2006年06月25日

算数



昨日に引き続いて、算数の計算の仕方の「差」。

自分が小学校の時に、どの学年で、何の計算方法を、どんな形で教わったのかは、もう過去の記憶であいまいですが、それでも覚えていることは、

1+1=2

5−3=2

と式を横に書く方法を習い、その後・・・

 1
+1
−−−
 2


 5
−3
−−−
 2

と、縦に書く方法を習ったと思います。

その後これが二桁になったと思いますが・・・、
オランダでは、横に書く方法の計算だけを、最初は習うようです。(縦に書く計算は、グループ6くらいでやるとか・・・?)


現在さっちゃんは、二桁の計算をしているのですが、

49−28=21

これを例にとると、

日本では、先ず9−8をして、1と答えを出し、その後4−2=2の計算をすると思います。

が、オランダでは、

引くほうの28を、「2を足して30」にして、足した2を49にも足して51として、「51−30=21」と計算します。


これが足し算の場合、

49+28=77

やはり28に2を足して、30にするのですが、足した2を49より引きます。(引き算の時のように、両方に足してしまったら、合わなくなるから・・・って事ですが・・・)

・・・ってことは、

47+30=77

って計算するんですよ〜〜!!


なんか面倒!!

ってのが正直な印象。(^^;;


でもこれのよい所は、引き算の時に

31−19=12こう言う時には便利ですよね〜。

だって、1から9が引けないから、10の位から1借りてきて(10借りてきて)「11−9=2」をして、次に2−1=1(1を貸しているから、3−1=2になっていて・・・・)ってやらずに、


32−20=12

ってやれば良い訳だから〜〜!!



でもやっぱり、こんな風に計算していたら、時間掛かるよね!!


だからやっぱり、オランダ人も計算が苦手なんだろうね〜。(^^;;





posted by ニコラ at 08:39 | Comment(4) | TrackBack(0) | 学校の世界
この記事へのコメント
 オランダではとても難しいやり方で教えているのですね、頭が変になりそうです、 でお皆さんそれで教えていただき覚えるのでしょう、たいえんですね。さっちゃん みーちゃん頑張れ慣れればすぐに出来るようになるよ、
Posted by ダルマ at 2006年06月25日 09:21


ダルマさん
さっちゃんの担任は、10分間面談の時や普段でも、私の突拍子な質問にちゃんと答えてくれるので(^^;;、これでも多少は内容を把握できていると思います。なにせさっちゃんは、100までの計算が「標準」なので、100マス計算のやり方が通用していないのを、肌で感じていると思うんですよ。まぁ〜100マス計算は、100までの計算ではないので、上のやり方をやらないでも、オランダ人でも計算できるのかもしれないけれど・・・。
Posted by ニコラ at 2006年06月25日 19:25


さっちゃんの算数は大変ですね、
私たちには少し面倒ですね、此れをしないとオランダでは生活をして行かれないのでしょう、所変わればと言いますが そこで生まれて初めからならなんのも問題も無くやれるのでしょう。
  さっちゃん頑張れ!
Posted by ダルマ at 2006年06月28日 07:35


五右衛門にとっても、このやり方は面倒なようです。「何でそんな風にやるんだ!?」って言ってましたから。
さっちゃんにとっても、やっぱり多少面倒なようで、たくさん間違えちゃうようです。まぁ〜慣れれば大丈夫なんでしょうが、そこまで行くのが大変なんですよね。
Posted by ニコラ at 2006年06月29日 02:32


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック