2006年09月25日

信号のお話。。。その1



日本の信号は、どんなか・・・直ぐに言えますか??

赤がどちら側で、青がどちら側か・・・・。

立っている場所は??


私は立っている場所はすぐに分かりますが、色はどちらがどんな色をしているか・・・思い出すまで時間が掛かりました。(^^;;

それだけ意識をして見た事が無いってことなんでしょうが、日本には数種類の色のパターンがあるように思えます。


オレンジ色っぽい赤、緑っぽい青に、青っぽい青・・・。
それに縦型とか、横型とか。

でもメインは横型で、左から青・黄・赤だと思います。



一方のオランダの信号機は・・・
先ずは写真を3枚。

分岐点の信号・・・右折は高速行き(Autoweg)




大学のある付近の信号・・・(Autoweg)




家に帰る途中の一般的な信号(Autoweg)



信号の写真をたくさんとっても、こんな写真にしかならないので、この3枚だけのせますが、この3枚だけで、共通点が分かりますか!?

まず、信号機は縦型です。横型の信号機を見たことがありません。

また1車線につき、1信号機です。

次に、方向により信号機は分かれています。日本の合体型ではなく、左折は左折専用、右折は右折専用・・・、2方向が一緒になっているものも中にはありますが、それは道路に方向が指示されているので、その2方向専用の信号になり、別方向への信号は別に設置されています。


そして立っている場所は、十字路の自分の目の前です。日本の信号機は、道路を隔てた所に、自分が従う信号機が着いていると思いますが、オランダでは停止線の直ぐ上くらいに、自分の信号がついています。(写真2・3枚目を参考に)

先頭の数台にはその信号が見えないので、3枚の写真のように、下のほうに小さな補助信号がついています。


写真では見えませんが、信号機の下のほう(青の下に)には、数字が書かれています。

12.1とか、3.2とか。


これは信号機の番号です。最初の数字が信号の数字で、2番目の数字がその信号の中で何台目かです。

つまり4車線あり、4つの信号があれば、12.1〜12.4までの数字が、信号機にはつけられていて、動かなくなった時にはその数字でシステムをチェックする・・・ってことらしいです。

でも12.1で動いている信号は、オランダ中で1台ってことではなくて、たくさんありますから、チェックするといっても大変なんでしょうけれど。(^^;;


オランダでは「信号機は事故の元」と言われるほど、信号機を嫌がります。信号機が動いていない場合でも、交通ルールが整備されているので、警察官が交通整備をする・・・なんてことも無く、信号機があるときよりもスムーズに流れます。


それでも小心者の私は、信号機が無い時はと〜〜〜〜っても緊張するんですけれどもね!






posted by ニコラ at 03:35 | Comment(6) | TrackBack(0) | オランダ
この記事へのコメント
ここまで信号機に注意して見た事がありませんが、アメリカの信号機は、横型だったり縦型だったり、ぶら下がりタイプと固定型の2種の気がします。ぶら下がりタイプは、大風が吹くと故障し、不便になることがしばしば・・・
日本語だと赤、青、黄色と言ったと思いますが、英語だと青がなく、緑色と言わないといけないので、未だに慣れません。(笑)
Posted by pineapple at 2006年09月26日 03:22


pineapple さま
やはり英語でも「緑色」ですね!オランダ語もです。おまけに、黄色ではなく「オレンジ」です。(確かにオレンジっぽいけど・・・)一緒なのは赤だけ!
アメリカでは、信号機が不通になった場合の法則は、ちゃんと用意されているんですか?それとも、「お互いに譲り合いましょう」ですか?
Posted by ニコラ at 2006年09月26日 05:55


北海道も縦型が多くなりました。それは、雪や風のせいだとか。でも、こんなにたくさん、あると、良いですね。見やすいです。日本だと交差点に4つ、もしくは、それよりも、少ないので、危ないなあ。って思うこともあります。
Posted by ぽん at 2006年09月26日 07:17


ぽんさん
雪は水なので、重いですからね。壊れないような対策も必要ですね。
オランダの信号は、基本的に1車線に1信号なので、ちゃんと見ていれば、間違えることはないのですが、それでも信号機を変えた後など・・・右折専用の信号ができたりすると、間違えます。(^^;;
Posted by ニコラ at 2006年09月26日 20:44


信号機が不通になった場合の法則は、「4-way stop」と同じルールを活用します。
このルールは、同時にストップラインに停まったら、右側の人が優先ですが、かなりいい加減なルールです。結局は、譲り合いかな??
オランダでは如何ですか??
Posted by pineapple at 2006年09月27日 02:32


pineappleさま
オランダも似たようなルールですが、交差点やロトンデによって変わってきます。それはすべて、路上や標識で指示されています。その指示がない場合は、「同等の交差点」になり、その場合だけ右側が優先になります。これは信号がない場所では、普通です。
信号がある場所では、「優先路線」が指定されています。その標識が路上にたくさんあるので、わかります。また、信号機にとか、信号の前後に優先のままか、優先から外れるかも指示されているので、優先なら突っ走り、優先から外れる場合は「さめの歯」で止まっています。(そういう記号が路上に書いてあります。)

このルールはオランダだけではなく、EUとして統一されているようなので(自転車ロードレースを見ていると、どこでも同じ様な標識が見えるんですよね〜EU内では)、1回覚えるとEU内ならどこでも大丈夫!
Posted by ニコラ at 2006年09月28日 03:39


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック