2007年02月24日

リノベーションの予定



昨日の金曜日、午後3時のこと。時間ぴったりの訪問者。(^^;;

いや〜びっくり!オランダにも「時間を守れる人がいる!」って事に!!(苦笑)

そうなんですよ〜。オランダは何でも「アポ」の国。アポ無しでは、ほとんど何も始まりません。が・・・そのアポがあっても、時間通りには行かないのが、オランダです〜。

パスの運行だって、「大体これくらいの時間に来ます」って思ってないとイライラするし、電車なんかは全く当てにならないから、車通勤する人だって多いわけだし、国会では「時間通り運行達成予定」なんてものも討議されてしまうわけだし・・・。

が・・・昨日は時間通りに訪問者で、なんだかニコニコしてしまったんですよね〜。まぁ〜なんと言う単純な!と自分でも思ってしまうけれど(^^;;、ちょっと嬉しかったことですね。

そしてその訪問の内容は、タイトルの通り「リノベーション」の関係でした。


2006年12月から2007年1月の間に、「住民の意見を聞く」という予定が立っていたにもかかわらず、それが遅れていました。あくまでも、予定は未定って事でしょうか。(^^;;

1月の半ばに、今まで聞かされていたものが、紙の上に印刷された形で送られてきました。その結果、「予定と違う!?」という疑問がちらり。

そして今週の月曜日の午後6時ごろ。「さて、食べるわよ〜〜〜!!」って時に、予定外の訪問者。聞いてみると、リノベーションの関係のアンケートだとか。「食事だから」ということで、後日来て頂く事に。それが昨日でした。

その1日前の木曜日、アンケートに関する用紙が送られて来ました。前にも1回、アンケートを受けたことがあり、自分達の希望として、リノベーション後には戻って来たいことは告げてありましたが、今回はその際確認、兼、最終確認?って感じでした。

私達が住む通りには、5軒ずつのオランダ式長屋が3ブロックほど・・・計15軒があるのですが、そのうち75%の家族が、賛成をしないと今の案は続行しないそうです。その賛成とか反対とかを、色々な視点から答えていき、最終的に賛成するか、反対するか・・・の意思表示をする形でした。

今回は五右衛門も同席をし、仮住まいの手配をして欲しいこと、またこの場所に戻って来たいと言う視点から、いろいろと話を進めていきました。

その中で分かったことは・・・

1.家の番号が1〜5のブロックからリノベーションを始める
2.リノベーションの間の仮住まいの場所は、ブロック3のところにあるアパートか、長屋の1区画の予定
3.1〜5のブロックからはじめるため、「多分」私達が住むブロック2のリノベーションは、ここ半年以内には始まらないだろう
4.五右衛門の足の状態で、長いこと歩いたり、荷物を持ったりすることが無理なので、エキストラで補助が必要であること。
(ここ3・4年ほど、両膝下がしびれた状態が続いているのです。医者に行っても原因も分からず、治療も出来ない状態です。)
・・・>1家族10時間は、無償の補助をしてもらえる事になっているけれど(必要であれば)、それだけでは足りないかもしれないし(身内がいないため、引越しを手伝ってくれる人がいない)、それに加えて、アパートの4階に移るのは、ちょっと無理・・・ということも付け加え
5.住所変更届は、電話会社とインターネットのプロバイダーに出さないと駄目なはず??
  6〜8ヶ月の移動な上に、100m以内の移動なので、ADSLの関係の処理が、不必要かもしれない??
(五右衛門の仕事の関係で、インターネットが使えなくなるのは、絶対に困るので、今から調べて置くように〜)



このほかのアンケートの中でも面白い内容は、
1.近日中に離婚、または別居の予定があるか(家族の状態が変わった場合、今の住居に戻ってくる資格がなくなる可能性が高いため)
2.オランダ語に不自由をしているか(住民は必ずしもオランダ語が出来る家族だけではないため、そういう項目も入れているとか。)


15家族のうち75%とは12家族が賛成をしなければいけません。4家族が反対をしたら、今の計画は見直しを迫られます。

基本的に賛成をしている私達ですが、「各部屋は、数モデルの中から選べる」・・・との事を言われていたので、その点がはっきりしてから、最終的な意見を言うことにしています。
(戻って来たい人たちは、自分達の希望に合わせて、これを機会に希望に合わせてもらえるとの事でした。)

が・・・貰った予定表では、「長屋はこのモデル」との見取り図があり、ちょっと話が違うよ!?ってことなんです。でも・・・反対でも良いかな!?と思う節もあり・・・。

まず、バルコニーがなくなること。洗濯物を外に干せる時期には、大活躍のバルコニー。ベットカバーなんかを干すのには、丁度いい高さ!それがなくなったら、屋根裏部屋に干せ!ってことになるそうです。ん〜〜〜、荷物がありすぎて、干せないぞ!?

リノベーション後の玄関の色が・・・青!!!
「良くあるそこら辺の玄関」に変わってしまうわけですよね〜。今はガラスが入っているので、外から見ていても、落ち着いた雰囲気なんだけど、青になったら・・・かなり変わりますよ〜!

こういう些細なことでも、「反対の理由」にしていいのか悪いのか・・・。

いつ頃結果が出るのかは分かりませんが、ちょっとドキドキしてきました。(^^;;


 


posted by ニコラ at 20:43 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日常生活
この記事へのコメント
まだ決まらないのですか 早く決まらなければ何も手に付かず困りますね 五右衛門さんが膝の方が悪いのですかそれは大変ですね 荷物を移動するのにもどうしようもないですね 早く決まらなければ今年も日本に来る事が出来なくなるでしょう お子さんが日本に来たくてたまらないようですね 先日お母さんにお会いしたらそのようなことを言ってました ご両親も来る事をねがいることでしょうね。 私も待っていますよ 
Posted by ダルマ at 2007年02月25日 06:18


予定が未定で、そのまま自分達の予定までがずれ込んでくるのはちょっと迷惑な話ですが、リノベーションはちょぴりワクワク気分になりますね☆
早期解決に繋がる事をお祈りしています〜☆
Posted by pineapple at 2007年02月25日 07:19


ダルマさん
こちらでは、自分の家の改装でも、市に許可を取らないといけません。なので日本のように、勝手なことが出来ないのです。おまけに私達は借家住まい。なので、大家の会社・他の住人達・この地区の再開発の関係・市が絡むので、一筋縄には行きません。
みーちゃんが七五三の写真を撮りたくて仕方がないのですが、どうなるか・・・。見通しがたった様な、訳が分かんない様な・・・?変な感じです〜。
Posted by ニコラ at 2007年02月25日 18:57


pineapple さま
関係者が多い上に、この地区全体の事になるので、全くもって予定が未定です。それでも、取り壊しではなく、リノベーションになったので、喜んでいいのか・・・?という感じです。
リノベーションが計画されていたアパートが取り壊し、そして取り壊しがリノベーションと、計画が一転。嬉しいような、素直に喜べないような・・・。
でもまぁ〜少しずつすすんでいるようなので、オランダ式に気長に待ちます~。
Posted by ニコラ at 2007年02月25日 19:00


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック