2007年02月02日

5年前の今日



2002年2月2日の土曜日・・・この日はオランダ中が、オレンジ色と歓声に染まりました。

余りファンではない私ですら・・・テレビにかじりついていましたから。(^^;;

この日にした理由は・・・国・言語を超えても、この日は「02−02−02」と表現されるから・・・との事でした。

確かにオランダ語では、日−月−年ですが、アメリカでは月−日−年、日本では年月日ですからね。(笑)

間際らしくなくって、とってもいい日!なわけですよね〜。

さて、この日に何があったかというと・・・

fotos_NL.jpg
先日と同様に、「王室の公式HP」からの写真ですが、この写真はそのヘッダーにも使われているものです。(^^;;

そう、皇太子とマキシマ・ゾロギエータさんが結婚をされた日です。

しかし・・・この結婚は一筋縄ではいきませんでした。なぜなら、マキシマ皇太子妃の父親に政治的疑惑があるからです。そのために、国会承認も難しかったのですが、何とかクリアし、マキシマさんはプリンセスとなりました。

が・・・結婚式の当日には、父親は招待をされませんでした。疑惑が残っているからでした。でも母親、兄弟達は駆けつけ、市役所での結婚では「証人」としてサインもしていましたね〜。お茶目な面も見せてくれました。

しかしなんと言っても、この日の一番の感動は・・・マキシマさんの涙ではないでしょうか。出席できない父親のことを思って、その父親が一番好きだった曲・・・アルゼンチン出身のためバンドネオンの曲でしたが・・・それが流れ始めたら、感無量の大粒の涙がポロポロと・・・。

皆してジ〜〜〜〜〜〜ンとした瞬間でした。

このシーンは、「こちら」のページから、リンクをたどってご覧になれます。

一番上の写真の左にあるビデオカメラのある9つのメニューの一番下をクリックすると・・・realPlayerが必要かもしれませんが、小さな画像ですが、見ることが出来ます。

全部で4分半くらいですが、3分を過ぎたあたりが一番のクライマックスで、涙も見えますよ〜。

9つのメニューの一番上は、2分にまとめたものです。最初の1分は市役所での結婚式の模様。アムステルダムのコーヘン市長が式を取り持ち、ほんの少しですがお兄さん達のお茶目の部分も見れます。(本当にほんの少しなので、目を凝らしていないと・・・のがします!)

その間の7つのメニューでは、牧師と祭司の式のとりもちが見れます。皇太子はプロテスタントですが、マキシマさんはカトリックのため、このように牧師と祭司とが同席での式となりました。


そして今日はこの日から5年目。テレビでも色々な特番が組まれているようです。とっても人気のあるマキシマ妃。どこかの国の皇太子のように、自分の妻のほうが人気があるといって、すねたり、嫉妬したりしないオランダのウィレム・アレキサンダー皇太子。(^^;;
逆に、人気があることを喜んでいるようです。

4月ごろには3人目のお子様が生まれる予定です。

末永〜〜〜〜く、お幸せに!
(今でもアツアツだから、そんな心配要らないけどね!)


<リンク集>
テレグラフ新聞の記事より
後継者
マキシマ妃中心の写真集
王室のブログより
Familie van Oranje(オレンジ公の家族)

などなど・・・もっとありますが、今日はこれくらいに。(^^;;





posted by ニコラ at 19:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | 王室の世界
この記事へのコメント
結婚記念日を国中でお祝いされるのは、良いですね〜☆
結婚前に色々あったにせよ、今幸せな日々を送っていらっしゃるのであれば・・・ 経過はどうあれ、結果が全て。ん?? 何処かで聞いたセリフ☆
Posted by pineapple at 2007年02月02日 15:08


写真を見せていただき有難う御座いました。とても素敵な家族ですね現在はとても幸せに見えます。何事も無く此れからも行く事でしょう。
Posted by ダルマ at 2007年02月03日 00:16


pineappleさま
王室のファンだけがオランダにいるわけではないと思いますが、それでもかなりの人気者のお二人ですよ!これからのオランダ王室も、国民から支持されると思います。
貧富の差が激しいアルゼンチン。その中でも上流社会出身のマキシマ妃ですが、オランダになじんでいると思います。オランダ人の心も、グッと捕らえていますからね!
Posted by ニコラ at 2007年02月03日 19:22


ダルマさん
そうなんですよ〜。とってもアツアツのお二人。人間味あふれるお二人です。
お二人が行かれるところは、いつも歓声が上がるようですよ。
Posted by ニコラ at 2007年02月03日 19:28


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック