2006年09月02日

めだか



2002年には、10年に1回という大規模な花博「フロリアーデ」がありました。その年にはもう学校に行き始めていたさっちゃんですが、7月には日本からオーマが遊びに来ました。

運が良いのか悪いのか・・・その時期に水疱瘡をしたさっちゃん。家から出られない時期がありましたが、オーマが来ている間に、「10年に一度なら!」ってことで、フロリアーデにも行きました。

丁度都合のつく日は金曜日。歩き始めていたみーちゃんですが、敷地内は広いと聞いていたので、バギーを持参。しかし、バギーを見たとたんに、「乗る!」と言って聞きません。でも砂利道ではバギーは動かず、五右衛門の説得の元、暫くは歩いてくれた・・・・なんて思い出があります。

そしてこのフロリアーデでは、毎日何処かのパビリオンが、何かの催し物をしていました。行った日は運よく「日本の日」!

夏祭りを題材に、子供達に遊んでもらっていました。

そしてはじめて体験する「日本の夏の遊び」。お祭りを想像すればすぐ分かるようなものをやっていました。

ということで、さっちゃんは・・・・

金魚すくいに挑戦です!

でもまだ4歳でしたから、水に入れただけで和紙は壊れていました。(^^;;

ご愛嬌・・・ってことで、お約束の金魚を2匹もらいました。行った時間はまだ早かったので、それから帰宅するまで、ず〜〜〜〜〜っとビニール袋に入っていた金魚たち。それでも元気にしていました。

翌日は家の裏手にあるガーデンセンターに、金魚鉢を買いに行きました。思ったようなものがなく、プラスチックの入れ物を購入。「金魚すくいの金魚は短命」と思っていたので、それでも十分だと思ったのでした。

その後引越しも経験したその金魚たち。1匹は死んでしまいましたが、まだ1匹は、途中で死にそうになりながらも、まだ健在です。

そして五右衛門の意見で「小さい魚」として買ったメダカと思われる魚たち。(選んだのは私ですが・・・)これが巨大化したんです!

メダカと言うと、普通は5cmにもなれば大きい!って思いますよね?でも私が買ったメダカらしき魚達は、金魚よりも身長があるんです!

オランダ語で「kleintje」=チビと呼んでいたのですが、その名前がふさわしくないほど!

「大きな金魚の間を、小さな魚が泳ぐ」構図があったはずだけれど、逆になってしまった感じです。

しかしそのメダカらしき魚達。7月の暑さも乗り切ったにもかかわらず・・・連日の暑さで、水槽の水がかなり蒸発して、温まっていたので、毎晩氷を入れて冷やしていたのですが・・・。

この1ヶ月の間に、残っていた3匹が全て他界してしまいました。

最後に残っていた一匹は、ここ1週間で、何回も心臓発作を起こしていた感じで、「もう駄目かも・・・」と思いながらも、バケツに入れて様子を見ていました。暫くすると元気になるので、また水槽に戻すと、またお腹を上にしてしまう・・・と言うのを繰り返していました。

そして昨日・・・。やっぱり夜になって、お腹を上にしていたので、バケツに入れておいたところ、朝は元気に。でも4時過ぎに帰宅したら、もうまったく息をしていませんでした。

さっちゃん・みーちゃん共に、一気に魚が3匹も死んでしまって、びっくりしています。ネットで調べると、メダカの寿命は3〜5年だとか。あのチビちゃんたちがメダカであれば、丁度寿命が合います。

でもやっぱり、寿命とは言えどもちょっとしんみりしちゃいますね。

7月に貰ってきた水槽は、かなり準備が出来ました。台はペンキを塗ったし、水槽と鉄が接しないように、テープも貼ったし、水槽に入れる新しい小石も買ったし・洗ったし、飾りも買ってきたし。

あとは今の水槽の水を移動させたいけれど、小さい水槽とは言え重い!!!完全なる設置までは、あと少し掛かりそうだけれど、残っている金魚3匹は、きっと気に入ってくれるような水槽になりますよ〜〜!!

様子を見て、また小さいままの魚を購入するかもしれないし。

ちょっと悲しいけれど、お墓も作ったし、埋葬もしたし、思い出もあるから、大丈夫!


posted by ニコラ at 05:26 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日常生活
この記事へのコメント
 残念ですね。とても皆さんで大事にしていた金魚 其れとも めだか?でも凄く長生きしていましたね。貴方のお母さんから聞きましたよ フロリーアデに行き金魚すくいをしたこと子供さんが初めての経験で吃驚した事でしょう。
でも残念ですね。
Posted by ダルマ at 2006年09月02日 07:47


しんみりしちゃいますよね。でも、命の尊さを体験したことでしょう。うちもこの間、どじょうすくいで、どじょうがやってきましたが、水槽にどじょうが隠れるところとして、炭を入れてあげて数日、全部、死んじゃいました。どじょうは、泥の中に住んでいるだけあって、だめだったんでしょうかねえ。う〜ん。でも、学校に分けたどじょうは、まだ、元気に過ごしているようです。
Posted by ぽん at 2006年09月02日 08:44


ダルマさん
メダカが他界しちゃいました。全滅です。メダカの寿命が3〜5年とのことなので、丁度時期ではありますが、立て続けとなると、やっぱりショックは大きいです。
Posted by ニコラ at 2006年09月03日 16:32


ぽんさん
ドジョウですか!いいですね〜。でも柳川を思い出してしまいました。(^^;;
やっぱりドジョウも、環境に左右されるのでしょうね。やっぱり水中動物は、犬や猫たちに比べて、ちょっとは難しそうですね。
Posted by ニコラ at 2006年09月03日 16:34


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/23138074
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。