2006年11月14日

書き方・・・2



昨日に引き続き、学校での書き方への取り組みについて。

今年からグループ3・4の子供達は、鉛筆にゴム製の「正しく持てる器具」を取り付けています。かならず親指・人差し指・中指の3本で鉛筆が持てるようになるものです。

大人でも、人差し指と中指がくっついて、薬指も巻き込んで持つ人がいますが、それが出来ないようになります。

最初は持ちにくいと思っていても、子供と言うのは(特にこの年齢は?)柔軟性が高いようで、1ヶ月も毎日使っていると、それほど苦ではなくなるようです。

そしてグループ5からは・・・


今年も最初の2ヶ月は「万年筆」を使っていました。

万年筆を使う理由は、先ず第一に「消せないこと」。消せないので、汚く書いても・間違えても・・・そのままにしておくしかありません。

また、万年筆で書く場合、ペン先に力を入れてはつぶれてしまうので、筆圧をコントロールするためにも使うとか。押し付けずに、流れるようにペンを走らせる・・・。

大人であれば、ある日突然万年筆を渡されても、それなりに書けると思いますが、子供達にとっては天地がひっくり返ったような世界のようです。(^^;;

8月から始まったこの万年筆での書き方のクラス。普通の授業は30〜45分くらいで終わりますが(日本のような授業の振り分けはあってないようなものです。)、この万年筆でのクラスは、午後中いっぱい・・・つまり2時間・・・とかを使ってあったようです。

先ずは持ち方から。そして書くときの注意事項。そして「手が汚れないように」する注意・・・などなど、気をつけるところがたくさんある上に、なかなか書けないということもあったようです。

そして学校側は・・・

pen1.jpg
こういうペンを用意しました。
(これは右利き用のものです。)

これは万年筆と同じようにインクで書くのですが、ペン先はボールペンのようになっています。おまけに、3本の指で持てるように形が決まっています。そして手のカーブに合わせてあるので、何があっても持つ位置は決まるようになっています。

ペン先ではないために、筆圧のコントロールをどうするのかはちょっと分かりませんが、手が汚れる心配はなくなったとか。またペン先ではないので、ペン先が壊れることも無くなりました。(^^;;

子供達にとっては、ちょうど万年筆で書くことになれてきた時期に、このペンになって、何だか書きにくいようですが、それでも書き方のクラスを楽しんでいるようです。

さっちゃんはゆっくり書くと綺麗なのですが、字の高さ(fやpなど)を忘れて書いたり、似た形の字(u・aなど)などもあわてると・・・自分でも分からなくなったりと、性格が出ています。(^^;;


でもこの書き方のクラスのことを参考に書くように言うと、かなり覚えているようで、字が違って見えますから、不思議ですね〜〜。


みーちゃんはこれから筆記体を覚えていきますから、書き方のクラスといっても、まだまだ万年筆も、このようなペンも使いません。それが悔しくて仕方がないみーちゃんです。でも最初に、字がひっくり返らないように書けないとね!(^^;;






posted by ニコラ at 22:22 | Comment(8) | TrackBack(0) | 学校の世界
この記事へのコメント
字の書き方ですか。鉛筆の持ち方を習ってペンで書くのも消えないのでとてもいいと思います。私も字はとても下手な物でそのような練習でもすれば気つともう少し上手に書けるようになったと思います。お子さんの成長楽しみですね。
Posted by ダルマ at 2006年11月14日 22:30


確かに日本の子供の鉛筆の持ち方は、悪くなっていると思いますねえ。
6年生でも、へんちくりんな持ち方をしている子供が数人います。鉛筆で書いた字を消しゴムで消せるように、ゲームをリセットすれば、最初からやる直せるように、人生もそう出来ると思っている子供が多い日本です。そうやって、消えないもので書く姿勢が大切ですね。
Posted by ぽん at 2006年11月15日 00:50


汚く書いても消せない、筆圧を覚える・・・
と子供の時から難しい事を叩き込まれるのですね☆
でもこの裏には、子供達は頭も体も柔軟性で、何でも直ぐに吸収する事が出来ると言う事に繋がるのでしょうね〜☆
Posted by pineapple at 2006年11月15日 15:00


うちの娘は右の薬指にペンだこがあります。
鉛筆を中指と薬指で支えてますダー( ̄∇ ̄;)
もう直そうにも手遅れですダー(涙)
Posted by エミリア at 2006年11月15日 16:44


ダルマさん
私も書き方の時間には、フェルトペンで書いた覚えがあります。でも役になっていたか・・・と言うと謎ですね。(^^;;
私も字はあまり綺麗にはかけないので・・・。最近漢字はますます形が取れなくなってきています。(汗)
Posted by ニコラ at 2006年11月15日 20:10


ぽんさん
人生をリセットや消しゴムで消せたら、どんなに楽か・・・。大人になると、鉛筆ではあまり書かなくなりますから、小さいときから体験をしたほうがいいということでしょうか。
Posted by ニコラ at 2006年11月15日 20:12


pineappleさま
大学のときに読んだ本では、オランダのお隣のドイツでは、字を習うときには最初から万年筆だとか。そして教えてくれた先生の字体を、そのまま覚えてしまうそうです。
オランダでも、学校によっては最初から万年筆の学校もあるようですが、字の形を覚えて、その形を間違えずにかけるようにするほうに、二人の通う学校は重みをおいているようです。
筆圧が高い子は、肩・背中に力が入りすぎているそうです。それを取り去るために、万年筆。ん〜〜〜、難しいですね〜。(^^;;
Posted by ニコラ at 2006年11月15日 20:16


エミリアさん
お嬢さん・・・ちょっとヤバイっすよ!年齢にもよるけど、直せるのでは?あきらめずに、頑張ろう!!
Posted by ニコラ at 2006年11月15日 20:18


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック