2006年12月01日

今日はびっくり!



昨日学校で子供達は、体操靴をどこかに置いたそうです。クラスによって違うようですが、教室のどこかに専用のコーナーを作っていたり、ピートたちが入ってくれるように(!?)ってことで、簡易暖炉を作ったり。

そして今日学校に行ったらびっくり!!

ほぼ毎日、みーちゃんのクラスに先に行きます。火曜日は朝体操があるので、送り届けて直ぐに分かれますが、普通はみーちゃんのクラスに行きます。そして大体・・・8時25分ごろになると、さっちゃんのクラスに移動します。そうしないとさっちゃんが遅刻しちゃうから!

今日もこのパターンで学校を回ろうと、先ずはみーちゃんのクラスに行きました。

そしたら・・・・

sint11.jpg
昨夜・・・もしくは早朝!?・・・ピートたちが学校で遊んでいたらしく、おまけに、お片づけもしないまま姿をくらました模様です!!

もう子供達は大騒ぎ!!!

Sint(シンタクラースの愛称)ハートマーク Sanne(担任の名前)と書いてあるのを見て、ニヤニヤしているし、出ているおもちゃで(教材??)遊びだす子もいるし・・・。


sint12.jpg
みーちゃんもあっちに行ったり、こっちに行ったり・・・。冬眠明けのくま状態!

これだとゆっくり話も出来ないので、もうそそくさとさっちゃんのクラスに移動!

・・・と思ったら・・・

さっちゃんのクラスのあるメインの校舎のドアが閉まっているんです!!!

そして張り紙が・・・


「シンタクラースとピートたちの訪問にて、8時半にドアは開きます。・・・シンタクラースより」

この張り紙を見ての子供達の反応・・・。

年齢の大きい子達・・・「ったくも〜、またかよ!」(^^;; (昨年も同じだった)
年齢の小さい子達・・・「きゃ〜〜〜!!ピートが来たの!?」(興奮を隠せない!!)


12月5日のプレゼントの日まで1週間を切り、校内の飾りもいっぱい増えました。

そして今日は・・・「ちょっとだけ遊びに来た」シンタクラースとピートたちが、休み時間に子供達と遊んだり、チョコレートやペイパーノーチェスを貰って食べたようです。

学校から帰ってきてもその興奮は冷めていず、五右衛門が帰宅した途端に、まぁ〜二人してしゃべる、しゃべる!


勉強したことは忘れても、ピートたちと遊んだことは忘れないようです〜。(^^;;




posted by ニコラ at 06:08 | Comment(6) | TrackBack(0) | 学校の世界
この記事へのコメント
おもしろいです!!!日本にもこういうことがないかなあ?そうしたら、楽しくて仕方がないですよね。
Posted by ぽん at 2006年11月30日 22:15


どれを見ても甘そうでおいしそうですね。さぞかし子供達は喜んだこてでしょう。私も食べてみたいですよ。一年に一回の楽しみですね。何処の国でもクリスマスを待つ子供達がいるのでね。 せめて10歳ぐらいまではサンタクロースのおじいさんがいることを信じて欲しいですね。
Posted by ダルマ at 2006年11月30日 22:25


良い想い出になってよかったですね〜☆
きっとこういう想い出って何時までたっても忘れないでしょうから・・・
Posted by pineapple at 2006年12月01日 06:53


ぽんさん
絶対に日本の学校にもあったら、面白いと思いますよ!でも日本の先生達・・・ここまでのユーモア・・・あるかしら!?
Posted by ニコラ at 2006年12月01日 22:37


ダルマさん
お菓子は・・・本当に甘いですよ!歯がとろけそうです。
脅し文句として、「シンタクラース」を使うと、結構効果があるんですよ。オランダでは、サンタクロースは信じていなくても(もう最初から想像の人物だって思っているみたい)、シンタクラースのことは・・・結構大人でも・・・どこかで信じているようです。(^^;;
Posted by ニコラ at 2006年12月01日 22:40


pineappleさま
大人もいろんな「シンタクラース」を体験してきて、それを思い出しているかんじですよ。シンタクラースが到着する時も、子供達だけではなく、大人もものすごく興奮していますから!
1年に1回・・・人が皆、穏やかになれる時期ですね~。
Posted by ニコラ at 2006年12月01日 22:42


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック