2007年02月12日

アスリートの体



昨日のスケートの話題に引き続き、ちょっとだけスケート関係の話題を。

今回のオールラウンド大会では、オランダの選手はとある機械をつけて、参加をしました。滑走する前、滑走中、滑走後にその機械の情報がテレビ画面に表示されたのですが、もうびっくり!!!

さすがにアスリート達の体!!

私の体で同じ事が起こったら、きっと死んでいます。いや・・・冗談ではなく。

何故かと言うと・・・


着けていた機械は「心拍数」を測るものでした。そして表示された心拍数は・・・

氷上でのウォーミングアップ中:135〜140くらいかな?
滑走中(10kmの時でした):180〜185
レース後・・・       :13分もの間滑走していたからか、なかなか心拍数は下がらず、140くらいまででした。


ウォーミングアップ中には気合が入っていき、すると140までも心拍数が上がり、滑走中には1秒間に3回も心臓が脈打っているんですね!!


私なんかがちょっとでも走ると、きっと心拍数は140とかになり、もう苦しくて仕方がない・・・。(運動不足なもので)

140と言えば・・・まぁ〜一般の大人の脈拍の倍くらいですよね。(一般の大人は60〜70と言われていると聞きます。)それでさえ苦しいのに、180だなんて言ったら・・・!?

小さい時からのトレーニングで、強い肺と筋肉、それに心臓が作られていくのは論理的にもわかりますが、このように数字で表示されると、驚きもまた新鮮に感じました。(^^;;



 


posted by ニコラ at 22:04 | Comment(6) | TrackBack(0) | スケートの世界
この記事へのコメント
す、すごいですね。びっくりです。最近、年齢でしょうか。動悸が激しくなりました。なので、こういう話を聞くと、びくびくしてしまいます。
Posted by ぽん at 2007年02月13日 00:07


私も心拍数はいつも多いのですよ 普通でも110ぐらいです
スイミングでみんなと100メートル泳いだ後に計ると皆さんは70〜80
私は150〜180見もなり皆が心配をすることがありました。私は歩いていても意気が上がりとても運動は出来ません 運動選手は皆さん凄いですねそれでもすべるのでしょう凄く苦しいと思います
Posted by ダルマ at 2007年02月13日 00:11


伊達に鍛えていないという証拠ですね〜☆
真剣にスポーツをされている人の意気込みは、凡人の私達とは全然違いますからねっ☆
Posted by pineapple at 2007年02月13日 07:42


ぽんさん
動悸ですか??気をつけてくださいね!アスリートではない私も、何とかか体力を取り戻し、肉体美ならぬ・・・内面肉体美でも疲労できる日が来るように、頑張らないと!?
Posted by ニコラ at 2007年02月13日 20:11


ダルマさん
普段から脈拍の高い人は、運動には気をつけないといけませんよね。余り心臓に負担の掛からない範囲で、運動をしてくださいね。それを長い続けていれば、心臓も慣れてきて、それ程負担にはならないのでは?
Posted by ニコラ at 2007年02月13日 20:13


pineappleさま
ちょっと走っただけでもゼ〜〜ゼ〜〜〜となる私と比べると、失礼ながら心臓に毛が生えている世界の人たちだ!って思ってしまいました。(^^;;
いや〜、びっくりでしたよ!
Posted by ニコラ at 2007年02月13日 20:15


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック