーでないと、お回りさんにおこらませんか? ちなみに日本では絶対にチェック項目ですね、とはいえ故障では症状がでたりでなかったりが一番やっかいですね。
私は昨年たぶん同じ系列(?)と思われるお寺の鐘の音の人が絡んだ会社のワゴンですが、エアコンがおかしくなりました。リレー(継電器、よけいわからない?)がだめというので交換してもしばらくしたらダメになり結局リレーにつながる配線に接触不良でした。 
ちなみに私の車5,5年で8.5万キロです。日本では比較的乗っているほうかと思いますが、この調子では10年よりさきに10万キロがきますね...

それにつけれもフランスのR車とアメ車の関係が今ひとつわからないのですが... R車のショールームにアメ車の中古があったということでしょうか?
Posted by root at 2007年05月31日 13:29


中古で購入し、2年間の保証をゲットしたのは、とってもラッキーですね〜☆
ん?? 年数なのですか?? 走行距離では無く??
こちらは、年数又は、走行距離が達した所で、保証がなくなってしまいます。現在使用している車は、保証期間を延長したにも関わらず、約2年足らずで、その有効期間を終了してしまうほど、走行距離を積んでしまいました★(苦笑)
その当時、距離がある所で、働いていたので・・・
Posted by pineapple at 2007年05月31日 13:48


rootさま
ウィンカーの電気系列の名前も、なんたらかんたらリレーでした!
同じ系列ですね。
R社との関係ですが、車を買い替えるときには、前の車を下取りしてくれるわけです。そのショールームに置いてある車を買うのであれば、どのメーカーの車でも、下取りしてくれます。・・・なので、フォードを下取りしてもらって、R社とは関係のない、そこに置いてあったトヨタを買うことも可能です。
これはR社だけがやっているわけではなく、どのメーカーもガレージもやっています。
こんな方法で、R社とは関係のないフォードを、R社独自の2年保障つきで、購入しました~。(^^;;
Posted by ニコラ at 2007年05月31日 20:52


pineapple さま
そうでした!2年保障、もしくは、7万5千キロのどちらかでしたね!忘れてました~~!!もう頭から、2年でもそんな距離を走らないと思っていたので!
アメリカで「距離がある職場」って、どれ位なんですか?
Posted by ニコラ at 2007年05月31日 20:54


当時、パートだったので、毎日ではなかったのですが、片道45マイル(72km)で時間的には、約1時間の距離を走っていました。またその同時期に息子が私立に行っていて、ここも遠く、片道20マイル(32km)の送迎もしていたので、直ぐに走行距離を積んでしまいました★(苦笑)
Posted by pineapple at 2007年06月02日 06:38


pineappleさま
わぉ〜〜、72kmが片道の職場・・・すごい距離ですね!おまけに学校も32km先・・・!すごい世界です〜〜。
オランダだと、ドイツとの国境近くに住んで、アムスで働く感覚かな・・・?(実際にそうしている人たちも多いとか)
確かにそれだけ走ったら、直ぐに距離が溜まってしまいますね。
Posted by ニコラ at 2007年06月02日 18:17


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック