2007年03月10日

ICO週間・・・3



火曜日に好評に終わった「日本」についての発表。(その模様は「こちら」

金曜日にはその続き、及び「料理」でした。

料理に使う時間は「30分」とのことでしたので、ものすごく頭を悩ませました。皆さんからのアイディアも頭に入れながら、子供達の食べられるものも考慮に入れて・・・モスリムの子たちは豚肉は食べられないので、ハムや肉類はなるべく使わないようにし、アレルギーの酷い子もいるので、味付けは自分で出来るもの・・・ということを配慮して・・・となると、かなり難しかったです。

仕方がないので、担任と相談。

ハムを使うものでも、代用品があればそれを利用したり、アレルギーの子は・・・とうもろこし(加工食品のほとんどに入っているため、除くのが無理なほど)・大豆・乳製品が絶対的に駄目なので、味付けは自分で出来るように・・・何せ醤油は大豆ですからね。

そうして思いついたものは・・・

1.お好み焼き・・・ハムのほかに「乾燥えび」が使える
2.お稲荷さん・・・豆腐・しょうゆ味は駄目だけれど、ふりかけを使って「俵」ご飯を楽しんでもらう
3.寿司太郎を使った「散らし寿司」

そして結果は・・・1と3ということに。

寿司太郎にはもう味がついているけれど、アレルギーの子用にご飯を取っておけば大丈夫!ってことで。それに実は・・・担任が食べてみたかった模様です〜。(^^;;

そして昨日の金曜日午後1時前。クラスの到着し、ご飯のスイッチを入れました。クラスに残っていた子供達は、「何が始まるんだ!?」と、もうそれだけでソワソワ。

1時ちょっと前に担任が戻ってきて、持ってきてもらったキャベツを六等分に。(クラスには6つの島があるので)それを包丁で切るのは無謀すぎるので、こちらの下し金を利用して、すり下ろした千切りに。

それに卵と小麦粉、それからちょっとの水を入れて混ぜ混ぜ〜。

持って行ったホットプレートにのせて、上にはベーコン、もしくは干しえびを乗せるのは私の役目。火傷をされては大変ですからね。

そして少し待って・・・フライパン返しを二つ使ってひっくり返すと・・・、歓声が!!

下し金も二つだし、ホットプレートに乗る数も二つずつだったので、2つのグループが下ろし終わったら、次のグループに回して・・・、その間に最初のグループは焼いて・・・の繰り返し3連発。

1時間半掛かりました。(爆)


待っているグループ2つには、寿司太郎を混ぜてもらい、お好み焼きを食べ終わってから、少しずつ手に乗せて「試食」。

担任はもう大感激!自分でもキャベツを下ろしたり、ベーコンを乗せて実践!余った寿司太郎を他のクラスに持って回って、授業中の先生達にも「試食」させたり。

ものすごく評判でした。

お好み焼き用に持っていった「ブルドックとんかつソース」。(我が家には他のがないので・・・)これが大好評!これにもコーンスターチが入っているので、アレルギーの子は使えなかったけれど、ほかの子たちは・・・ビショビショになるくらい回しかけて食べてました。(やっぱり甘いのが好きらしい・・・)

この料理でテンションが上がりすぎてしまった担任に子供達。お片づけをしていても、遊んでしまったし、教室から出て行った担任は戻ってこないし・・・、収拾がつかない状態が15分も。

それでも皆して手分けしての一斉作業になると、早い!慣れてる〜〜!!まぁ〜担任の鶴の声もあるんですけどね。(^^;;

そして残った15分で話したこと。


「日本人はどこからやってきたか」
「古事記(名前は出さないけれど)はどんな風に書かれていたか」
「なぜそれが可能だったか」
「漢字の成り立ち」・・・BC1500年前には、今とほとんど変わらない漢字が成立していたんですって!
「漢字の意味合い」

ここら辺をものすごい早口で話したのですが、やっぱり15分では足りません。私の話も終わってないし・・・。

ってことで、来週にはもう一回・・・時間を作ってくれるようです。(*^^*)

 


posted by ニコラ at 21:50 | Comment(8) | TrackBack(0) | 学校の世界
この記事へのコメント
大変さ事でしたね でも良くなさいました関心です 日本のことを話すのにはまだ子供さんが小さくかも砕いて話すには時間が無い事でしょう でも良くなさいましたね
今度は漢字 名前次から次と大変ですね 日本に居たら経験できない事ですね 頑張ってくださいね
Posted by ダルマ at 2007年03月10日 23:37


お疲れ様でした。
普段と変わった物ということで、大評判だったみたいですね。担任の先生がお茶目で気のよさそうな先生に思えました。
お手伝いはニコラさんお一人だったのでしょうか?
我が子が小学生の時に年に一度「親子交流会」と称して2時間枠で先生はサブに回り、PTAの役員さん3,4人で企画して親子でなにかをする時間があったのを思い出しました。 もちろんその場だけで○○週間などとつながったものではありませんでしたが・・・
それにつけれも、個人を大切にする教育なんだなともおもいました。 日本だったらそこまで細やかには考えず、アレルギーでもなんでも、標準でだめなら即「見学」これで学校も親もあまり疑問も持たないのではと思いました。 ニコラさんにご指摘いただいてからいろいろな人にオランダの教育制度を紹介しています(間違ってないとよいのですが)。先日は偶然中学の先生に話をしましたら興味を持たれ「調べてみる」と言われていました。 思うに日本は明治から一気に近代化するため、少々のオチこぼれ、不適応者は覚悟の上、画一的な教育を強力に推し進めた、その成果は確かに絶大ではあった。 しかし、その成果に一つに敗戦というものもあり、今は反省期、しかし長らく慣れ親しみ、またオチこぼれなかった方々(為政者サイド)には、真に「多様性を認め、個々の能力の発達に応じた教育」の必要性が認識できないのでしょうね。 「皆うるさいから対応しないと...」程度が実は本音ではと思いたくもなります。 日本の今の教育制度、オランダの教育制度、その他の国の制度、全部よいところ悪いところがあることでしょう。それらを中立的な目で観て、それぞれの国がそれぞれの教育制度をよりよう方向に持っていくのが大切かなと思いました。 もちろん得に日本は...
長くなり失礼しました。
Posted by root at 2007年03月11日 00:43


ダルマさん
確かに、日本にいたら学校の先生から、「歴史」や「古文」の授業で習うようなことですね。私自身が日本人の端くれとして知っている知識を、まとめて、話す内容を(オランダ語で)まとめて・・・の作業をしているうちに、新たな発見もありました。
この次は1時間くらいをもらえれば、全部話せると思うんだけど、どうかな・・・?
Posted by ニコラ at 2007年03月11日 19:32


rootさま
確かに担任のテンションの上がり方は、驚きでした。(^^;;
突撃隊でクラスに入ってこられて、寿司太郎を試食させられた先生達も、それを見ていた子供達も驚きだったと思います。
日本でも法律は用意されていると思いますが、「差別」はご法度です。アレルギーがあるから参加させないと言うのは、完全に差別になるので、学校側としても、その子の親からしても認められません。この子のアレルギーは予想以上に多かったので、なれていない私としてはかなり戸惑いましたが、考えれば何とかなるもんですよ!家族であれば毎食ですが、こういう機会でもないと・・・入っている材料にまで気は使いませんしね。
また、オランダには給食の制度はありません。お昼ごはんは自宅で摂るのが基本です。日本の給食も歴史的な背景がありますが、こちらも歴史的な背景ですね。
色々とオランダの教育制度の良い点が多くが語られているようですが、実は問題アリアリなんですよ〜。それはまた別の機会にでも。
Posted by ニコラ at 2007年03月11日 19:38


お疲れ様でした〜♪
大好評だったみたいで、よかったですね☆
これで多少は、日本の食文化,歴史に触れる事が出来たのではないでしょうか??
あまりにも広い範囲からの選択だったので大変だったと思いますが、教科書からではなく、お子達は「生」の声が聞こえて、もっと勉強になったことでしょう!!
Posted by pineapple at 2007年03月12日 05:51


pineappleさま
まだ全部終わっていないので、あと最低でも30分は話さないと駄目なんですが、それでも大うけの2日間でした。やはり年齢的にも、料理のお手伝いもしているし、色々な知識も持ち始めているしということで、子供達の興味の範囲の広さにも驚かされましたが。(^^;;
とくに話が途中になっている「漢字」は、象形文字のようなものは「自分でも分かる!」と言うので、かなり評判でした。
Posted by ニコラ at 2007年03月12日 19:10


ニコラさん、 頑張りましたねいつも貴方は良く頑張ってやりますがまだ体の方はな治っていないのでしょう。皆さんのことを考えてアレルギーのある方いらっちゃるのでたいえんですね。でもとても美味しそうに出来た事でしょう。今度はそれに日本のことを調べて皆さんにお話をする事は難しい事でしたでしょう。出にニコラさんは勉強が好きで大変出来たと友達から聞いていましたから大丈夫ですね。此れからも大変でしょうけれど頑張ってくださいね。
Posted by ダルマ at 2009年03月07日 16:45


ダルマさん
これは「去年のこと」なんですが・・・。
今年はまだやってません。
Posted by ニコラ at 2009年03月07日 19:28


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック