2006年12月16日

クリスマスショー



この時期になると、クリスマスツリーの飾りを大量においてあるガーデンセンターなどでは、「クリスマスショー」と名をつけて、色々なモデルを展示し、購入してもらう・・・という光景を、よく目にします。

しかし今日のクリスマスショーは、シンクロでのお話。


毎年クリスマス前の一番最後の日に、「クリスマスショー」と名づけた練習発表会のようなものが開催されます。

11月の最終日曜日は、ディプローマ取得のための試験があり、その前後から・・・試験を受けない子は前から、受ける子は試験が終わってから、このショーの練習を始めます。

デュエット・グループを、レベル・年齢・グループの大きさを変えながら、「みてくださいね〜〜!!」とお披露目をしていきます。

そして今日はその日でした。今年は10月ごろにあった事故のため、プールの観客席には入れなくなったので、それを利用してコーチ達は「極秘練習」を決行。水曜日は完全に見えないのですが、それでも金曜日は多少は見ることが出来ました。

しかしどの順番でするとか、誰と誰が一緒に泳ぐとか・・・そのよう詳細は極秘。「ついて来ている人たちにも面白くさせたいから」といわれましたが、なんとも・・・。(苦笑)

そして水曜日は、時間を延長して・・・といっても、シンクロで使える時間を全部使っての練習でした。そして帰ってきた二人は・・・


あぁ〜後2回も寝るの〜〜!?やだ〜〜〜!!!!

でもね〜、私にとっては後5回くらい寝てくれてもいいんだけだな!(^^;;

なぜって・・・


クリスマスショーは雰囲気を盛り上げるために、会場を暗くして行います。またバレエやピアノなら、発表会のような意味合いもあるので、いつもとは違った格好で泳ぎます。

いつもは水着(なるべく黒)に白い帽子。

でも今日は・・・水着に飾りをつけます。クリスマスツリーに使うきらきらしたひも状のもの。それを今までの2回は、本物のクリスマスツリーのようにぐるぐると巻きました。

だから留めるのにも時間が掛かります。なにせ、かがっていかないといけないわけですからね。

おまけに、泳ぐ立場としては、「超重い」ということで、今年は却下されました。(^^;;

それでも、ちょっとは飾りをしなければいけませんので、昨日・・・やりました。でも曇っていて暗かったので、太陽がちょこっと顔のぞかせたときに、慌てて二人分。今年は肩から首の部分だけに、白だけを使いました。

そして今日は、学校から戻ってきて、またまた髪の毛をまとめ、赤いひも状のものを留めました。

これなら暗い中でも目立つわ!

って色と形です。(^^;;

何せ二人とも小さいので、水から手や足を出しても、それ程目立ちませんのでね〜。


そして結果は、思惑通り目立ってました!でも頭も白いほうが・・・もっと目立ったかも!?


さっちゃん・みーちゃんはトリオで、グループで、全員で・・・と、めまぐるしく出場し、大活躍。

学校のお友達にも、「招待状」をあげて来て貰いましたが、皆も満足するほどた〜〜〜〜くさん見ることが出来ました。

Kerstshow1.jpg
(これがその招待状。写真は昨年のクリスマスショーより)


今年は大きいお姉さん達が参加をしなかったので、去年よりも時間は短かったのですが、それでも満足いったと思えるほどです。


興奮も冷めないうちにベットタイムが過ぎていることから、急いでベットに行きましたが、さすがに疲れ果てていたようです。

まだまだ小さいな〜って思える瞬間ですね。(^^;;


これで今年のシンクロはおしまい。1月からはまたまた新しい技を身につけるべく練習が始まります!!


*)クリスマスショーの写真は五右衛門が撮りましたが、まだ結果が出ていません。結果を見た上で、アップしますね〜。






posted by ニコラ at 06:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | 風物詩
この記事へのコメント
シンクロの今度は皆さんで見ることが出来よかったですね。 綺麗であった事でしょう。私はテレビでしか見たことがないので良く分かりません。
貴方のお母さんは水中バレエを若い頃に見たと話していました、 今度も近くにいれば見に行きたいとを持っていたことでしょう。 背見て写真だけでも見せてあげてね。 
Posted by ダルマ at 2006年12月16日 05:58


お気持ち察しします☆ どんよりとした天候の中で、コツコツとした縫い仕事は、仕事が捗らないですよね〜★ (汗)
シンクロは、水から出ている場所に限りがあるので、衣装作りにもとってもお気を遣われた事でしょう!!
でも満足出来た演技が出来たのなら、合格点ですね☆
Posted by pineapple at 2006年12月16日 08:18


ダルマさん
シンクロの意味である、「同時に同じ動きをする」というのは、人数が多くなればなるほど、大変になりますよね〜。それを15人くらいで「合わせて」やったのには、驚きました。
日本のシンクロのレベルは高いですからね〜。選手権も頻繁に行われるのではないでしょうか。今度日本に帰ったときには、どこかに見に行きたいですね。
Posted by ニコラ at 2006年12月16日 19:59


pineappleさま
同じこつこつと針を使う編み物であれば、何時間でもやってしまうのですが、お裁縫のほうは・・・どうも気分的にも乗らないとやらないですね〜。(汗)
体力・体の大きさ・出ている場所を考えると、本当はもっと飾りたいけれど、もう水着には出来ないと結果を出し、来年からはもう少し違った飾りにするつもりです。
髪の毛の飾りも、毎年われらの真似をする人が増えてきて(毎年変えてはいるけれど)、だんだんとネタ切れです〜。(^^;;
もうダチョウの羽でもくっつけようかしら!?なんてことを思い始めたハハです〜。(爆)
Posted by ニコラ at 2006年12月16日 20:02


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック