2007年02月01日

オランダ人の名前・・・職業(?)編



昨日の夜、アントン・ヘーシンク氏に付いてのテレビ番組を見ていて驚いたことを、忘れる前に投稿!(^^;;

オランダのオリンピック委員会のNOCの理事でもあるアントン・ヘーシンク氏。わが町ユトレヒトの出身でもあります。オリンピックのメダリストでもありますが、お笑いのネタにされてしまうこともあります。それをするのが・・・

erikvanmuiswinkel.jpg
(写真は「こちら」より)
この写真の俳優さん。

オランダ在住の方なら、絶対に見たことがある俳優さんです。

このままで分からない方は・・・顔を黒くしてくださ〜〜〜い!

もう分かりましたね!?

sintjournaal1.jpg
そう、「Hoofdpiet」をされている方です!!!

そしてこの方のお名前が・・・。昨日はのけぞってしまいました。だって・・・

Erik van MUISWINKEL・・・って言うんですよ!
(エリック・ヴァン・マウスウィンケル)


muis=ねずみ
winkel=お店


「ねずみ屋」・・・ってそんなお店があったんでしょうか!?





posted by ニコラ at 22:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | オランダ語の世界
この記事へのコメント
人の名前の発祥は様々ですから、本人には失礼ですが、時として笑えるものもありますよね。
う〜ん、ネズミ屋さんは・・・
ご先祖様は、ネズミ駆除屋さんだったのかしら・・・
Posted by pineapple at 2007年02月02日 05:31


pineapple さま
ナポレオン時代から、オランダ人は冗談好きだったようですが、これには首を傾げました。そんなお店があったのか!?なぜそんな名前にした!?
仮にねずみを売っていたお店だったとして、いったい何のために・・・?という疑惑もわいてくるし。本当に不思議な名前です。
Posted by ニコラ at 2007年02月02日 10:49


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック