2006年06月27日

6週間がたち



5月16日の「やっぱり嘘は駄目」で紹介をした女性を覚えていますか?

この方・・・ヒルシ・アリ女史のオランダ国籍が、すったもんだと揉めたあと、やっと決着しました。

当時は矢面に立っていたフェルドンク大臣も、昨夜のバルケネンデ首相のアパートでの密会(?)までは、党内の選挙のとき以外は、この件に関して何も言っていませんでした。

が、昨夜・・・首相のアパートにて、副首相二人も合流しての密会にて、ヒルシ・アリ女史の国籍について、話し合ったとのことでした。(今朝のニュース)

そしてその結果・・・

国会・首相および副首相達も、ヒルシ・アリ女史の国籍保持に偏っていたのは事実ですが、調査をした結果、やはり国籍保持は可能と言うことで一致をしたようです。

調査の結果と言うのは、

ヒルシ・アリ女史が祖国ソマリアで使っていた実名ではなく、父方の苗字である「ヒルシ・アリ」を使うことは、特別に異常なことではない。(彼女の場合は、祖父が「アリ」であり、後から「マガン」をつけた)ソマリアのでの名前に関する法律でも、認められているとの事。

誕生日を偽っていたことについては、あまりはっきりと言われてない気がします・・・。(なのでよく分かりません)


これにより、アメリカ滞在のためのビザの申請に必要なパスポートが、やっと入手できることになったようです。



またこれにより、同じような立場で、同じように名前や誕生日を偽っていたと言うことで、出国命令が出ていた人たちも、オランダ国籍が与えられるか・・・?

これは、2000年以降について、同じように調査をしたようですが、74件が当てはまったそうです。

そのうちの11件は、まだ調査中とのことですが、残りの63件のうち58件は帰化は出来ないが、残りの5件については帰化が可能との結果だそうです。


フェルドンク大臣の顔をつぶさない形で、このような結果になったようですが、成るはずの結果に成っただけとも言えるのでしょうか?

とは言え、アメリカ滞在を決断したヒルシ・アリ女史は、そのアメリカ滞在中の警護費を、オランダ政府に負担させようとしているとか。いったいどうなることやら・・・。

一難去って、また一難!?(^^;;




posted by ニコラ at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治の世界
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック