2007年02月25日

漢字の練習



さっちゃんも、みーちゃんも・・・毎日少しずつですが、漢字の練習をしています。それでも、学校でもオランダ語、テレビもオランダ語がメイン(英語やドイツ語・フランス語も中には流れますが)・・・そんな世界にいるために、なかなか日本語と親しむ機会がありません。

実家の母は、折に触れては日本語のやさしい本を送ってきたりもします。私も里帰りの時には、漢字の練習帳ややさしい本をかなり買い込みます。それでも、毎日は日本語の本も読まないし、今週のお休みの間は・・・家ではそれ程日本語で話していなかったように思えます。

・・・という訳で、鬼の母登場!(^^;;

二人に「漢字テスト」をさせました。

結果は散々・・・。(大涙)

先ずはテストの感覚がない二人・・・。なぜならば・・・


学校では「テスト」と言う概念がないのか、日本に比べてやっていないようです。もちろん1月から2月上旬にかけては、学年にあった例の「CITO」はやりますが、それでもグループ8以外は・・・時間制限も余り厳しくなく、テストを家にもって帰ってくることは絶対にないし、テストというより「クイズ」だし。

全くもって、真剣さが違うんですよね〜。(爆)

それに、出来ないことは別に悪いことじゃ〜ないって言われているようで、「できないの!」「わからないの!」って開き直るし〜。

なら・・・練習帳を見ながら書いてごらん・・・といっても、「そんな字出てないよ」とぬかすし・・・。

どんな難しい漢字をやっているか!?って思いました???


いや〜〜、小学1年生の漢字ですよ〜〜!!
さっちゃんはもうすでに一度は習った漢字ばかりなはず。だけど・・・「しらないよ!」「やってないよ!!」と、堂々と言ってのける!

いや〜あんなふうに言われたら、こっちが「そうかな!?」なんて思ってしまいそうだけれど、こっちもちゃんと調べてありますよ!

フフフ・・・さっちゃんの使っている練習帳を材料にしているので、「1年で習う漢字80字」ってリストがあるんですよね〜。それを見ながら作ったテストだから(そうですよ〜、私が作ったのよ!)、絶対に80字の中からなんですよ〜。

あまりの出来の悪さに、「公文の通信教育」を真剣に考えたけれど、月謝がものすごく高い!!日本国内でも1ヶ月に7000円くらいだったけれど、オランダでは通信教育では約80ユーロ!!!

私達のもらっているお給料は(オランダ平均で)、月に2000ユーロもありません。なのに、80ユーロってどういうこと!?為替で計算をしたら、80ユーロは・・・12000円くらいでしょうか?

ひょえ〜〜〜!!しんじらんない高さ!現在の我が家では・・・無理ですわ!

・・・ってことで、もう暫く鬼の母の特訓が続きそうです〜。(^^;;

これはこれで鬼の母も大変なんですけどね・・・。問題を作るのは、簡単じゃ〜ないし!!

でも乗りかかった船。何とかしないとね。


 


posted by ニコラ at 21:10 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日常生活
この記事へのコメント
お子さんの勉強には忍耐力が必要ですね 普段使っていないので大変だと思います でも少しでもしないと全然出来なくなるので努力ですね ニコラさんも大変だと思いますが負けずに頑張ってね 何か必要な物があればメールください お母様と相談して直ぐに送りますよ  まだ家のほうも決まらず苦労が絶え間さんね 負けずに頑張ってね
Posted by ダルマ at 2007年02月25日 22:09


普段使わない言語、それも書く事は大変です。
長男も小学2年生まで日本を教えてくれる学校へ通学し、3年生は通信教育をしましたが、どの位覚えているかは知りたくないくらいです。(汗)
忍耐力以外なにものでもありません。継続する事に意義有りですから、頑張って下さい〜☆
Posted by pineapple at 2007年02月26日 07:17


外国語でなくても、日本に住んでいる日本の子供ですら、漢字を苦手に思っている子供は、とても、多いです。うちの長女は、本当に、ひどいです。でも、クラス全体でもひどいので、これでも、まだ、良い方とか。なかなか、難しいですねえ。
みーちゃんとさっちゃんは、ママが日本人でも日本語は、外国語のような気がするのではないでしょうか?でも、頑張って欲しいです。
Posted by ぽん at 2007年02月26日 08:14


ダルマさん
教材はまだまだ余ってます〜。(なんでだろ!?)
暫くは間に合いそうです。
文通もしているけれど、毎日じゃないし、スカイプチャットも気が乗らないようだし・・・、ちょっと難しい年頃かしら?
Posted by ニコラ at 2007年02月26日 19:26


pineappleさま
確かに、周りはオランダ語の環境だから、日本語はなかなか残らないのですよね〜。「読める喜び」が味わえると、オランダ語のようにすすむんでしょうけれど。
学年を気にせず、漢字の練習はさせていますが、やはり遅れ気味。「気にしな〜い、気にしない!」と一休さんのようなことを思っているようにしていますが、時たま破裂しそうです。(汗)
でも続けていれば、どこかしらには残るでしょうからね。頑張らないと!
Posted by ニコラ at 2007年02月26日 19:29


ぽんさん
確かに日本語は「外国語」なんですよね〜。テレビのニュースでも、時たま日本の話題が流れて、日本語が聞けるのですが、二人は照れ笑いをしています。でも全部を理解しないようで、「何言ってたの!?」と私に通訳させる時も・・・。
漢字を絵として書くので、書き順めちゃくちゃ、形もそっちのけ・・・。「読めないよ!」って毎日のように言ってます〜。もっと漢字に親しめると、少しはよくなるのかな?
Posted by ニコラ at 2007年02月26日 19:33


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック