2007年01月07日

Happy Feet (映画)



五右衛門が借りている仕事場・・・大家さんの会社がとっても良いところです。去年の10月ごろまでは、同じところにいたのですが・・・半地下2階建てで、4・5社が入居しているうち、自分達でも一部を利用していました・・・、人数が少ないのに場所がひろ〜〜〜〜いの!ってことで、別のところに移りました。

その場所を貸してもらえるお金で、もっと安い場所が借りられるようですね。計算をしたら、まぁ〜狭くて安くて・・・のほうが良かったってことでしょう。(^^;;

その会社は設計事務所です。自分達で今の建物を設計して、市役所に登録をして、許可を貰って、建てたようです。

そしてその大家さんの会社の社長さん・・・五右衛門よりちょっと年上かな?と思える風貌のある人で、物静かな人です。怒ったところが想像出来ない感じです。

そんな社長さんだからか、とっても律儀。クリスマスプレゼントに・・・だか、年末の挨拶をしに来られたとか。あれ〜〜!?大家が挨拶に来るの!?って思ったのですが、その先を聞いてもっとぶっ飛びました。(^^;;

だって・・・


日本的に言えばお歳暮!?って感じで、「映画券」を50ユーロ分も持ってきてくれたんですよ!

ありゃ〜〜〜〜!?!!?ってびっくりしました。だって、そういう気遣いって、日本だけかと思っていましたからね。

でもま〜貰って悪い気は全くしませんね〜〜。(^^;;

・・・ってことで、クリスマス休暇の最終日(週末を除く)の金曜日に、五右衛門も仕事をちょっとだけ早めに切り上げて、映画を見に行ってきました。

日本の場合、A映画館でのとある映画の上映は、「x月xx日〜x月xx日まで」って決まっていますよね。10年前の記憶を手繰ると・・・1週間後の映画の指定席権の購入も、購入できたような記憶があります。

が・・・オランダの場合なのか、ユトレヒトはなのかは分かりませんが・・・、上映される期間は未定なんです。
おまけに、A映画館のホール1で上映される映画も、曜日によってばらばら・・・。

結構複雑なスケジュールなんです〜!

ということで、インターネット上で上映が確認できるのはいいけれど、今日を含めて3日くらいが最高です。長くても1週間とかでしょうか?

今日やっている子供用の映画と、明日やっている子供用映画が、全く違う!なんてことも起きるわけです。

ってことで、金曜日に行こう!と五右衛門が言い出してから数日待って、火曜日にネットで上映中の子供用映画を確認。

その時点でやっていたのは・・・「ハッピー・フィート」と「シャーロッテのくもの巣」(Charlotte’s web)と後もうひとつかな?

それを上映している映画館は2つ。物によってはひとつのみ。

時間で選ぶとなると・・・必然的に「ハッピー・フィート」となりました。(^^;;

ペンギンは私が大好きな動物!台所の戸棚の扉には、オーストリア観光局のポスターが貼ってあります。ペンギンが題材なので!

アニメと言うのが気になったけれど、オランダ語をしゃべる映画で(子供用映画とかでも、字幕と言うのも結構あるので)、面白そうだし・・・ってことで、決定!

楽しんできましたよ!

さっちゃん・みーちゃんには内緒で、「びっくりすることをするから!」と、二人を連れ出し、映画館へ。二人はオドオドしながら周りを見て、何をするか分かった途端にニタ〜〜。


喜んでくれました!


ただし・・・ロールを変えるときに「休憩」が入るのには、ブーイングだったけど!周りの人達は慣れていたのか、いつ入るのか知っていたようだけれど、私らは全く分からず、「何が起きたの??やだ〜〜!!!休憩だって!!!こんな短い映画で休憩入れないでよ!!」って怒っていたんだけど。(^^;;


ポップコーンやジュースを売る売店からの要請で、ある時間以上の映画だと休憩が入るらしいです。日本じゃ〜考えられないこの制度!五右衛門も怒っています。でも・・・なくならないだろうけど。


 


posted by ニコラ at 20:29 | Comment(10) | TrackBack(0) | 日常生活
この記事へのコメント
映画ですか珍しいですね お子さん 初めてですかさぞかし吃驚したことでしょうね 楽しい映画でよかったですね 私もここ何年も映画を見たことがありません いったのはオンアイスショーです 今年は貴方のお母様と色々と出かける予定です。 
Posted by ダルマ at 2007年01月07日 22:21


あれってわざとやっているのですか?  
全部が全部じゃ無かった気がするが・・・。

以前、休憩があまりに長く、頭にきて途中で出たことがありました。
日本じゃ考えられませんが、日本が几帳面過ぎる感じもあります。
Posted by syn3 at 2007年01月08日 03:01


海外にも義理、人情があるのには、驚きですね☆
「Happy Feet」は、まだ観てないですが、面白そうですよね??
我が家では必燃的に、DVDが出るまで待っています。
Posted by pineapple at 2007年01月08日 06:02


ダルマさん
映画館は今回で2回目です。前回もペンギン物を見ました。(^^;;
さっちゃんがどこで見たのか、「皇帝ペンギン」を見たいと言い出して。
凄いドキュメンタリーでした。そのときは休憩は入らなかったのですよ〜。
母は出始めると・・・止まりませんので、気をつけてくださいね!
Posted by ニコラ at 2007年01月08日 22:54


syn3さま
確かに全部の映画でやっているわけではないようです。きっと映画館にも寄るのでしょうね。今回の映画も、別のところでは上映時間がもう少し長かったので、休憩が2回になるのか、1回でももう少し長くなるのか・・・。
五右衛門は、「映画の雰囲気が壊れる!」といって、テレビでも民放では映画は見ません。世界に浸っているのに、一瞬にして壊れるからってことで。
まぁ〜それも分かるんですけど、買ってもらわないと困る!ってのも分かるし・・・。難しいですね。
Posted by ニコラ at 2007年01月08日 22:56


pineappleさま
映画の内容を教えちゃうのは・・・期待されていると・・・その期待を壊してしまうかもしれないので、避けたいのですが・・・(あぁ〜ながったい!)タップ(?なのかな?)が出来る主人公のペンギンのお話です〜。
ペンギン同士では、あぁ〜やって話しているのかな~?とか想像がつきやすくなっていて、結構子供達も世界に引き込まれていましたよ~。機会がありましたら、どうぞごらんくださ〜〜〜〜い!!
Posted by ニコラ at 2007年01月08日 23:00


こんなお歳暮は、うれしいですね♪皆で映画を見られるのは、良いこと。私も小さいときに家族で映画を見に行ったことを今でも思い出します。
Posted by ぽん at 2007年01月09日 00:09


ぽんさん
家族で映画は・・・私は体験をした覚えがないです。何せ父が出不精なので、母といくつかの映画には行きましたけど。大学に行ってからとか、仕事をし始めてからは、やっぱり友達と行きましたね〜。
その時だけでも、映画の世界に入っていられる・・・好きですね〜。
また映画を見に行きたくなりますね〜!
Posted by ニコラ at 2007年01月09日 19:20


 早速にコメントありがとうございました TBさせていただきました。 
シャーロットの方もさせていただきました。 最後のeを発音しないからでしょうか、日本国内の邦題はシャーロットでした。

 さて、親切な大家さんでよかったですね。 そしてプレゼントを有効につかわれ、こどもさん達もたいそう喜ばれたようでよかったですね。
ちなみに1ユーロ=160円とすると 50ユーロ=8000円ですね。日本だとだいたい1700円から1800円という相場だと思いますので、大人でも4人みられる計算ですが、そちらでは幾らくらいが映画の相場なのかなとか思いました。

 それにつけても、ペンギン語は日本で聞けば日本語にオランダで聞けばオランダ語に聞こえるのですね、その割には映画のなかの動物園では人間との会話に困っていましたが(爆)

 オランダの映画事情が少しわかりましたので大変興味深く感じました。 日本でも最近は銀幕が8枚とか10枚あるシネコン方式が多くなってきました。 きっと人気に合わせてスケジュールをどんどん差し替えているのでしょう。 不人気と思われる映画は上映は続けても一日の回数は一気に減っていきますね。 
 ちなみに私がよく行くワーナーマイカル津は一週間先まではネットで取れるようです。
Posted by root at 2007年04月14日 14:14


rootさま
映画の料金ですが、映画館により同じ映画でも料金が変わります。市の中心にあるほうが、より高いですね。1ユーロくらいでしたかな・・・?
この映画では、30ユーロくらいを払った覚えがあります。大人が8ユーロくらいで、子供が7ユーロとか・・・そんな感じでした。
Posted by ニコラ at 2007年04月14日 20:03


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック