2006年12月23日

クリスマスの準備・・・1



今日はもう12月22日!!

学校は今日の12時でおしまいでした。あぁ〜これからは、長いようで短い2週間の休暇です。(^^;;

さて、その学校での今日の1日。多分どのクラスも・・・すべてだと思うのですが、授業は無く、クリスマス前の最後の準備とお片づけをした模様です。

先ずは昨日の夕食会の机を、元通りに直し、クラスによっては席替えをしたかも。
飾ってあったクリスマスツリーや飾りの取り外し。次に学校に来たときには、すぐに授業が始められるように・・・って事ですね。始業式なんてものはありませんので。(^^;;

そして今日のメインエベント!!!

我が家の近所にある学校ではしていないのですが、さっちゃん・みーちゃんが通う学校では毎年しています。私達が学校のそばに住んでいた時にも、毎年行われていて、結構楽しみだったりしました。(^^)

この日のために、子供達はかなりの時間を割いて準備をします。昨日がその準備最終日で、「どうしても仕上げるわよ!」と先生達の声。やっぱり遅い子も中にはいるので、先生達もお尻を叩くのが大変なようです。

さて、何を準備していたかと言うと・・・



ユトレヒトはオランダ第4の都市。つまり外国からやってきている人たちがたくさん居ます。多数派としては、中国人・モロッコ人・トルコ人たちでしょうか。そしてモロッコ人・トルコ人は、ご存知の通りモスリムの国なので、その信者の方達も多いです。

つまり、クリスマスをお祝いしません。

そして私達が住んでいる場所には、市の中心から離れているので、昔は家賃が安かった(今も多少は安いと聞きますが・・・)ということで、大家族が多いモスリムの方達が、結構多く住んでいます。

一方、学校のある場所は・・・モスリムの方達が住んでいるアパートもあるのですが、比率的にはやはり少数派。純粋なオランダ人がまだまだ多い場所です。

モスリムが多い場所ではしないけれど、一般のオランダ人が多い場所ではすること・・・。

子供達が作ったものは・・・・クリスマスカードです。

一人2枚のクリスマスカードを作り、クラスによって担当地域があり、今日はそれをポストに入れに行ったり(ポストと言っても家に備わっているポストのほうです)、向かいにある老人用アパートでは、手渡しをしたり・・・ということをしました。

昨年はみーちゃんがその老人アパートに行ったようですが、その時にカードを上げた相手のおばあちゃんは、もう涙を流して喜んでくれたとか。それが忘れられず、かなり長いこと・・・そのことを話していました。

今年、さっちゃんは学校の横に建っている家々が担当地域でした。みーちゃんは再度老人アパートだったようですが、今年はポストに入れただけだとか。

それでも、「近所づきあい」としてのカード作成に配る作業は、子供達にとってはとっても大切な思い出になります。

そして受け取った方達も、良い思いでになっていると・・・思います。









posted by ニコラ at 05:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | 学校の世界
この記事へのコメント
素晴らしい学校行事ですね☆
皆で喜びを分け与える〜♪
これって結構簡単なようで、難しいんですよね☆ 絶対貰った人も喜んでいますよ〜☆☆
Posted by pineapple at 2006年12月23日 08:57


pineappleさま
学校は住宅地のど真ん中にあるのが普通のオランダです。なので登下校の時間帯は、学校の周りに車がかなり止まって、結構危ないんです。最近は有料駐車地帯になったのですが、それでも結構違反駐車車両が多く、自転車の子や徒歩の子達が、危ない思いをしている場面を目撃したりします。
違反車両が多いことで、住民達からはかなりのクレームを貰っている学校なので、クリスマスカードを通して、少しでも近所づきあいをという心遣いでしょうね。
まぁ~悪いことではないし、おじいちゃん・おばあちゃんたちは一人住まいの人が多いので、子供達との交流は楽しみなようですよ。
Posted by ニコラ at 2006年12月23日 16:35


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック