2007年05月04日

クイーンズデー・・・予備知識(デン・ボス)



今年のクイーンズデーに、ベアトリクス女王が選んだ都市はデン・ボスでした。

デン・ボス・・・・実際の名前はス・ヘルトーヘンボスと言いますが、長いので省略した名前の「デン・ボス」を通常は使います。(^^;;

デン・ボスで有名なのは・・・・日本ではあまり有名ではないデン・ボスですが、オランダでは中規模の都市であるので、知らない人はいません。おまけに、この街の有名人・・・活躍していたのが16世紀とかなり昔なのですが、多くのオランダ人が知っている人が実はいるんです!

この人のことを、さっちゃん・みーちゃんも実は知っています。学校で勉強したわけではなく、二人が好きなDVDの「フローリス」(Floris)には、この有名人が出てくるんですよ!

いつの時代・・・とかそんなことは抜きにして、名前と職業、またどんなことをしていたか・・・全部知っています。

・・・ってことで、今年のデン・ボスの目玉人物の紹介です!


marskramers.jpg

Jeroen_Bosch_kwetst_1.jpg

bosch_tuin.jpg
こんな絵画を見たことがありますか??
(1枚目と3枚目は、Florisでも出てきます。(^^))

そう、デン・ボスの有名人とは、これらの絵画を描いた画家です!!

名前はオランダでは、「イェルーン・ボス」と呼ばれています。Wikiで調べたら、日本での名前はちょっと違うようですね。

「こちら」がWikiの該当ページになります。

そして今年の催し物は、この画家にちなんだものでした。

つまりは・・・まぁ〜お化けもの・・・すべて絵画からとった物だとのことですが・・・が、ルート上で待ち伏せ状態!?

見ていて怖い印象はないですが、やっぱりあまり気持ちのより感じはなかったです。(^^;;

でもそういう絵を16世紀に描くということは、どうだったんでしょうね〜。かなり人気の画家だったと、Florisではなっていました。実際・・・スペイン王はこの画家の絵を好んで購入したとか。

私の好みからは程遠いですが(^^;;、オランダを代表する画家の一人ですので、覚えてください〜〜!!
(ルーベンスやフェルメールだけではないのですよ〜〜!)



posted by ニコラ at 05:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | オランダ
この記事へのコメント
アートの世界は、全くと言っていいほど、無縁です。(汗)
でも、この様な絵画が16世紀に描かれていたとなると、かなり奇人だったのではありませんか??
Posted by pineapple at 2007年05月04日 02:13


pineappleさま
確かに16世紀にこのような絵を描いていたのは・・・かなり奇人だったと思います。(^^;;
でもそれがゆえに、これだけ有名なのですよ。(きっと・・・)
でもやっぱり目を背けたくなる私・・・。(^^;;
Posted by ニコラ at 2007年05月04日 18:51


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック