2007年04月10日

イースター1日目・・・美味しい編3



やっとイースター1日目の夕食のデザートにたどり着けました〜。

長らくお待たせして、すいません!


まずは土曜日の準備から。

その前に金曜日の買い物で、フレッシュなイチゴを2パック(1kg)購入。朝入店してすぐには置いていなかったイチゴも、さっちゃんのクラスのママにお店で会って、立ち話をしている間に出してくれたもので、いまだ傷みのないものでした。ラッキ〜〜!!

その2パックのうちの1パックは、先日投稿のとおり、みーちゃんがヘタを取って、こまかく切ってくれたので、それでジャムに。

そして残りの1パックは、私がヘタを取って、ざく切りに。

それを冷凍が出来るビニール袋に入れ、冷凍で売っているベリー類とあわせ、お砂糖・レモン汁・白ワイン(大人が食す場合)で漬け込みます。我が家はまだ年齢の低い二人がいるので、ワインは入れませんでした。が・・・レモン汁をちょっと多めにして、さっぱり感を出しました。

お砂糖の量は、「ちょっと多いかな?」くらいで丁度いいです。

そうして準備したものを、冷蔵庫で1日寝かせます。すると・・・ものすごく水分(ジュース)が出てきます〜〜!!それも大切な材料なので、捨てないでくださいね!

そして食べようとする6時間くらい前には、次の準備をして完成させ、さらに冷蔵庫で休ませます。
(でも実際に食べてみた感じでは、1日休ませたほうが・・・よりなじんで美味しい!!)

どんな準備かというと・・・

マスカルポーネ・・・250g入りワンパック
卵・・・4個
砂糖・・・130g
サヴォイアルディ・ビスケット・・・200g入りワンパック
適当な洋酒を少々

・・・がオリジナルですが、ビスケットは見つけられなかったので、Lange vingerを利用。また洋酒も入れませんでした。
卵はXLを使ったのですが、砂糖の130gはちょっと多いかもしれません。またXLを使ったから、きっとオリジナルの分量より、卵の部分はかなり多いと思います。(^^;;

さてさてこれを見て、「ピン!」ときた貴方!!さすがです〜〜!!
そう、あれなんです!!でもイチゴを使ったんですよ!

では作り方・・・
その準備・・・マスカルポーネを常温にしておく。

1.ボウル2個にそれぞれ卵4個を卵白と卵黄に分けておく。

2.卵白の方は角が立つまで泡だて、分量のうちの砂糖の3分の1程度を加えて、さらにしっかり泡立てる。

3.卵黄の方に残りの砂糖を加え、暫く湯煎をして混ぜながら砂糖が溶けたら、湯煎からはずし、一気に良く泡立てて、
  白っぽくもったりしたら、常温において柔らかくなったマスカルポーネを加えて良く混ぜる。ここで、洋酒も加える。(お好みで)

4.3のボウルに2で泡立てた卵白を始めは3分の1位加えて泡たて器で良く混ぜ、その後、残りを加えてゴムべらなどで切るように混ぜる。(ふんわり〜とね〜)

5.適当な器に(ちょっと深めの物で、大きいものが良いです)、サヴォイアルディを敷き詰め、漬け込んでおいた果物のシロップをスプーンでかけて染み込ませ、4のマスカルポーネクリームの半量を流して、上に漬け込んで置いたベリー類を(イチゴを多目に)敷く。

6.その上にさらにサヴォイアルディを敷き詰め、シロップを染み込ませ、残りのマスカルポーネクリームを流して、残りのベリー類も敷き詰めて出来上がり〜。
 
冷蔵庫で冷たく冷やして召し上がれ♪


私が作ったものがどうなったかというと・・・
paasdiner4.jpg
我が家にある一番大きな器の「オーブン皿」(?ってのかしら?)。かなり大きめです。それに満タンになるほど出来ました。(^^;;

卵が大きかったからか、準備した果物がちょっと足りない感じもしましたね。(汗)

一口目は、「甘い!」って思うけれど、後を引く美味しさ!!これに洋酒がきいていたら・・・もう止まらないくらい!?食べられるのではないでしょうか。(^^;;

このイチゴ風味のティラミスですが、我が家では1日目に半分、2日目に残りの半分を食べました。半分残ったものを、そのまま冷蔵庫に入れておいたら、果物からジュースがまた出てきて、2日目に食べる際に、切り分けて、そのジュースを上から流しかけたら・・・これまた美味かった!!(あぁ〜、ジュルジュル・・・)

実は普通のティラミスは、苦くって、洋酒がきいていて、あまり得意ではないけれど、このティラミスはお替りするほど美味しくいただけました。(でもまったくお酒がないっていないので、大人にはちょっと間が抜けてる感じがしますけど・・・)

その結果・・・
dikkebuik.jpg
みーちゃんのおなかは、こんなになりました!


 


posted by ニコラ at 20:07 | Comment(4) | TrackBack(0) | 美味しい世界
この記事へのコメント
これは何方のお腹でしょう とても美味しく出来食べた事でしょう みーちゃんのお腹でしょうか 立派ですね 友達の孫もお腹を出しています それはお腹が大きすぎてズボンがお腹の下に行くそうですよ そのようにならな威容にねお母様の作られる物がすべて美味しく何時もたくさん頂く事でしょうね 肥満にならないように気よつけてね。
Posted by ダルマ at 2007年04月10日 22:31


ダルマさん
これはみーちゃんのおなかです。みーちゃんのクラスの担任が今週を最後に、出産休暇に入るのですが、みーちゃんも同じだ!と言っていました。(^^;;
みーちゃんのお腹も大きいので、シャツもめくれ上がるし、ズボンは下がりっぱなし、ベルトは役に立たないし・・・と、大変です。
Posted by ニコラ at 2007年04月11日 09:34


あぁ〜、やっぱりティラミスだったのですね☆
うんうん・・・ 確かにティラミスを自分で作ると、お酒の強さと、コーヒー味のあの苦さが残りますね☆
こうしてベリー系で作ると、何だかまるっきり違うものに変身して、美味しそうっ!!
ホント、何時もアイディアをアリガトウございます♪
是非、今度作ってみようと思います〜☆
Posted by pineapple at 2007年04月11日 13:55


pineappleさま
そうです〜、ティラミスです~。
普通のティラミスは、苦いけど甘い・・・、口の中がパサパサになる(ココアパウダーで)・・・なのですが、これはしっとり〜です。
また、イチゴやベリーだと、果物自体に水分がたっぷりなので、乾燥することもないし。(^^;;
素敵な器に人数分を分けても良いし、私のように大皿に盛り付けても良いと思います。パーティーなどでは、これは大うけになると思いますよ!ぜひお試しを!
(多少はご自分の味にアレンジしてくださいね!)
Posted by ニコラ at 2007年04月11日 14:13


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック