2014年06月01日

きゅうりの時期



数日前ですが、何かのスポーツ番組(?)を見ていたときでしょうか。面白い表現を耳にしました。

なんでそう言う表現をするかな〜・・・と、頭を傾げたくなっちゃう表現。

タイトルから想像がつくかと思いますが、「きゅうり」が主役の表現なんですよ!


何かというと・・・


オランダはかなりのスポーツ大国だと思います。毎週のように行われている自転車ロードレースのチームも存在するし(大手スポンサーはドーピング疑惑で、スポンサーから手を引いたけど)、スピードスケートだって強いし、水泳だってそこそこだし、今年はテニスでも頑張っているし。

これから始まる(はずの)サッカーワールドカップにだって出場するしね!

特に5・6・7月っていうのは、スポーツ選手・観戦者共に、と〜〜〜〜っても忙しい時期だと思うんですよ。だって、まずイタリアでジロがあって(ロードレース・5月)、テニスの全仏オープンがあって(5−6月)、その後クイーンズがあって(テニス・6月)、その後またウィンブルドンがあって、ツールドフランスが合って、重なるようにサッカーワールドカップだし。

それに今は、今年はオランダで開催されているホッケーのワールドカップもやっているしね〜。

ここ数日で、えらく忙しい日々になった気がしましたけど、先週は・・・・イタリアのジロしかなかったって事もあってか、テレビで・・・

「今はきゅうりの時期ですからね〜」
(オランダ語ではkomkomertijd)

・・・って言ってたんですよ。

は〜〜??きゅうりの時期???なんじゃそれ!?
何故にきゅうり??
きゅうりの何の時期??

調べてみると、「きゅうりの実のなる時期」をあらわすらしく、意味としては「(ニュースなんかにとっての)閑散期」なんだってさ!

きゅうりの実がなる時期は、きゅうりしか実がつかない??
そんなこった〜ないと思うけど、なんだかかわいそうな意味に使われちゃってるきゅうり。

きゅうりを見るたびに、「閑散期か・・・・」思ってしまう私です。

でもその時期が過ぎて、今週からえらくスポーツの話題にあふれているオランダ。きゅうりの実がつき揃った・・・って事でしょうかね〜。(笑)







posted by ニコラ at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | オランダ語の世界
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック