2006年06月28日

日本のペット事情



昨日の9時からのスペイン対フランスのサッカーの試合の休憩時間に、五右衛門が何気にかけたベルギーテレビ。(他国ではどんなことを言っているのかチェックしまくるのですよ・・・)

そうしたら、日本のベットに対する接し方?ならぬものを、放送していました。5分くらいしか見れなかったのですが、びっくりすることばかり!


<お断り>
昨日の放送は犬のことでしたので、ペットは犬のこととして、今日は理解してくださいね。


まず、ワンちゃん用のレストラン!

個人の家を開放して、1日3匹のワンちゃんようのメニューを、お客様(飼い主さんたち)にも説明をしながら作っている模様なんです。

綺麗なお膳に入れられたお食事が、これまた広々としたお庭に面した縁側と言うか・・・、テラスと言うか・・・そういう言う場所に運ばれて、飼い主さん達が細かくしてあげたものを、むしゃむしゃとお食べになるワンちゃんたち。

これでびっくりしていたら、

ワンちゃん専用の「お惣菜やさん」なるものもあり、毎日ここで購入されるお客様もいらっしゃるとか!

私が小さい時には、残りご飯に、これまた残った味噌汁をかけて、それがワンちゃんのご飯って聞いていたけど、今は違うんですね〜〜!!


そういう上等なもの(?)をお食べになっているワンちゃんたちも、都会に住んでいるからかストレスが溜まっているとか。そのストレスが原因で、歩けなくなるワンちゃんもいるので、そういうワンちゃんのための「針・灸」の診療所まで出現。ちゃんとモンゴルにて、その方面のお勉強をされた先生が、色々診察をして、治療をされていました。


いや〜、これを見ると・・・オランダのワンちゃんたちは、とっても野生的ですね〜〜〜!!(^^;;

先ずオランダのワンちゃんたちは、家の中で飼われます。床がたたみでないので、気にならない・・・とか、家族の一員だから・・・ってことで、どんなに大きな犬でも、家の中で生活をします。

しかし、家の中にはトイレはありません。その為に、住宅地には「犬のトイレ」の場所があります。(ちゃんと標識もありますよ!)

ワンちゃんたちは、この犬のトイレにて、用を済ませながら、散歩をして、他の犬達との社交性を保っています。飼い主さんたちは、ほとんどが顔見知り。1日に5回ほどのトイレ兼散歩をしていれば、否が応でも顔見知りになってしまいますよね!

そして犬の年齢が低い場合や、まだ躾がされていない場合を除いては、はなして散歩をさせ、好きな所で・好きなように用を済ませ、他のワンちゃんたちと遊ばせたりしています。

喧嘩っ早いワンちゃんも中にはいますから、そういうワンちゃんの姿が見えると、リードをつけたりもしますが、喧嘩になりそうなときには、無理やり抑えない・・・という暗黙の了解もあるようです。

抜け毛の季節には、この散歩の時に、ブラッシングをしてもらったり、暑い季節では、運河に入って泳がせたりもしています。

食べ物に関しては、パンや固形のブロックを食べさせたり、動物の心臓を煮たものを食べさせたりしているようです。

だからと言って不健康ではなく、とってもたくましい体つきをしていますよ。もちろん、犬によっては(特に小さい犬は)華奢ですけどね!


日本を離れて早9年目。日本のペット事情を見て、「日本にいたらこれが普通に見えるのかな・・・?」と、浦島花子の気分になってしまいました。




posted by ニコラ at 21:12 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日本のニュース
この記事へのコメント
五右衛門さんそんな物まだいいほうですよ。今や日本では犬に何万もする衣装を着せて歩いていますよ。女性は見栄を張り鼻高々としています、 私もたまに テレビで見ますが 考えられません。

 犬を散歩でなく抱えて歩く方もいます。犬の名前も名にちゃんと呼んで話しかけていますよ。
Posted by ダルマ at 2006年06月29日 07:43


ダルマさん
五右衛門も目の色が変わっていました。「呆れてものが言えない!」って感じで、大笑いしてました。

犬を買っている人の半分以下の人が、テレビで見たようなことをしているのだと思いますが、それでもそういうマーケットが存在すること事態・・・変だな〜って思えてしまうんですよね〜。

Posted by ニコラ at 2006年06月29日 18:04


日本でのペットは、ひとつのアクセサリーだと考えたほうが良いですね。犬は、文句を言いませんもんね。行き過ぎちゃうんだと思います。

私の友人は、猫を飼っていますが、友人の食費よりも猫の食費がすごいです。えさには、数種類のサプリメントが乗っかっています。えさは、毎日、違うものを朝晩、3種類、用意!!水は、ボルヴィックです。それも、500ml(1Lだと残るから)。猫のための2LDK。早く、帰ってこられるように、駅のそばです。昼間は、ストレス解消に散歩をしています。もう、友人は、完全にあほです。
Posted by ぽん at 2006年06月29日 19:44


ぽんさん
ペットがアクセサリーだなんて、ちょっとかわいそうですね。自分が誰かのアクセサリーとして、連れ歩かれたら、やっぱり嫌ですもの。
犬は尻尾を振って話をすると聞きますが、尻尾を振っていると喜んでいると言うのは、当たっているのでしょうか?

人間もそうですが、美味しいものばかり食べていると、内臓に負担がかかって、体によくないと聞きます。ペット達の病気が心配になってしまいます。「ペットのためにした」ことが、仇にならなければいいな〜って思いますね。
Posted by ニコラ at 2006年06月30日 03:00


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/19997030
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。