2006年12月30日

小銭が必要!



皆さんのお宅では、どんな「配達」がされますか?

日本であれば・・・新聞に郵便でしょうか。これに宅急便での配達もあるでしょうか?

オランダの場合、日本と同じように新聞に郵便はあります。月曜日から土曜日まで、祝日でない限り配達をしてくれます。特に新聞の土曜日版は分厚く、1週間分を合わせた位になります。求人のコーナーも土曜日には満載しているので、土曜日だけの契約も出来るほどです。

このほかに「ある配達」があります。それは各家庭が、意思表示をした上での配達になるので、配達がされない家庭ももちろんあります。

が・・・我が家は何の意思表示もしていないので・・・どうしても見たいものがあるので、配達をしてくれるように、なんの意思表示をしていないのですが・・・

それは・・・


都市に住んでいる場合、郵便受けは通常・・・アパートであれば共同玄関の横、我が家のような長屋の場合・・・オランダ語では「1家族用住居」といい、アパートではないことを指しますが・・・、玄関ドアに埋め込み、または玄関の横の壁に入れる口を作ってあったりします。一軒家の場合・・・農家とかちょっとリッチな家庭とかだと、郵便配達の方のことを考えて(?)、門のそばに郵便受けを設置してあったりします。

が・・・そのどの場合でも、郵便受けの口に・・・
ja_nee_stickers.gif

こういうものが貼ってある場合があります。

これは誰に向けての意思表示かと言うと、

1.あて先無しの郵便物に対して(広告の配達の子供達がメイン)
2.公共の印刷物(市からのお知らせの新聞など)


を、受け取るか・受け取らないか。

写真左の「NEE・NEE」の場合、何にも受け取りませんよ〜〜!!、写真右の「NEE・JA」の場合、広告はいりませんが、市からの新聞は入れてくださ〜〜い!!と言うことです。

日本のように町内会の存在しないオランダですから、回覧板もありません。なので市からのお知らせが、新聞を通して各家庭に届くようになっています。

そして新聞配達は、新聞のみを配達です。広告は一切入ってきません。広告は広告で、13歳以上の子供達が、1週間に働ける時間内で調整をしながら、「受け取る家庭に」広告を入れて回ります。

そして12月になると、郵便以外で何かしらの配達を受けている人・家庭は、小銭を用意しておく必要があります。

なぜなら・・・

この配達をしている人たちが、「良いお年を!」と言いながら、チップを貰いに来るからです〜〜!


我が家の場合、水曜日か木曜日には市からの新聞が2種類、そのほか広告が週に2〜3回届くと記憶しています。これを覚えていないと・・・

曜日を偽ってチップを貰いに来る子供達がいますので、だまされます!!


今年は五右衛門が勝手にチップを上げてしまい、本当に配達をしている子達はチップ無しだったのでは・・・?ということが起きてしまいました。ちゃんと配達の曜日を記録して、確認してからチップはあげましょうね!(^^;;






posted by ニコラ at 05:35 | Comment(6) | TrackBack(0) | 風物詩
この記事へのコメント
チップを貰いに偽って来るとは、ちゃっかりしてますね (あっはっは)
名前(あだ名)を配達先に知らせておけば良いのに。個人情報保護と青少年保護法でだめなのかしら?
日本・・・というか私は新聞を取っていないので配達と言えば アマゾンで本やCDを買ったときかな。 今はクロネコヤマトもメール便というのをやっていて、これを利用している団体や企業も多い。これらは郵便ポストに配達されます。
コンビニエンス・ストアのローソンが郵便局と提携したのはご存知ですか?ローソンで郵パックが発送できて、郵便物も配達できます。
ただ困った事に、郵パックがローソン鰍ニ提携したから、それまでローソン鰍ニ契約していたクロネコヤマトが撤退。宅急便がローソンで発送できなくなりました。クロネコヤマトは電話で自宅に荷物を取りに来てくれるし、サービスの向上に努めていて頑張っているんだけど、何も撤退しなくたって、と思っちゃいます(・w・) 競争社会ですかね
Posted by よね at 2006年12月29日 21:23


よねちゃん
チップを貰いに来る時には、大抵数人で来るんですよ〜。でもあげるのは・・・1~2ユーロなんだけどもね。でもやっぱり「ちゃっかり組!?」と思うと、前にもらっていたカードを見せて、「ほら、もう来たわよ~」って言ってしまいます。
郵便局が変わったのは、法律が改正されたのでなんとなく想像がつきますが、実生活で体験していないので・・・あまりぴんと来ないですね。(^^;;
クロネコさん・・・頑張って欲しいですね~!!
Posted by ニコラ at 2006年12月29日 21:51


面白いシステムですね、あの郵便箱はとてもいいと思います。 日本でもあれば言いと思います、 子供が新聞を曜日を間違えるととんでもない事になりますね。 何処にで悪じえのできる子ダもがいますね。 正直物はそんをしますね。お気をつけてね。 
Posted by ダルマ at 2006年12月29日 23:52


市からのお知らせは、郵便で配達されます。
新聞は購読していますが、年に一度銀行から引き落とされているので、最近はチップを払っていないような気がします。 (汗)
オランダの新聞配達は、子供達がしているのでしょうか?? 我が家の周りでは、子供達が新聞配達しているのは見かけません☆
しかし、同年代では、新聞配達をした経験者は大勢居るのですが・・・
Posted by pineapple at 2006年12月30日 07:13


ダルマさん
オランダで日本のような郵便受けが無いのは、多分・・・郵便物を盗まれるからだと思いますよ。外に設置してある郵便受けは、鍵つきです。それだけ日本は安全なんだと思います。
昨年は全く来ない曜日を言って来た子供たちがいました。もう完全に嘘と分かったので、きっぱりと断りました。市のテレビ局を見ていると、市からの新聞を捨ててしまう配達員がいたりするので、要注意なんですよ!
Posted by ニコラ at 2006年12月30日 14:43


pineappleさま
五右衛門が取っている新聞も、1年毎・半年毎・3ヶ月毎・毎月と支払い方法を選べます。1年契約の形にすると、多少割引があるようですが、途中解約が出来ないので、我が家は毎月の引き落としにしています。新聞を変えるつもりはないようですが、「脅し」のつもりなんですって!
我が家に来る新聞配達の方は、大人ですね。多分法律で子供は出来ないと思います。朝が早すぎると言う理由とかで。でも来る時間は・・・6時過ぎなんですけどね。日本のように4時ごろに来るなんてことは、絶対にないですよ!
また配達をする方は、いわゆるオランダ人ではないです。朝早く、毎日の仕事と言うことで、人気がない仕事のひとつですね。
Posted by ニコラ at 2006年12月30日 14:48


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック