2007年04月04日

ピーター・インゲへの道は遠し・・・水泳教室・・・2



さっちゃんの最初の夏期講習のあと、水にも慣れたことだし・・・ってことで、みーちゃんも一緒に遊ばせようと、結構頻繁にプールに行きました。

普段の日はさっちゃんもみーちゃんも立てる深さの50cm。だけれど、みーちゃんは浮き輪を放しません・・・。(x。x)

さっちゃんは・・・浅いプールで思いっきり遊んでいる様子でした。それを見て、水を怖がっている子も真似をしたりして。やっぱり子供同士、影響し合うのですね!

そして夏休み最後の週に行ったと思った夏期講習ですが・・・もしかしたら行っていないかも!?写真がないんです〜。(爆)
でも行ったはずなんですよ!

それが証拠に・・・


休みを利用した講習会に参加をするのには、ウェイティングリストはありません。空きがあれば・・・参加できます。そしてその講習会が終わったら、自動的に普通の水泳教室に通う事ができます。ちょっとした優先権を貰った感じでしょうか?

夏休みのあと、さっちゃんはバッチェ2に行きました。バッチェとはbadjeと書き、プールやお風呂の事を指します。でもここでは、レベルの事ですね〜。

このバッチェ2・・・お腹を上にして水に浮かび、足は平泳ぎのようなものをします。手は広げていたり、ソーセージを持ったりブロックで頑張ってみたり。

あとはバタ足で進んだり・・・かな?

バッチェ3・・・プールの幅を使っての往復。それもなるべく立たずに!それが出来る様になると、上のグループへ。

その上のグループは、もっと大きなプールで、水も冷たいのです〜。

おまけに深さも90cmまでにします。絶対に立って欲しくない時は、1.3メートルくらいまでの深さに調節しちゃいます。

このバッチェ4にて、幅を利用してのバック・平泳ぎが出来るようになると、クロールの腕を練習。下手でもいいんです。腕が回せるようになれば。だから・・・さっちゃんの最初のころは・・・「ワニ」の腕みたいでした〜。(爆)

それがかなりスムーズになると、バッチェ5.ここでは一番最初のディプローマの試験を受けるグループになり、深さも2mくらいになります。おまけに、「爆弾」と「鉛筆」の形で飛び込む方法も練習。顔を上げた状態での平泳ぎ、 手は腰・足は平泳ぎのバック。それから、手を動かしてのバックとクロール。それから3・4mの潜水に立ち泳ぎ。 それから、半袖・半ズボン・靴を身に着けて、泳げるようにします。この段階が終わると、ディプローマAの試験を受けます。


試験内容・・・ディプローマA

洋服を着てすること

1. 1mの高さのスタート台より飛び込み(全身が水中に入ること)、水に浮いたら

2.手足を使っての15秒の立ち泳ぎをし、

3. 12.5mの平泳ぎの後、紐の下を通り(潜水)、残り12.5mを背泳ぎ(手を使ってよい)

4. 自力で、水から出る(階段を使ってよい)

(これらを一連の動きとしてする)


水着ですること

1. スタート台、もしくはプールの端より、飛び込み、3m先にある、水中の「穴」を潜り抜け(潜水)、50mの平泳ぎ、 その後手を使わずに50mの背泳ぎ

2. 飛び込むか、プールの端よりはなれる方法で、胸を下にして10秒浮き、そのまま平泳ぎを数メーターし、胸を下にして5秒浮き、 平泳ぎを数メーター。

3. プールの端よりはなれ(飛び込まない)、背を下にして10秒浮き、そのまま数メーター背泳ぎをし、その後背を下にして10秒浮き、そのまま背泳ぎを数メーター。

4. 端から、もしくはスタート台より飛び込み、8mの初心者クロール(手を使う)

5. 水中にて、プールの端より、8mの初心者背泳ぎ(手を使う)

6. プールの端から、もしくは飛び込んで、手足を使っての60秒の立ち泳ぎ。その時、立った状態で2回ほど回る



さっちゃんはこの試験を、水泳教室に行き始めてから・・・約1年した時点で受けました。2004年6月の末。普通のスピードだそうです。(*^^*)

diplomaA.jpg

  


posted by ニコラ at 07:07 | Comment(10) | TrackBack(0) | オランダ
この記事へのコメント
これは、難しい!!子供が着衣水泳の授業があってやったそうですが、とても、難しかったとか。他の子供もそう話していました。15秒でも、立ち泳ぎって、とても、大変ですよね。オランダの人は、シンクロをすると、すごく、上手なのではないでしょうか?オランダの子供たちは、すごいですね。感心します!!

さっちゃん、合格おめでとう♪
Posted by ぽん at 2007年04月04日 22:15


さっちゃんおめでとう御座います。小さいにによく頑張りましたね、私など怖くて出来ません 私も年をとってから貴方のお母様と一緒に水泳を習いに行きました 其の時には皆さんが泳げるようになっても約一年ほど泳げませんでした
でも頑張りやめずになんともう27年になりました 貴方のお母様も一緒ですよね あの怖さを思うとよくさっちゃん頑張りましたね 此れからも頑張ってね。
Posted by ダルマ at 2007年04月04日 22:36


私も子供の頃やりましたな・・・
私古式泳法の免許もってます。
Posted by taka at 2007年04月05日 01:33


試験内容を見て・・・
かなり高度なテストでビックリです☆
それでもお見事合格!!
さっちゃん、オメデトウ!!
Posted by pineapple at 2007年04月05日 06:23


ちゃんと合格されてよかったですね。 既に離れられているようですが、何年通われたのでしょうか? 日本の水泳教室とはちょっと違うようにも思われました。 それにつけても試験に服を来て行う科目があるとは、 日本でも最近は小学校で着衣水泳をするようです。これは落水したときあわてないこと、いかに着衣していると泳ぎにくいかを体感するのが目的とか...
P.S.サクラの写真増やしてますのでまた見に来てください
Posted by root at 2007年04月05日 13:47


ぽんさん
オランダは運河・水路の国なので、自衛のために必要なことです。水が回りにあるからといって、いつもいつも水着を着て歩くわけには行きませんからね。(^^;;
なので、洋服を着たままの状態で水に落ちても、岸まではたどり着けるように・・・ということで、小さいうちに訓練です。仕方ないですね。
Posted by ニコラ at 2007年04月05日 21:28


ダルマさん
かなづちだった母も、何年もかけて泳げるようになりましたが、でもあまり上手とはいえないのではないでしょうか?仕方ないですよね。沈む人間が、何とか浮くようになって、泳いでいるわけですからね。(まだ隙があれば沈もうと体はしている模様・・・)
水泳教室の利点として、水に親しむことがあり、髪の毛を洗うのが物凄く楽になりました〜。何をどうしても、髪の毛を洗うたびに泣いていたさっちゃんですが、プールに行くようになってからは大丈夫です〜。
Posted by ニコラ at 2007年04月05日 21:31


takaさま
私古式泳法の免許・・・すごいですね!
さっちゃんの素朴な疑問・・・日本にも水泳のディプローマがあるの・・・?
私は「ないよ~」と答えました。オランダと同じ意味のディプローマではないですからね。でも・・・将来的には挑戦させようかしら!?
Posted by ニコラ at 2007年04月05日 21:33


pineappleさま
結構難しいでしょ!体力向上には良い方法かもしれませんね!
でも普通のときに、Tシャツを着てプールに入ると・・・笛吹かれます。
「脱いでください!!!」って。(^^;;
Posted by ニコラ at 2007年04月05日 21:34


rootさま
さっちゃんは約1年です。Aを取った後も、超スピードで続きを取ったので。(続きの分は投稿しました~)
水が生活に密着していると、洋服を着ての練習は大切だと思います。大人は何とかなっても、子供の体力はまだまだですからね。でもこうして練習しておけば、岸までは何とか・・・と出来ると思いますよ。
桜の写真はまた後ほど拝見させていただきますね!
Posted by ニコラ at 2007年04月05日 21:37


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック