2006年12月14日

妥協策



昨夜の10時過ぎに発表になる予定だった内閣からの回答。予定は大幅に過ぎて、挙句の果ては「明日8時半に」との手紙が国会に提出された模様でした。

しかしこれまた予定は大きく変わり、時間は定かではないのですが、夜中ごろに首相からの回答が、国会にてありました。

それによると・・・



野党側の要求を受け入れ・・・

5年以上滞在している人たちで(2001年以前に申請をした方たち)、子供のいる家庭、および審査の最終段階にある難民移民申請者達の強制送還は、次期内閣が組閣されるまで中止(完全に中止ではない)

内閣の人員はそのまま残るけれども、リタ・フェルドンク女史は移民関係の大臣から法務関係の大臣へと移動(役職を交換した形になりました。)


今日はこれから首相からの事情説明とか、国会討議がまた行われる予定です。


内閣は国会の意思を尊重して、方向転換をした形となりました。「難民移民受け入れ反対!!」を掲げて選ばれた党は、「遺憾だ」とか「理解に苦しむ」のようなことを言っていますが、民主主義が行われたことになりました。

今後はまたどのようになるかは不透明ですが、左派連合で人道的なオランダに戻れるでしょうか。



<追加>正確には移民というより、「難民・亡命者」を限定しているようですので、言葉を変更いたしました。







posted by ニコラ at 19:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | 政治の世界
この記事へのコメント
今晩もニコラさんは、夜更かしですか??
オランダ政治家たちの迫熱ぶりが、こちらまで伝わってくる感じです♪
それに比べて、日本の国会中継は、迫熱する議員達の傍ら、居眠りしている議員達も中にはいるようですからね☆
Posted by pineapple at 2006年12月14日 17:56


pineappleさま
オランダの国会議員たちは、若いのですよ!日本の「当選何回」とか、「名誉のために立候補」なんて法則は通用せず、ディベートで党の中でも這い上がらないと、自分の場所は作れない雰囲気です。
朝は10時ごろから国会は始まり、一番長い夜は朝5時半ごろまで続いた国会討議。私は翌日のことを考えて寝ましたが、五右衛門は夜通し見ていましたね。確かにオランダの国会中継を見ていると、面白いですから、見入ってしまいます。
日本の国会では、質問するほうもその質問を用意しておいて、だらだらと読み、答えるほうも用意をしておいて、それをまただらだらと読む・・・そんな感じですが、オランダでは質問があれば、「その場で」質問が出来ますので、ディベート術がなければ、かわせません。
一言ミスれば、内閣陥没や国会の解散を招きますからね。内閣のほうも大変です。その分、日本より馴れ合いがないので、民主主義の意気込みを目の当たりに体験できますよ!
Posted by ニコラ at 2006年12月14日 19:25


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック