2006年12月13日

オランダのコーヒー



今日もまた食べ物関係ですが(汗)、ミルクジャムではなく、オランダのコーヒーのお話

皆さんはどのようなコーヒーがお好きですか??

日本で好まれているコーヒーは、ブルーマウンテンやモッカなど、酸味の強いコーヒーですね。理由はなぜか分かりませんが、酸味に強いコーヒーほど、お値段もお高くなります。

香りは確かによろしいのですが、私には口当たりがそれ程良くないです。口に入れると、喉が引き締まる感じがします。

我が母はコーヒーが大好きです。朝5杯分(コーヒーメーカーで入れられる最大量)のコーヒーを入れては、年がら年中コーヒーを飲んでいました。緑茶は飲まずとも、コーヒーはいつでも。(^^;;

その母のために、ハワイに行った時にはハワイコナコーヒーを大量に買ってきたし、無くなった後は、ハワイから取り寄せもしました。でもハワイコナコーヒーって、色々なフレーバーが付いていて・・・私はむせ返っていました。(汗)

私がオランダに来てから、母はどんなコーヒーを飲んでいたのかは・・・あまり想像がつかないのですが、オランダに来て飲んだオランダのコーヒーにはびっくりしたようです。


なぜなら・・・?




オランダの面積は、日本の九州ほどです。世界の中では、と〜〜〜〜っても小さい面積です。

しかし!!!!オランダのコーヒー消費量をご存知ですか!?

なんと世界の中で10本の指に入るほど・・・とのこと!!!
(コーヒーをたくさん飲んでいそうなアメリカより、数段上なんですよ!)


確かに・・・五右衛門を見ていると・・・ものすごい量を飲みますよ〜。

五右衛門は朝ごはんは食べれないというので、朝はヨーグルトを300gくらいでしょうか?食べます。ヨーグルトだけではなく、2種類の粉もかけます。(この点はまた別の機会に・・・)

しかしもし五右衛門が普通の朝食を摂っていたとしたら・・・絶対にコーヒーを飲んでいたと思います。

その五右衛門が職場に着いて直ぐすること・・・コーヒーを入れること!!!!

午前中に大きなマグで3杯。これは最低量です。来客があれば、その時間に合わせてコーヒーを用意しておき、一緒に飲みます。

午後からは・・・基本的に五右衛門はコーヒーは飲まないようですが、一般的な職場では、コーヒーを飲むようです。いつでも入れたてのものがあるように、最後のコーヒーを飲んだ人は、男女に関係なく、次の人用に用意をしておくそうです。

そして午後8時から・・・子供達が就寝した後は(10歳くらいまででしょうか?)、大人の時間ということで、コーヒーと甘いものを食べるようです。が・・・我が家では夕食後直ぐにコーヒーを飲んでしまいます。私は1杯、五右衛門は2杯。「人間は足が2本あるから、2杯飲むの!」とか言ってます。(^^;;
でも私は1杯だけ。お腹が弱いので、2杯は無理なんです。

五右衛門ですら1日に5杯のコーヒー。多い人は10杯とかざらなのでは?

そしてどんなコーヒーを飲んでいるかというと、
DEkoffie.jpg

このコーヒーです。

オランダでは豆はあまり売っていなく、もうすべてひかれている状態です。そしてメーカーは、「コーヒーといえばDE(デーエイ)」といわれるダウエ・エグベルツ

もちろんスーパー独自のコーヒーも売っているし、別のメーカーもありますが、コーヒーといえば暗黙の了解で、このダウエ・エグベルツをさします。

そしてこのコーヒーは、日本のコーヒーとは違って、「酸っぱくない」んです!!苦味が強いのです。だから、ミルクやお砂糖を入れれば、入れただけの味に代わってくれます。酸味のコーヒーは、入れてもどこかに酸味が残っていますが、苦いコーヒーはまろやかになってくれますよね?

そして母が驚いたのは、その味。苦味の中にも風味があり、おいしい〜〜!!

我がユトレヒトには、このダウエ・エグベルツの工場があります。毎日コーヒーを作っている訳ではないのですが、コーヒーを作っている日で、風のある日は・・・近所の当たりでも(工場からはちょっと離れているけれど)コーヒーのいい香りが漂っています。でも雨の日は・・・むせてしまうんですけどね。(^^;;


そしてこの会社・・・大きな会社や人が集まる会社などには、それようの大きな機械を納入し、もちろんコーヒーの粉も専用のものを納入しています。

大きな会社であれば・・・1回に20人分くらいは入れられるような機械だし、ガレージや個人経営の会社などでは・・・ボタンを押すとフレッシュなコーヒーを入れてくれるお金の要らない自販機(もちろんお店においてある場合は、お金が要りますが!)など。

それようのコーヒーは、1パッケージが1kgとか2kgとか。大きいです〜〜!!


このコーヒーでも十分苦味があるのですが、「もっと苦いのが良い!」という人用に(?)、

KanisGunnink.jpg
このメーカーがあります。友人宅にお邪魔した時、「入れたてのコーヒーがあるよ〜」ってことで、少しだけいただいたのですが・・・私には地獄の苦さでした!!!

お湯を入れてアメリカンにして、いつもより多いミルクにお砂糖を入れても、飲めませんでした。そう、おこちゃまなんです。(^^;;
でもご当人達は、ブラックのままガブガブ・・・って感じで飲んでいましたね〜。

オランダにお越しの際は、苦味の強いコーヒーを、是非お楽しみください!









posted by ニコラ at 06:09 | Comment(8) | TrackBack(0) | 美味しい世界
この記事へのコメント
オランダのコーヒーとても美味しいでしょう。私の友達のお嬢さんが結婚してオランダに住んでいてお嬢さんから送られてくると私も頂きますがとても美味しいです。 皆さんも一度試してみては如何でしょうか。
私も現在はとりこになりなくなると取り寄せる事になります。
Posted by ダルマ at 2006年12月12日 23:46


夫の親類がインドネシアにいるので、よく、インドネシアのコーヒーを飲みます。私は、砂糖とミルクを入れるのですが、夫の両親は、それを見て、???だったようです(苦笑)。
Posted by ぽん at 2006年12月13日 07:08


シアトルは、スタバ発祥の地なので、アメリカでもコーヒーの街で有名。特にシアトルの中心街へ行くと、屋台を含め、コーヒー屋さんが一ブロック毎にあるほどです。(汗)それでもきっと味は、アメリカン☆
私もコーヒーが大好きでしたが、体を壊してから、しかたなく量を減らしていますが、それでも3〜4杯は飲んでいます☆(笑)
機会があったら、オランダのコーヒーも試してみたいです〜☆
Posted by pineapple at 2006年12月13日 07:13


オランダのコーヒー、コーヒーをあまり飲まない我が家にはちょっときつすぎました。それにしてもみんな、よく飲みますよね〜。職場には、ギュイーンと1回ずつ豆をひくタイプのコーヒーマシンがありましたが、常に誰かしらがコーヒー飲んでましたもん。お店で飲むときは、お湯で割ってもらったりしてました。香りはとってもいいんですけどね〜。
Posted by リエ at 2006年12月13日 13:34


ダルマさん
苦いコーヒーがお好きなら、オランダのコーヒーはぴったりだと思いますよ〜。私はコーヒーを飲まないほうでしたが、五右衛門が入れるコーヒーから慣れていき、今では1日1杯は飲みます。(それ以上はちょっと無理ですが)
Posted by ニコラ at 2006年12月13日 19:44


ぽんさん
インドネシアでは、お砂糖もミルクも入れないでコーヒーを飲むのですか!?私には無理な話です〜。インドネシアに行った際には、コーヒーは頼まないようにします。(^^;;
Posted by ニコラ at 2006年12月13日 19:46


pineappleさま
アメリカのコーヒーは酸っぱめですか?それとも苦めのを薄めに入れているのでしょうか??
ヨーロッパでは多分・・・イタリアやフランスなどでも、苦めのコーヒーを入れていると思うんですよね~。苦めのコーヒーに慣れているからか、日本ではコーヒーが全く口に出来なくなりました。(もともと喫茶店でも頼まなかったけれど・・・)
Posted by ニコラ at 2006年12月13日 19:49


リエさん
確かにオランダのコーヒーは、最初びっくりしますよね!
だからか、「間違ったコーヒー」も生まれたのではないでしょうか?(笑)
私は自宅でも間違ったコーヒーを飲んでますが、五右衛門は「うえ〜〜」って顔してます。(^^;;
Posted by ニコラ at 2006年12月13日 19:51


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック