2006年06月15日

慣れる日



昨日の水曜日の6月14日は、さっちゃん・みーちゃんの学校では、「慣れる日」というものでした。(オランダ語でwenendag)

何に慣れるのか・・・?

それは夏休み後に関係があります。
そう、

新しいクラスの先生・新しいお友達との顔合わせの日です。

つい先週、みーちゃんの新しいクラスが発表になりました。グループ3にあがるに当たり、学校側から「どちらのクラスがいいですか?」との希望も聞かれていたのですが、差が分からず、何も希望を出しませんでした。

そしてその結果が・・・

グループ3・4の合同クラスでした。

オランダの小学校では、グループ1・2は合同です。従って、4歳になったばかりの子(まだ義務教育ではない)5歳児・6歳児が同じクラスにいます。年齢によって、担任から「してもいいこと」が仕事として任されてもいます。それが小さい年齢の子達にとっては、「大きくなったら自分もやるんだ」との憧れになったり、大きい子は小さいこの面倒を良く見るということもあったりして、相乗効果があるとの事です。

その相乗効果を、グループ3からも期待できないか・・・?とのことで、数年前から二人の学校では、グループ3から8まで全てに学年において、合同クラスを設置しました。



さっちゃんがグループ3にあがった時にも、希望を聞かれたけれど、それぞれの利点がよく分からない上に、さっちゃんにとってどちらがいいのか・・・判断に困って、やはり希望は出さずにいました。(なにせ揉めたので、上げてもらえるだけでも嬉しかったこともあるけど)

その結果は単一クラス。クラスにはグループ3に上がってきた子達だけがいます。とは言え、グループ1・2のクラスは当時、4つほどあったので、知らない子ももちろんクラスにはいました。それでも子供というのは、直ぐに仲良くなれるようで、知らない名前がたくさん出てきて、着いていけませんでしたね〜。(過去の話だ〜!!)

そしてその単一グループ3の子供達は、そのまま持ち上がりでグループ4へ。そして5・6・7・8へとあがっていきます。

一方の合同クラスの子達は、クラスの中には2つの学年の子供達がいます。特にグループ3・4は大変だと思います。方やもう読み書きが出来る子がいる中、初めて読む練習をしたり、書く練習をする子達がいるわけですからね。

その為に、担任と保護者(オランダでは「親」だけではなく、扶養をしているだけの関係の人もいるため、単に親だけとは限らないため)の間の連絡は、結構濃厚になるとの事でした。

特に学年の上の子たちのレベル維持が、焦点のようです。単一クラスの子達のレベルと、差があってはいけないわけですからね。

しかし子供達にとっては、この合同クラスのほうが楽しい!とのアンケート結果もあるようです。何が違うのかは、蚊帳の外にいる私は、分からないのですが・・・。(^^;;

そして今年は、さっちゃん・みーちゃん共に、新しいクラスに移動です。担任も変わります。ということで、新しい先生・仲間と、顔合わせをしてきました。

担任は子供達の名前は知っています。子供達も担任の名前は知っています。でも、「いったいどんな人!?」というのは、お互いに知りませんから、この「慣れる日」を利用して、お互いを確認するわけです。

さっちゃんの今度の担任は、人によっては厳しいといい、人によっては超優しい〜・・・という、複雑な(?)印象を与えたようです。そして、「クラスのルール」というのも、昨日皆で考えたようです。(これはどのクラスでも、そのクラスのルールがあります。)
また今年は、「万年筆」で書く練習もするとか。学校側から支給されるようですが、何時・どのような形で・・・というのは、まだ未定なようです。

一方のみーちゃんは、「naam」(名前という意味)というのを探す作業をしてきました。でもクラスの印象や、先生の印象は・・・まだ話してくれないので分かりません。(昨日は学校帰りに事件があり、そのことで五右衛門に懇々と説教をされたので、話す暇がなかった?)

それでも、その事件の関係で、「夏休み後も、今のクラスに行かないと!」と五右衛門に言われたら、大泣きをしたので、気に入ったのではないかな〜と思っています。


グループ1・2にクラスでは、6・7月生まれの新しい子供達も(この時期に4歳になっても、学校に慣れたら夏休み・・・ということで、入学は許可されていません)、なれるために学校に来た模様です。
みーちゃんが、「ちっさい子達がね〜、来たのよ〜」って言ってました。(^^;;


1年のカリキュラムもほとんど終わり、明日の金曜日には、多分最後の成績表が配られます。来週にはそれを元に、「10分間面談」があり、その後はもう夏休みムード一色です。

というか、6月になると・・・もう夏休みのことで頭がいっぱい・胸いっぱいだし、夏休み以降のクラスのことが、子供達も心配なようです。何せ落第がありますから、その通知が保護者に来ます。自分では頑張ったと思っても、不十分であれば、その子の為に落第させます。

さっちゃんのクラスには、一人の子が落第しました。その子は偶然にも、みーちゃんのクラスに来るようです。

そんなことも発覚する、慣れる日でした。(^^;;






posted by ニコラ at 17:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 学校の世界
この記事へのコメント
みーちゃん さっちゃんともに大変な時期ですね、新しくお友達も出来楽しみですね。もう夏休みですか。早いのですね。 此方は入梅に入り毎日雨で大変です。 子供達は 雨で寒くプールに入れずつまらないと言っています。
Posted by ダルマ at 2006年06月16日 14:37


ダルマさん

みーちゃんは、と〜〜〜〜っても人見知りが酷かったので、新しい環境に移るというのは、こちらもヒヤヒヤします。それでも、「大きくなった」と自分でも思えるのか、最近はあまり知らない環境でも、怖がらなくなったし、泣かなくなりましたね。

ここ3日くらいオランダは涼しいですが、また明日から暑くなるようです。と言っても、25度くらいまでしか今度は上がらないようですが、オランダでは「夏日〜〜〜〜」と言ってます。
Posted by ニコラ at 2006年06月17日 04:01


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック