2006年12月22日

夕食会



クリスマス休暇まであと1日。明日学校に行ったら、2週間のクリスマス休暇になります。

ということで、今日はお決まりの夕食会でした。

シュペールザールでも、このクリスマスの夕食会は行われ、有志がスープを作ったり、ハーブ入りバターを作ったりして、夕食会の献立は大体決まります。親も参加をして、ワイワイ・がややがと、クリスマスの雰囲気を楽しみます。

そして学校では、親はもう参加は出来ず、担任と補佐の教員、学年によっては親も数名参加をしての夕食会となります。これは授業時間に数えられるので、この日は学校はお昼でおしまい。そして夕方再登校となります。

そしてこの再登校の時には、子供達は皆着飾ってきます・・・特に女の子かな?(笑)

この夕食会の2週間くらい前には、クラスの前には「用紙」が張り出されます。この用紙には、名前を書くようになっています。

「何のための名前・・・!?」

それは夕食会の献立ようの用紙です。基本メニューは決まっていて、どのクラスも同じもが要求されているのですが、そのクラスならでは・・・というものも作れるようになっています。

「ママが得意のxxx」とか、「パパのxxxは絶品だから!」というものを、クラスの皆にも食べてもらうのです。

そしてその結果・・・



kerstdiner2.jpg
逆の角度から・・・
kerstdiner3.jpg
2枚ともみーちゃんのクラスより

kerstdiner4.jpg
これはさっちゃんのクラス。

そして机も衣替えをして・・・
kerstdiner5.jpg
こんな感じにします。

そして食事はキャンドルライトだけで行われるので、雰囲気はさいこ〜〜〜〜!!!


さっちゃん・みーちゃんの学校では、この夕食会の前に「キャロルを歌う時間」が設けられていて、皆一度は校庭に集まります。

そして選ばれた20名くらいの子供達が、合唱団として、クリスマスの歌を5曲くらい歌います。

その時には薪で火もおこされ、大きなスピーカーも設置され、クラスによって座る場所も指定されて、皆で合唱団の歌に耳を傾けます。

今年は運よく、さっちゃんが合唱団に選ばれました。全く合唱団に入らないまま卒業する子もいる中、さっちゃんは選ばれ、当人もびっくり!

今年は皆してサンタの帽子をかぶって歌ってました。(^^;;

kerstdiner1.jpg

これで益々クリスマスムードは高まっていきますね!

今年は4連休になるので、ゆっくりと出来るかな?





posted by ニコラ at 05:46 | Comment(9) | TrackBack(0) | 学校の世界
この記事へのコメント
楽しいクリスマスですね、 貴方も何かお作りになりましたか、 気つとお子さんも喜んだ事でしょう、 今年は親が出ることができないですか、少し寂しいですね、 これから四週間もお休みですか。 何をなさるのですかどこかにお出かけの予定でもありますか。
Posted by ダルマ at 2006年12月21日 22:22


子供が私立に通っていた時は、何かのイベントに付き、持ち寄りがあり、毎回頭を悩ませていました。今ではその事が懐かしいくらい。(笑)
どれも美味しそうな食べ物が並んでいますね♪ ニコラさんは何を作られたの?? 大人が参加出来ないのが残念でしたが、きっと子供達は、大喜びだった事でしょう!!
Posted by pineapple at 2006年12月22日 07:11


楽しそうですね!学校は私立なのですか!今 日本は教育が大変混乱しています。
夕食会なんてとても考えられません。子供達は中学からミッションでしたのでクリスマス会はありました。娘が1年の時のクリスマスに先生がお手製のクッキーを全員に下さり
感激しました。さっちゃん!合唱団に入れて良かったですね!おばさんは劇でマリア様になりたかったけれどなれなかった淋しい思い出があります。
この様な事で子供のこころも育まれて行くのですね。素晴らしいお話しでした。
Posted by ケイコ at 2006年12月22日 09:16


ダルマさん
ちょっと誤解が多いようですが(^^;;、学校の夕食会は授業の一環なので、ず〜〜〜〜っと親は参加できません。小さい学年の場合は、補助として数名の親が借り出されることはあっても、親が全員は行かれません。
またクリスマス休暇は2週間です。毎年同じですね。4週間もあったら、暇をもてあまして、私も困ります~~。(^^;;
Posted by ニコラ at 2006年12月22日 19:47


pineapple さま
オランダの学校は、すべてにおいて「親掛かり」ですね。というか、親のほうが参加をしたがっています。自分達の子供(たち)が楽しめる環境を自主的に作り上げよう!って事らしいです。
なので、この夕食会の食事の準備は、結構親も楽しみにしていたりするようですよ。私なんか「どうしよ〜〜〜」ってあたふたするのに!(^^;;
Posted by ニコラ at 2006年12月22日 19:49


ケイコさん
学校は日本的に言うと「公立」になります。来る人は拒まず・・・なのですが、人数に制限があるので、どの学校もウェイティングリストがあります。兄弟姉妹が通っている場合は2歳くらいから、第一子の場合は3歳くらいから登録が出来るようです。オランダは学区が無いので、親の考え、子供性格を見て、学校を選べるので、そうなるのでは?
私の行った小学校では、1年生がページェントをしました。私は合唱団になり、舞台でずっと立っていて、足が痛くなったのを覚えています。(^^;;
Posted by ニコラ at 2006年12月22日 19:52


皆様へ・・・
私が何を作ったのか興味があるようですね~。(笑)
回答は・・・1枚目の写真のど真ん中にあるものです。そこしか場所が無かったので、そこに置いたのですが、写真を撮ったらど真ん中。ハジカシ〜〜〜。(汗)
これは二人が「作って~~」とお願いしてきたもので、学校の大人たちは・・・子供達は何か分からなかったようで、あまり興味を示さないのですが・・・大人はも〜〜見ただけで大興奮!・・・なものです。
本当は黒いけど、黒いと食べないと思って、卵にしました。そうしたら・・・ぼろぼろと形が崩れて失敗。でも味は良かったようで、さっちゃんのクラスはほぼ完売。みーちゃんのクラスは、まだ小さいせいか・・・半分くらい残りました。

残ったものはまたお持ち帰りで、私達のお腹に入りました~。(^^;;
Posted by ニコラ at 2006年12月22日 19:56


子供達の楽しみなクリスマスにお手がみを書き配って歩くのは素敵ですね、日本ではないことですね。昨年子供さんから頂いたおばーさん今年も楽しみにしていた事とおもいます、 でも今年はポスとに入れて替えれですか、気つとおばあさんは気が付き優しいお子さんと思っておいででしょうね。 とてもいい習慣ですね。 私も欲しいくらいですよ。 お子さんは お爺ちゃん お婆ちゃんにもなさいますか きっと待っていることでしょう
Posted by ダルマ at 2006年12月23日 02:55


ダルマさん
日本の実家には、手紙と一緒に出しました。昨日書き終えたので、休暇にはならない日本では、25日か26日ごろ届くかな?と期待をしています。(^^;;
Posted by ニコラ at 2006年12月23日 16:32


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック