2006年09月23日

練習の成果



シンクロのテープを貰ってから、みーちゃんが自主トレをしていることは書きました。

その成果を見ようと思っていたのですが、先週から観覧席には入れなくなってしまいました。なぜなら、その前に観覧席の柵の間に子供が挟まったとか言う事故があり、プール側・クラブ側双方が、事故があったら観覧席は開けないという法律にのっとって、封鎖をしてしまったからです。

1時間以上も見えない練習風景を、プールにて待っているのも体が疲れますので、自宅に帰り、コーヒーで一服をしてからお迎えに行くことにしました。

そして先週の金曜日・・・。


さっちゃんの水着を誰かが持っていってしまったらしく、どこを探してもなかったとか。更衣室にいた子達に、かばんの中を見せてくれるように頼んでも、誰も見せてくれなかったとか。

一緒に探してくれた子と、さっちゃんはかなり憤慨していました。

そして自宅に帰ってから、さっちゃんは五右衛門に訴えました。

そして五右衛門が噴火しました。(^^;;

かばんの中を見せてくれと頼んで、嫌だと言うのは、隠すことがあるからだ!それは泥棒ではないのか!?


コーチが自宅に帰る時間頃、事情説明のために電話をし、「もし水着が戻ってこなかったら、残念だけれどシンクロは辞めますので」と伝えました。

間違って持って帰ってしまったとは思うけれど、かばんの中を見せてもらえなかったためにその結論に達したため、「こういうことは良くあること」とは言われても、納得が出来ないため、仕方がないです。


そして水曜日。

コーチ達は、私達が本当に来るのか、練習もするのか不安だったようですが、姿を見つけて端の方で話をします。

やはり一人の子が、間違えて持って帰ってしまったらしく、水曜日に持ってきてくれたのでした!

そしてごめんなさいと。

これで無事にシンクロを続けられ、来月の選手権にも参加をします。

そして一生懸命に練習をしていたみーちゃんも、今回の水着事件でちょっと不安がよぎっていたようですが、無事に練習の成果を披露できそうです。


コーチによると、やはり自主トレの成果は手に取るように分かるようです。さっちゃんに比べて、「音に対して敏感」に反応が出来るとの事。曲を聴いて動いているうちに、自然と体が反応できるようになっているようです。

でもさっちゃんは・・・「覚えているもん!」と練習をしないので、音より遅れるとか。

シンクロの意味として、同時に同じことをする・・・と言うのがありますが、二人でばらばらの動作をしていたら、シンクロの意味がないでしょ!ってことで、二人での練習を強制的にさせ始めました。(^^;;


あと1ヶ月で選手権です。大丈夫なんでしょうか・・・?




posted by ニコラ at 05:40 | Comment(4) | TrackBack(0) | みーちゃんの世界
この記事へのコメント
さっちゃん大変でしたね。でも水着が出てきた良かった事。五右衛門さん例のごとく爆発ですか。
私の娘も小学生のときに体操の時にブラウスを間違えられて先生が余っていたものを着せて帰ってきたことがあります。子供には名前と一緒に刺繍で蝶をブラウスのすそにしましたがやはりで出来ませんでした。でも出てきただけ良いですよ。
Posted by ダルマ at 2006年09月23日 08:53


ダルマさん
お子さんはそういうことがあったのですか!学校の先生も大変でしたね。
五右衛門はいつものとおりの大爆発で、さっちゃんも大泣きでした。
さっちゃんがかばんの中を見せてと頼んだ時、その子はもう帰ってしまっていたとか。運が悪かったようです。
でもこれが2回目なんですよね。前の時はパンツでした。それは出てこなかったな〜。
Posted by ニコラ at 2006年09月24日 02:59


何処の国でもお母さんは子供の着て出かけたものに関心がないのでしょうか、自分の子供の来る物には自分が買って着せているので分ると思いますがね。洗濯をして干すときにも気が付かないのでしょうか余り関心をしていないのですね。此れからもあると思いますので気よ付けてね。
Posted by ダルマ at 2006年09月25日 07:25


ダルマさん
本当に不思議です。ただこちらでは、14・15歳になると、年間に指定された時間内であれば、自由に仕事ができます。健康保険も独立し、税金の戻りも申請できたりします。
そういう年齢になると、1ヶ月に使う洋服代は200ユーロになる子供もいるとか。すべて自前です。そうなると、親は知りませんね。
ただ下着なんかは、わかると思うんですけどね・・・大きさを見れば。
Posted by ニコラ at 2006年09月26日 05:48


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック