2006年09月07日

予感



月曜日に、洗い物をしている時、ボールの中でお皿が割れました。でも割れていることは知らず、洗い物を続けていました。

すすぐ段階で初めて、お皿が割れていることが分かりました。初めての経験です。自分ではそう思っています。

お皿を落とした覚えはないし、洗っている間にお皿が割れたという経験もありませんでした。

割れたお皿を見て、背筋が寒くなりました。

急いですすぎを終えて、日本の両親に電話をしました。

無事でした。と〜〜〜〜っても安心しました。

五右衛門にも電話をしました。私が理由もなく電話をしたので、驚いていたけれど、やはり無事でした。


しかし・・・

今日の母からのメールで、父の妹の旦那さんが他界されたことを知りました。偶然かもしれません。

でもあの背筋が寒くなった覚えと、割れたお皿の形が、どうしても頭から離れません。

昔の人は、くしは自分の分身だといったり(女性の場合)、xxが割れたら・折れたら・・・など、普段ではめったに起きない事を例に挙げて、不幸と結び付けていました。

けれど、本当にあるんだ・・・って今回は思いました。


金魚に続いて身内までもが他界するとは・・・。


ちょっと落ち込んでいるニコラです。




posted by ニコラ at 03:42 | Comment(8) | TrackBack(0) | ニコラの世界
この記事へのコメント
本当に何でも割れると変な予感がすると言いますが実際に貴方の親戚にありましたね。 両親が貴方から電話で吃驚したことでしょう
でも何も無く良かったですね。
遠く離れているので何時もあなたのことを話していますよ。何があつ手もお互いにすぐ行かれず大変だと話しています。くれぐれもお体に気よ付けてお幸せに
Posted by ダルマ at 2006年09月07日 07:25


私も遂先日ガラスの計量カップを落として、割ってしまいました。
これも何かの前触れなのでしょうか??
まだ何も連絡は頂いていないので、大丈夫だとは思っていますが・・・(案外呑気でいます)
遠くにいると、もしもの時に、直ぐに飛んでいけないのだけが心残りです。
Posted by pineapple at 2006年09月07日 07:43


ニコラさん、お久しぶりです。
やっとブログにお邪魔できました☆
(最近全然お友達のサイトを覗いていなかったので。)
お元気にしてらっしゃいますか。

実はこちらの地方では、お皿などが割れるとすごく喜ぶんですよ。
悪いものが人に当たる代わりにお皿に当たった。身代わりになってくれた。そんな風に感じるようです。

私も遠くはなれた日本の親戚のことが気がかり……。とても変な夢を見て、急に父のことが気になり、急いで連絡をとったことがあります。
Posted by 哲郎の母 at 2006年09月07日 22:01


ダルマさん
お皿を自分で割った感覚があれば、それ程怖いとは思わなかったと思います。でもボールに入れた後、取り出したら、ほぼ真っ二つに割れていたので、怖くなったんです。
でも両親には何もなく、本当に胸をなでおろしました。
Posted by ニコラ at 2006年09月08日 05:40


pineappleさま
今回も、自分に意識があれば、「あ〜、割っちゃった・・・」で終わったと思います。でも、お湯から出したらほぼ真っ二つ。本当に呆然としました。
海外でなくても、距離があれば直ぐには飛んでいけないので(小笠原とか、かなり大変そうですからね・・・)、海外だからとか、日本国内だから・・・ってことはないと思いますが、確かに海外からだと、飛行機の予約が大変ですよね。
Posted by ニコラ at 2006年09月08日 05:42


哲郎の母さま
お元気ですか?
そちらでは、お皿が割れると喜ぶって、日本と逆ですね!でも今回は・・ちょっと日本風になってしまいました。
里帰りのたびに、両親が年をとっていくのがよく分かり、心の準備だけではなく、他の面でも準備が必要だな〜って感じてしまいますね。
Posted by ニコラ at 2006年09月08日 05:49


私は、先日、ポットで右手を切って、5針も縫ってしまいました。表面上は、きれいに治っていますが、ぶつかったりすると、まだ、痛いです。昨日は、包丁で左手を切ってしまい、とうとう、両手が痛い状況ですぅ・・・とほほ(涙)。私も両親のことは、すごく、心配です。でも、なかなか帰れず、つらいです。ニコラさんのお気持ちがよく、分かります。
Posted by ぽん at 2006年09月08日 10:01


ぽんさん
手は大丈夫ですか!?大変ですね。
父も手を手術したのですが、やはり天気によってでも痛くなるようです。暫くはまだまだ大変だと思うので、無理をしないでくださいね。
子供が大きくなるのと同時に、自分の親は年を取っていくんですよね。たまに会うと、前回のときとの差がはっきりと分かってしまうから、辛いですよね。
Posted by ニコラ at 2006年09月09日 05:25


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック