2007年04月11日

オランダの妊娠生活



きょうはさっちゃんの予防接種の日でした。日本とオランダと、多少「差」があると思うので、そのシステム・タイミングについて投稿です。

先ず予防接種の内容に行く前に、出産関係。(苦笑)
昨日オランダにプリンセスが生まれたから・・・というわけではないですが、この出産にも差があるので、そこから話を始めます。(じゃないと・・・話が見えないかも?)

先ず妊娠したかな?と思ったら、妊娠検査薬で自分で検査をします。その結果を持って、ホームドクターに予約を入れて、妊娠中の検査をどのようにするのか、指示をしてもらうといいようです。

最近はホームドクターを飛び越して、検査を受けたいところに直接予約を入れるようですが、私の場合はお腹が変に痛くて、ホームドクターに行った所、「妊娠かもよ?」といわれたという具合でした。(^^;;

ホームドクターでは妊娠の検査はせず、自分で検査薬を買い、「翌朝」検査です。(オランダでは必ず朝一番!物を利用します・・・)

その結果を伝えたところ、「おめでとう!」ってことで・・・。(ハジカシ〜)

そして「妊娠10週目」までは夫婦の間の秘密とするように言われました。理由は、この10週間の間の流産は起き易いためとのことです。そして10週を過ぎた時点で初めて、妊娠中の検査の予約を入れることが出来ます。

どこで検査を受けるか・・・。

日本であれば、有無をを言わさず産婦人科・産科となるのでしょうか。

場所は大病院でも良いし、街中の個人院でも・・・といったところでしょうか?

オランダの場合は、
1.病院(オランダ語でziekenhuisといわれる部類)
2.妊婦専用の検査をする施設

と分かれます。どの場合でも、通常の検査には「オランダが発祥の地」の助産婦が担当します。(数年前に、発祥100周年を迎えました!)

もちろん、不妊治療などをしていた場合や何かトラブルがある場合は、産科医が担当します。

妊娠何週目までは何週おき、とか、何の検査が必要というのは、看護婦さんがすべて自動的にしてくれるので、妊婦さんは何もする必要がないです。(気に留めないでも良いし、年によってルールが変わるので覚えていられない!)

そして一番最初の検診のときに、赤ちゃんの心音を聞き、最初で最後のエコーを取ります。もちろん、妊娠7ヶ月ごろにエコーを取ってビデオに録画も出来るようですが、それをする場合は別の場所で別料金になります。
また、妊婦専用の検診所によっては、頼めばエコーを取ってくれるかもしれませんが、あとからたんまりと請求書が送られてくるかもしれません。(通常は保険ですべてまかなわれますが、保険の契約内容によっては、自己負担分があります。)

そして妊娠の半ばになると、「Kraamzorg」というところに連絡を取るように言われます。

その理由は・・・、先ず出産は自宅で・・・という希望者が60%。が、実際に自宅出産をするのは40%位になると聞きます。そのために、用意するものもちゃんと指定されています。これも保険会社や契約内容により、その必要なものもプレゼントされたりするようです。

自宅出産が基本だからか、それとも、病院は産むだけ・・・という風土だからか、病院で出産をしても、さっちゃんの出産時には24時間後には帰宅、みーちゃんの時には3時間後には帰宅をさせられました。

しかし条件があります。それは赤ちゃんの頭痛と出産した時間。夜の9時ごろ出産をして、3時間後の12時には退院をさせません。理由は、Kraamzorgの人が来れないから。

また赤ちゃんが出てくるときに、かなり頭に圧力がかかるようで、かなりの頭痛が残る子がいるとか。さっちゃん・みーちゃん共に吸引で生まれましたが、みーちゃんのほうがひどい頭痛で、3時間で退院できるとは言え2泊もさせられました!普通に生まれて2泊は、かなり長い滞在でした。

そして、日本では病院で自動的に行われるママの検査や赤ちゃんの検査は、自宅で行われることになります。そのために、ママ専用の看護婦さんを派遣してくれるわけです。

このKraamzorgに登録をすると、1日に3・5・8時間のサービスを受けることが出来ます。もちろん、その時期にあまりたくさんの赤ちゃんが生まれなければ、8時間のサービスを申し込み、それを提供してもらうことも出来ますが、ベビーラッシュの時期だと・・・市内のKraamzorgからは看護婦さんが来なくて、別の町からの助っ人看護婦さん!という場合も。そして1日3時間が限度!という場合もあります。

このKraamzorgの看護婦さんは、義務で頼まなければいけませんが、これも有料です。自分の保険会社との契約内容により、負担金額が変わってきます。

そしてこの看護婦さんは、生まれた日から8日間の間に、必要な期間だけきます。

詳しく書くと、みーちゃんは2泊3日でした。8日間必要でも、3日間は病院で過ごしたので、残りは5日間。その5日間のうち、3日目に黄疸の判断が下され再入院。1泊2日でした。すると、退院してきてからは1日だけ残っていますので、この日にも看護婦さんは来ました。ということで、実際に看護婦さんが来たのは、3日と数時間(3日目の分)ということになります。

合計8日間ではなく、8日後まで・・・のほうを優先させます。

もちろん、未熟児で生まれが赤ちゃんやそのママは、このスケジュールからはずされます。


そしてその間にどんなことがされるか・・・それはまたね!


 


posted by ニコラ at 18:39 | Comment(10) | TrackBack(0) | 育児の世界
この記事へのコメント
ところ変われば何とかと申しましが大変ですね 日本はその初めから医者に行きそこで全部生まれる間で全部するのですよ お産の仕方も色々とあり自分で選べるしね最近では自宅で助産婦さんでお産をする方も多くなりつつあるそうです。 
Posted by ダルマ at 2007年04月11日 22:29


懐かしい〜!!オランダの助産婦さんはおおらかで明るくて大好きでした。助産院の予約は12週以降でないとできなくてびっくりしましたが。日本だったら「妊娠がわかったらすぐ!」なのに。エコーは今は、2回みたいですよ。12週と20週。20週のときは性別も教えてくれます!もちろん、希望があれば、ですが。私が行ったところは、5ユーロでビデオ撮ってくれました。1回目は買いましたが、結局ぜんぜん見なかったので、2回目は買いませんでした。写真は毎回2枚づつくれたかな。日本よりゆっくりエコーで説明してくれるので、あの制度はよかったです。それにしても、自宅出産、経験してみたかった!!
Posted by リエ at 2007年04月12日 04:41


はじめまして!
mixi経由でこちらにお邪魔いたしました。
オランダのロッテルダム在住(オランダに来て4ヶ月ちょっと)で現在妊娠3ヶ月目のものです。
まだ保険に加入できていないので(IDが来るのが遅かった)これからやっと病院にいけるかな~と言う所です。
初めての妊娠。そしてオランダで一人でどうすれば良いのか何も解らないのでとっても勉強になりました。ありがとうございます!!またお邪魔させていただきます!!
Posted by Rietje at 2007年04月12日 11:41


大変興味深く読ませていただきました。
相当前の妻の時とはかなり違うようですね。 たしかに... 妊娠出産は病気ではないと聞かれた記憶はありますが、 女性にとっては常に少し狂えば母子ともの生命の危機を伴った大事ではとおもうのですが、その割にはケアがあまりないのかなとおもいました。 もっとも日本も少し前までは自宅出産が普通、最近はまたそういう人も増えてきているとも聞きますが

最後ですが、 オランダ皇室のお姫様のお誕生お祝い申し上げます。 雅子様がご静養に行かれたのはオランダだったとおもいますがそのとき既にご懐妊されていたのですね。
ちなみに、皇室のお誕生の時は、もう少しケアは手厚いのでしょうね。
Posted by root at 2007年04月12日 13:15


オランダでは、自宅出産の比率が高いのにはビックリしました。こちらでの出産は、そちらと似通っていますが、検診はクリニック(診療所)で、出産はクリニックではなく、クリニックと提携している病院になります。また病院での滞在時間もほぼ同時間ですが、保険の関係で普通出産だと1日、帝王切開でも3日で追い出されてしまいます。
Posted by pineapple at 2007年04月12日 13:52


ダルマさん
日本に比べてオランダは、選択肢の幅があると思います。そして当人の希望が通りやすい・・・とも。それだけ懐が広い?深い?
私も婦人科系での入院がなければ、自宅出産も考えましたが、結果的には二人とも吸引でうまれたので、頭が見えている状態で4階から下に降りるのは大変だぞ~・・・って思いますね。いくら五右衛門が力持ちでも、下まで抱っこでは下ろせないだろうしね~。
Posted by ニコラ at 2007年04月12日 19:42


リエさま
確かに職業柄でか、ゆったりとしていますよね~、助産婦さんたち!
エコーが2回・・・いいな~!!私は2回とも、1回ずつしかやってもらえなかったので、内心不安の部分もありました。でも、お腹の大きさを目で見て、赤ちゃんを観察して(押すだけでよくわかるな~って感心してたっけ)、赤ちゃんが成長しているか、わかるんですよね~。
ご主人にお願いして、オランダにまた戻ってきてください!そしてぜひ、自宅出産を!(^^;;
Posted by ニコラ at 2007年04月12日 19:46


Rietjeさま
はじめまして!
それから妊娠とのこと、おめでとうございます!
でも・・・まだIDがないとのことで、保険にも入れていないとなると、これから先不安ですね。保険の契約も、契約をしてから妊娠がわかるのと、妊娠してからの契約では、また何か違いそうですしね。
でもオランダでは、「妊婦だから、これはしていけない!」ということがありません。自分にとって無理なことは、赤ちゃんが教えてくれるから・・・というスタンスです。だから、体が許せば(赤ちゃんが許せば・・・ともいえますが・・・)ジョギングも出来るし、自転車も乗れます。
まだまだオランダの生活に慣れるのに一生懸命の部分もあるかもしれませんが、がんばってくださいね!
Posted by ニコラ at 2007年04月12日 19:50


rootさま
日本の皇太子ご一家は、昨年の8月にオランダにいらしていました。そのときにはもう、妊娠をされていた計算になります。でもなんでも精力的にこなすプリンセスなので、周りのほうがあせることもあったと・・・。

皇太子はあの晩は病院にお泊りをされました。これは特別な計らいかな?と思います。翌朝、皇太子は表玄関から、集まった人たちに手を振りながら、プリンセスと赤ちゃんは、前回同様裏門から帰宅されました。やはり翌日の退院ですね。その点は、「例外なし」といった感じでしょうか?(^^;;
アマーリア皇女が生まれたときには、私達ももらう本を、皇太子も受け取っていらしたので、定期健診もきちんと受けられると思いますよ。その辺は、「市民の権利」がありますからね。
Posted by ニコラ at 2007年04月12日 19:55


pineappleさま
検診はクリニックでも、出産は自宅か病院か選べますが、検診をクリニックでしていた場合、何かの異常があって病院に行かなければ行けなくなっても、分娩室の数やスタッフの数の関係で、断られることがあります。病院で検査を受けていると、優先権があるようです。(^^;;
オランダ人が自宅出産をする理由のひとつが、やっぱり費用の関係ですね。病院に1泊すると(出産を含めて)、さっちゃんが生まれたときで・・・700~800ギルダー(4万円くらいかな?)と聞きました。一方の自宅出産だと、100~200ギルダーくらいでしょうか。
帝王切開だと・・・5日くらいかな?知人が帝王切開をしたとき、それくらいで「追い出された!」といっていましたから。
どちらにしても、日本に比べて短いですよね!
Posted by ニコラ at 2007年04月12日 20:00


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック