2006年07月12日

車検



日本の車検は、どれくらいの期間でやるのでしょうか?

実家にも車はありましたが、自家用ではなかったために、毎年やっていた記憶があります。でも一般の自家用は・・・、違いますよね?

オランダの場合は、新車登録をしてから3年間は、車検はありません。が・・・その後は毎年あります。

私が車を買ったときに、今の車はもう3年経っていました。前の持ち主は、きっと3年経ったので、売ったのかな・・・?なんて、思うほど、こちらの車としては距離を乗っていないし、綺麗でした。
(こちらの車は、1年で10万キロとか平気で乗りますから!)

でも落とし穴が・・・。

それはウィンカーが出ない!!


そう、物凄く危険です!!でも毎回出ないわけではなくて、出るときもあったので、「調子が変だ」くらいであまり気にしていませんでした。(自分では出しているつもりだったので、出ていないだなんて思ってもいなかったので)

でも引越しの時に、五右衛門の友人が車に乗り、「ウィンカーが出ない」と言うので、買ったところに行きました。いわゆるディーラーって所です。

普通中古車の場合、半年の保障しかないのですが、そこは新車・中古を問わず、「2年」の保障。ということで、「問題があるなら、新しいものに」ってことで、直ぐに変えてくれました。

でもやっぱりでないんですよね〜。(爆)

そうこうしている内に、排気口が落ちました。(@@)

・・・ってことで、またディーラーに。「保障期間」だから、直ぐに直してもらえると思って。(^^;; そうしたら、これは「対象外」とか言われて、200ユーロくらい払いました。

でも、そうしたらウィンカーが出るようになったんです。

そして暫くして、アムスに行った時、バッテリーが上がりました。原因不明です。日本で言うJAFに相当する所に来てもらい、見てもらったら、「配線が悪いようだ」って事で、帰りにまたディーラーへ。

またまた新しいバッテリーに変えてもらえましたが、またウィンカーが出なくなりました。

ただで変えてもらうと、出なくなるんか!?

その時には、買ってから2年が経とうとしていたので、こちらも必死でディーラーに赴き、色々と調べてもらったけれど、原因不明。・・・ってことで、そのディーラーの費用で、製造ディーラーに行くことに。

予約をして、調べてもらっても、なかなか原因がつかめず、技師の方たちが帰る寸前・・・4時過ぎに、「配線が溶けています」と連絡。

えぇ〜、いくらアメ車とは言え、そんな!?
(アメ車は電気配線が弱いと聞いていた)

直ぐには直せず、部品を取り寄せるので、翌日の午後にしか直らないとの事。「困る!」たって、仕方がないので、その手順で直してもらいました。そして直ったことを確認してから、買ったディーラーにチョコレートを持って行きました。何せそこの受付のおじ様(結構年配の方)は、怒ることを知らない感じの方ですが、最後には「このくそ車!」って叫んだほどなのです。(^^;;

そしてディーラーの費用で、直してもらうことになったので、そのお礼に・・・とチョコレートを持って行きました。まぁ〜、ついでにひとつ直してもらいたい所があったのですが。

小さな部品だし、費用も掛からないだろうと見込んでいたら、チョコレートで釣られたのか(!?)、その修理代はただに!

お互いに喜んだ覚えがあります。(^^)


それから3回ほど車検を受けました。毎年・毎年・・・良くぞ見つける!って思うほど、修理を迫られています。(でも言われる単語が分からず、何をどんな風に修理しているのか・・・確信はないのですよね・・・)

今年は、後輪のブレーキ・エンジン内のモーターベルト一式を変えました。
去年は、タイヤの車軸・タイヤ3本(何故か3本)を変えました。


2年前からクーラーが壊れています。メーカーのディーラーで調べてもらったら(車検のキャンペーンの時にやってもらった)、クーラーに穴が空いていて、修理が出来ないので、全とっかえになり、1300ユーロにもなるとか。五右衛門も呆れて、そのままにしていますが、やっぱり高速を走る時には、ちょっと怖いですね〜、真夏は。

ってことで、今年の車検の時に調べてもらったら、穴はないといわれ、冷やすための液体を入れてもらいました。その日は冷えたけれど・・・、やっぱり翌日から冷えなくなり、「ふさがっていた穴が、また開いた!」ってことでしょうね・・・。

直すのか、そのままにするか・・・まだ五右衛門も決めていないようです。

何せ今年の車検では、800ユーロも掛かったので、クーラーの修理費で、1000ユーロ!とか言われても、払えませんからね〜。(^^;;
(車検の費用はただだったけれど、諸費用に225ユーロ、残りは修理費でした。)


やっと車検が終わったけれど、また来年の車検の費用を貯めないと・・・!






posted by ニコラ at 07:09 | Comment(4) | TrackBack(1) | 車の世界
この記事へのコメント
その車はもともと少し悪かったのでは無いのですか。主人が話すのにはそんな馬鹿な事がある訳が無いと話しています。この夏暑いのに冷えないと蒸しぶるでしょう、
良く考えて決めたほうが良いですよ。
Posted by ダルマ at 2006年07月12日 09:01


ダルマさん
学校の終わる前は、3時のお迎えの時に、合計1時間ほど車に乗っていたのですが、もう家に着くと、頭がほてってソファーに倒れこんでいました。
日本より太陽光線が強いので(北緯の関係で)、湿度はなくても、肌はちりちりと痛いくらいになります。高速を走る時には、窓は全開にしないので、たった5分の距離でも、かなり蒸しますしね。
今は家にいられて、ホッとしています!
Posted by ニコラ at 2006年07月12日 19:05


この暑い中クーラーが使えないと脱水症状になり危険ですよ。
主人に来たらこちらではタクシーでも年に 二十万`程しか走らないそうです、一般の方十万とは凄いと吃驚していました。
Posted by ダルマ at 2006年07月15日 08:59


ダルマさん
ヨーロッパは地続きなので、車で北欧・南欧・・・どこまでも行きます。車だけの場合もあれば、後ろにキャンピングカーをつなげている場合もありますね。
長い休みだけではなく、週末とかでも、ちょこっと何処かまで・・・って行く場合もありますからね。
なので、車の保険も、1年の走行距離で、値段が変わります。(日本もそうなのでしょうか・・・?)我が家は最低ラインの、1万キロから1万2千キロまでの走行距離での保険です。学校が6週間休みなので(夏休みが)、大体それくらいで終わりますね。
と〜〜〜〜っても短い走行距離ですよ。(^^;;
Posted by ニコラ at 2006年07月16日 02:34


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

自動車リサイクル法
Excerpt: 先日の日曜、我家の愛車『ステップワゴン』の車検に行ってきました。前日の土曜日に見積を取りに行き、どこも悪いところが無かったようなので、必要最小限の出費で済みました。10万チョッとかなで今回はじめて知っ..
Weblog: Y'sPress44 in 大阪
Tracked: 2006-07-12 19:57