2006年06月26日

ユニフォームの話



昨日負けてしまったので、本当はもう辞めにしたいけれど、ちょっと目先を変えてユニフォームの話。

昨日の試合は、オランダにとってはアウトの試合。ということで、



このユニフォームを着ての試合でした。

そしてこのユニフォームには、深い意味があるのです。それは・・・


先ずその前に、ホームの時のユニフォームは、お決まりのオレンジ

理由は、皆さんもご存知の通り、オランダ王室の名前が、「オラニェ=ナッソー」だからですね〜。そう、オランダ語でオラニェは、オレンジの事を指すんです。

なので、国際試合とかがあると、オランダの代表カラーのオレンジで、応援をするわけです。

そして今年のホームのユニフォームは、1959年の時のユニフォームを基本にしているようです。


そしてアウトの時のユニフォーム・・・今年は「白」でした。

この白地に、国旗をデザインしたユニフォームは、オランダサッカーチームにとっては、とっても歴史的なユニフォームです。

というのは、1905年4月30日に、初の国際試合として対ベルギー戦の時に、着用していたユニフォームなんです。

それを元に、NOSのサッカー番組によく登場している、多分作家の男性が、今年風にアレンジをしたとか。


歴史的なシャツを着て、勝ってよ〜〜!!ってことだと思ったけれど、残念ながら負けちゃったのでした。


でもこのユニフォームは、2006/2007年バージョンなので、まだまだお目にかかれます。

それに、1枚65ユーロ位するけれど、購入も可能です〜!
もちろん別料金で、背番号や名前も入れられますよ〜〜!!
(ネットでの購入はこちらから。オランダ語のページには商品が色々ありますが、英語のページには、シャツしか置いてないようです。)


買った人、いますか〜〜!?!?!?





posted by ニコラ at 19:25 | Comment(4) | TrackBack(0) | ワールドカップ2006
この記事へのコメント
イタリア辛勝にて8強進出できました(汗)
私のトッティさまが活躍してくれましたから…。
オランダの監督、すごくかっこいいですね。
試合より監督ばかりみてました。
Posted by エミリア at 2006年06月27日 13:48


尊敬するヒディンク様まで去って、ワールドカップからオランダ人がいなくなってしまいました。
ユニフォームはやはりオラニエ色の方が好きだなあ…。
Posted by Lente at 2006年06月27日 18:22


エミリアさん
昨日はイタリア、本当に苦戦してましたね〜。(^^;;
五右衛門が子供達に、「デル・ピエーロ」って名前を教えてたな〜。意味は知りません!(^^;; (何で彼の名前なんだろうね~!?)
「明日学校で聞いてみな!」とか言ってたっけか。

オランダの監督はね〜、もう10年以上も前に、ACミランでオランダ人3人トリオの一角で、得点を重ねてたんだぞ〜〜!!あまりにもいい選手で、足首を狙われすぎて、ミランでの最後の年は、プレーが出来なかったはず。
今でも方足首は。固定されたままで、曲がらないのですよ。本当は走れないとか言われていたらしいけれど、今年の3月に見事なゴールを決めたんだよ〜〜。(シニア対現役の大会かな?)
マルコって言うから、覚えてね!
(イタリアに行ってから、マルコを通称にしたくらい、気に入ったんだって!)
Posted by ニコラ at 2006年06月27日 19:46


Lenteさん
確かにね〜、オランダカラーのほうがいいけれど、今年は何故か・・・基本に戻れ!?ってことでか、ヴィンテージに戻ったデザインになったんですよね〜。
まぁ〜、オレンジのほうも古いデザインを基準に作ったと言うから、ドイツ大会での借りを返す宿命で・・・と思っていたら、やっぱり苦手のポルトガルと審判にやられましたね〜。
9月には予選第1戦のルクセンブルク(アウト)があるそうです。またこの白いユニフォームだよ!

Posted by ニコラ at 2006年06月27日 19:51


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック