2006年07月29日

ちょっとホームシック・・・?



今日は五右衛門がロッテルダムに行ってしまった上に、さっちゃん・みーちゃんも時間さえあれば、外で遊んでいましたね〜。気温も25度くらいで、ちょうど気持ちが良かったです。(でも五右衛門は、かなり暑かったと言っていました。)

そんな一人の時間・・・久しぶりに日本のCDをかけました。それも「美空ひばり」さん!(^^;;

たった1枚ですが、彼女のCDを持っています。亡くなられる直前の2曲が、とても好きなのです。とても静かにしみこんでいく・・・心が落ち着いていって、安心する・・・・そんな曲ですよね。

でも今回は、安心しすぎてしまったようで(^^;;、この2曲が流行っていた時の事を思い出していました。


特別に美空ひばりさんの大ファンではないですが、彼女の歌唱力・声の質には惚れ惚れとしてしまいます。まだ私が小さかった頃・・・ひばりさんの曲で「祭り」を題材にしたものがあり、それが大好きでした。

「ナツメロ」の番組で、その歌が流れると、一緒になってウキウキと体を動かした覚えがあります。(^^;;

そのかなり経って、ひばりさんが病気と知り、驚きました。それも、呼吸をするのが難しい病気だったと記憶しています。

ひばりさんの最後のコンサート・・・東京ドームだったと思いますが、この時には、控え室では酸素吸入をしていたとか。しかし、一度舞台に立つとなったら、強靭にも息苦しさを跳ね除けて、コンサートを最後までやり遂げましたね。

脱帽です。

特にひばりさんの場合、息継ぎの雑音が全く聞こえない・・・歌う側としては、とても苦しい方法だと思います。どんなに有名なオペラ歌手であっても、息継ぎの「ハ〜」って雑音は聞こえます。しかしひばりさんの場合は聞こえません。

これは聞く側にとっては、とても心地いいですよね。でも普通であっても苦しい歌い方だと思うのですが、それが酸素吸入をしていた時でも、そのような歌い方が出来る・・・驚きました。

愛燦燦・・・小倉桂さん(字はあっているでしょうか?)が歌ったのも聞きましたが、私はやっぱりひばりさんのほうが好きです。

川の流れのように・・・何かにつまづいた時に、自信・勇気を持たせてくれる歌ですね。


今日は別に落ち込んでいたり、つまづいていた訳ではないですが、ひばりさんの曲を聴いて、ホームシックになってしまいました。(^^;;





posted by ニコラ at 21:10 | Comment(4) | TrackBack(0) | ニコラの世界
この記事へのコメント
ひばりさんの歌を聞きホームシックデすか。あの方の歌を聞くと私も懐かしく思います。 とても優雅な時間を過ごされたのではないでしょうか。 何かとお子さんの事ご主人の事が気になりご自分の事を考える事ができずにいたのでしょうか。 又今年は実家に帰れず何かと少し寂しかったのではないでしょうか。お子さんもやはり同じようにお母さんの実家に行かれないのはとても寂しく思っていることでしょう。来年には帰ることが出来ますように帰りましたら私の家にもお寄りくださいね。
Posted by ダルマ at 2006年07月30日 09:11


ダルマさん
今回は気を入れて聞きすぎてしまったようで、この曲が全く頭から離れません。(^^;;

今年の夏休みは、今後のことを考える意味でも、色々とすることがあり、それでも暑くてへばっていたので、昨日は久しぶりにのんびりした〜って感じです。

五右衛門の仕事の関係で、明日のことも予定が立てられないけれど、1年後のことも全く立てられません。立てても・・・ドタキャンとか変更とか、日常茶飯事なので。
実家でも振り回されていると思います。(^^;;
Posted by ニコラ at 2006年07月31日 03:59


余り深刻に感がへると精神的に毒ですよ。貴方なら何とか頑張れるのではないでしょうか。お子さんの事も考えてくださいね。
Posted by ダルマ at 2006年07月31日 07:14


ダルマさん
短期間であれば、何とか頑張れても、もう丸6年ですからね〜、五右衛門が独立させられてから。終わりのない長いトンネル状態です。五右衛門もかなり堪えてきていますね。
もちろん子供達の前では、そういう話はしませんが、時たま難しい顔をしているようです。やっぱり生活が掛かっていますから、いつも頭のどこかにあるんですよね。
Posted by ニコラ at 2006年07月31日 16:19


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック