2006年07月27日

クレジットカード・・・続き



「クレジットカード」にて、五右衛門の会社のクレジットカードが大変なことになったと、最後に書きました。

察しの良い方なら、もうお分かりでしょうね。

でももうちょっと引き伸ばして・・・・(^^;;


会社のクレジットカードを、どれくらいの頻度で使っていたか・・・・となると、年に10回も使いません。合計金額も・・・500ユーロくらいでしょうか?

何に使うかと言うと、会社で使うソフトのダウンロードとか、更新料です。最近はCD/DVDなどは配布せず、ネット上でダウンロードなりグレードアップなりが主流ですから、時代遅れのソフトをアップデートするのに使っていたようです。

それでも毎月とかではなく、1ヶ月に集中して・・・って感じです。


それが、6月に送られてきたクレジットカードの明細書・・・・


明細書とは知らずに、玄関の階段においておいた私。数日してから、五右衛門が見つけ、会社で開封をして慌てたそ〜な。

そう、「不正利用」されていたんです!!!

それも約6000ユーロ分も!!!(半端じゃ〜ないよね!)

使った国は、スウェーデン。場所はマルモ市にストックホルムとか。期間集中的だったので、旅行をして使った感じです。


不正利用だとわかって、五右衛門は直ぐにクレジットカードの会社に連絡をしました。銀行が発行しているカードなので、対応は早いだろうと期待をしていましたが、案の定裏切られましたね〜。


木曜日に連絡をして、「フォームを送るので、送り返すように」と言われたようです。土曜日には、別のリストが(詳しいリスト)送付されてきたので、再度「不正利用だ!」と電話を入れますが、土曜日と言うことで、あまり埒が明かないようでした。

夕方の5時くらいまでに、ポストに郵便物を入れれば、週末を除いては翌日に配達されるオランダですから、木曜日に五右衛門が電話をして、その日のうちに手配がされていれば、金曜日にはフォームが発送され、土曜日には配達されるはずです。ところが・・・やっぱり配達されずに、別のリストだけが配達され、五右衛門は怒り心頭。

オマケに電話をしても埒が明かないということで、まぁ〜機嫌の悪い事ったら!分かるんですよ・・・、心境は。だけれど、銀行に動いてもらうと言うことは、かなりの労力がいることなんですよね。カスタマーサービス・・・なんてのは、どこの次元の話か分からないくらいですからね。


週があけて水曜日頃・・・電話をしてから1週間して、フォームが届いたのですが、不正利用だと連絡をしてあるにもかかわらず、約6000ユーロは会社の口座から引き落とされていました。

これで逆上した五右衛門。また銀行に電話をしますが、「払い戻しをすることになりますが、一度は払ってください」と言われたとか。払える額ならいいけれど、払えない額だったら・・・・。

もしこれが個人の口座からの引き落としであったら、もう生活できませんからね。家賃も払えないし、食材も買えません。そんな状況でも、「一度は払え」って言うのでしょうか!?


それから1ヶ月経って、新しいリストが送られてきました。不正利用された分は、全て払い戻しをしてもらえることにはなっているようですが、いまだに払ってもらってはいません。

いったい何時になったら払ってくれるの!?

ここ数年、銀行のデータベースから、顧客情報などが「流出」しているニュースが流れていました。

自分達でできることとしては、空き巣に入られないようにしたり、入られたとしても、重要なものがおいてある場所がわからないようにしておく・・・くらいでした。しかし、めったに使わないクレジットカードの情報が流れてしまっていたために、カードは手元にあっても、不正利用されてしまいました。


不正利用されたカードは、五右衛門が最初に電話をしたときに、ブロックされ、他の何よりも先に新しいカードが送られてきました。(@@)

オランダでは書留はあまり使われず、普通郵便で送ってくるのですが、安全のために、カードとコードに分けて送られてきます。カードが使えるようにするために、そのカードだけのコードが必要で、二つが合わさってはじめて用を成す・・・ってことですね。


この二つのものは、隠された場所に眠っています。カードは使わないため・不正利用されないために、使える状態にはしないとか。年会費の25ユーロはそれでも引き落とされますが、その方がいいとか。(無駄なような気もするけれど)


それでもカードを持ちますか?



posted by ニコラ at 20:20 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日常生活
この記事へのコメント
大変な事になりましたね。やっぱり何処からか番号が見ることが出来そのようなことになっ事でしょう。それにしても銀行が素早い処置を取れないのでしょうか。気が気で無かったことでしょう。
自分で用心していても出来ない事でしょう。現在とても被害が多いそうですよ。お気よ付けあそばせ。
Posted by ダルマ at 2006年07月28日 07:13


でも現在の社会では持たなくては生活が出来ない事もあります。
携帯電話を使うにあたりカードが無いと引き落としが出来ず駄目です。パソコンを使う使います。
嫌でも持たなくては生活が出来ません。大変な世の中です。
Posted by ダルマ at 2006年07月28日 07:17


う〜む、情報流出といい
のんびりした対応の態度といい、頭に来ますね。
私もカードは持っていますが
有効化していないので無いのと同じ。

朝日コムでこんな記事を見つけました。
ニコラさん宅にもいらっしゃるのかしら?^^
http://www.asahi.com/national/update/0728/TKY200607280231.html
Posted by エミリア at 2006年07月29日 03:48


ダルマさん
日本でカードを使って、アメリカから物を買ったとき、お店の手違いから2回物が送られてきて、2回請求が来たことがあります。
明細書が送られてきて直ぐに、カード会社に連絡をして、事情を説明し、指示に従って送られてきた荷物のうちのひとつを返送しました。その連絡を入れたら、その場でその分を引いてくれて、請求額を変更してもらった覚えがあります。

今回の不正利用とはちょっとレベルが違いますが、やっぱり同じようにすばやい対応をしてもらいたいですよね。その為に年会費も払っているし、180日間は「保障される」となっているのですから。

プリペイドの携帯電話は、カードを購入です。契約の場合は、直接口座から引き落としになると思います。パソコンを使う場合でも、必要はないですね。
まだまだ必要性が低いオランダです。(^^;;
Posted by ニコラ at 2006年07月29日 05:33


エミリアさん
五右衛門は、「銀行はどの情報が流れていたかは知っている」と言っていえます。それでも、不正利用の文の請求をし、引き落とし、1ヶ月しても払い戻さず・・・ってことで、「やってらんね〜よ〜〜!!」って心境ですね。(^^;;

あぁ〜そのニュースの方たちとはですね〜、一緒にピクニックに行くことになっております〜。ハーグ郊外にある、「スケベニンゲン」と言う海岸を貸切にして、そこにあるスパにて、女性軍はマッサージ・・・と言うコースですね〜。
エミリアさんもご一緒されますか!?(^^;;
Posted by ニコラ at 2006年07月29日 05:40


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック