2006年06月08日

歯科検診



今日は半年に1回の歯科検診でした。五右衛門はこれが大嫌い。なぜなら、年齢的に歯槽膿漏になっていて、それを言われたり、なんでも歯を1本抜かなければいけないけれど、歯を抜く専門の歯医者に行っていないので、それをグジグジと言われるから。

行けばいいのにね!

って言うんだけど、仕事を理由に行っていない五右衛門。でも、何の不自由もない様子。なら大丈夫かな・・・とも思うけれど、後数年後にそのしっぺ返しが来るかも・・・と思うと、ちょっと怖い。

さて、オランダでは医者に行く・・・というのは、医者に行くのよりも大変です。医者=ホームドクターで、自分専門の医者を探し、患者と医者の契約をしてもらって初めて、自分が病気になったときに、その医者=ホームドクターに行かれます。

しかしそのホームドクター・・・が付く位不足しています。政府も数年前に、この不足を緩和させるために、今まで必要だった15年とかの期間を、13年とか14年とかに、短縮をさせました。

そのホームドクター達よりも不足しているのが、歯医者。私も見つかりませんでした。もし五右衛門が、指定の歯医者がいれば、私もその歯医者に掛かれたのでしょうが、五右衛門は兵役の時に歯を治してもらって以来、歯医者とは縁のない生活だとか。

なので、さっちゃんを妊娠中に取れてしまった金を、戻してもらうのに、歯医者を探しました。特にその時には、オランダ語なんて出来なかったので、英語で話をしてくれる歯医者・・・って事で。

まぁ〜知識人は、英語を理解するので、その点は問題がないのですが、新患を受け入れてくれるかどうか。これはほとんどの場合、NOです。

それでも五右衛門が無理を言って、一人の歯医者と予約を取ってくれました。そしてそのまま数年は、その歯医者に1年に1回の検診に行っていました。

しかし!!!!今から4年位前に、その歯医者が病気を理由に廃業しました。そしてその1年後・・・、またひとつの金が取れました。

また歯医者探しです。緊急です。



電話帳で歯医者のページを開き、住んでいるそばの歯医者の住所と電話番号を書き出し、電話をしていきました。

でも、全ての歯医者で、「もういっぱいで、新患は受け入れません」と言われました。

「今回のこの金を戻してくれるだけでいいんだけど・・・」と粘っても駄目

リストの最後の歯医者でも、同じ会話がなされました。

「皆で何か協定でも作っていて、断っているの?」

そんな事はないけど・・・。ちょっと待ってって。

「今回だけよ!」

ってことで、翌日に予約を入れてくれました。

そして予約の時間に行くと、とても驚かれました。理由は、

私が日本人だから!

というのは、学生の頃、1時間だけ日本語のクラスを受けたことがあり、アジアには興味もあり・・・という歯医者でした。

なので、むか〜〜〜〜〜し覚えた日本語で、私に話しかけたい!!って欲求が沸いてきたようです。(^^;;

そしてその結果、

「貴方の家族を全員、受け入れますよ!」


おいおい・・・!!そんな単純な理由で、4人も受け入れて大丈夫なの!?

との不安も過ぎったけれど、指定の歯医者がないのは、子供達にとってもよくないことなので、すぐさま半年後の検診の予約を入れました。(^^;;


それから半年毎に検診を繰り返していえます。大人は虫歯の検診と、歯垢を取ってもらいます。子供達は、歯医者の前で口を開ける練習から、風を当ててもらい、奥歯が生えてきたら、薬を塗ってもらう・・・と手順があります。

みーちゃんは、先日抜けた歯を見せて・・・やっぱり言われたことは、どうしてもあごが狭いね〜。次の歯が抜け替わる時にも、定位置に収まらないかもね〜。

やっぱり矯正するのかな・・・。

その辺の必要性は、半年毎の検診で指示をしてもらえます。


そして今日は、二人とも奥歯に薬を塗ってもらいました。

初めて歯医者で、口を開ける以外のことをしたみーちゃん。とっても興奮していました。

最後に選べるおもちゃも、なかなか決まらず、さっちゃんの真似をして、同じものを選んだようです。

半年後に、また歯医者で検診の予定ですが、その時にはまた新しい歯が生えて来るかな?




posted by ニコラ at 05:41 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日常生活
この記事へのコメント
ご家族で一緒に歯医者ですか。見てくださる先生がいて助かりましてね、五右衛門さん私の主人は歯槽膿漏になり全部入れ歯です、食べる物が何でも思うように噛めず硬いといい美味しく食べられませんよ、今の内に直したほうが好いですよ、
Posted by ダルマ at 2006年06月08日 06:59


ダルマさん

毎日・毎週・毎月と必要ではないけれど、どうしても必要な歯医者。この歯医者不足の中で、指定の歯医者のいない方達も多い中、本当にラッキーなことに、歯医者を見つけられました。
でもその裏腹に、治療が必要となると・・・やっぱり面倒になるんですよね。でも子供達にとっては、歯医者は怖い場所・嫌な場所・・・・って先入観念をつけさせないためには、どうしても小さいうちから慣らさないといけません。それに何かとトラブルが出てくる歯ですから、指定の歯医者がいて、安心しています。

五右衛門の口臭も、歯槽膿漏のために、酷い時もあります。そんな時には、何気なく痛みがあるのか聞くのですが、本人には意識がないので困ります。
仕事柄、毎日はお客様と会うことはないですが、これが接待業だったら・・・、私が客なら行きませんよ〜。
鼻が悪いので、全くその辺が感じられず、困ります。
Posted by ニコラ at 2006年06月09日 03:16


私の旦那も口が臭くとても困りました、そこで私なら貴方の車にのっても何処までと話したときに口が臭く吃驚して降りてしましますよと何回もやはり言いました。
あの匂いわどうにも困ります。お客商売なら事にです、仕事が減りますよといっても聞きませんか。
家のものが話して聞かせなければ他にお人は言えませんね、
Posted by ダルマ at 2006年06月10日 09:11


ダルマさん
お客様は、口臭のことは言いませんから、本人は分からないんだと思います。家の人が言わないと、絶対に分からないことですから、私も言うのですが、やっぱり気分を害してしまうようです。困ったものです。
Posted by ニコラ at 2006年06月10日 17:39


一日に一回テレビを見ながら15分ほど歯肉を磨くのです。だいぶ良くなります、 又はお子さんに
お父さんの口が臭いよと言われるととても効き目があるそうです。
子チャラの新聞に出ていたのでお知らせします。一度試してみては如何でしょうか。
Posted by ダルマ at 2006年06月11日 07:30


電動歯ブラシ・塩入歯磨き粉も、ちゃんと用意してあるのですよ。二人が歯磨きをするときに、一緒に台所でできるように。でも、本人が「差」を感じられないために、1週間くらいで終わっています。

私は今回の検診で、フロスをするように言われましたので、一緒にやってみようか・・・と思っているのですが、なにせ私が寝る時間にはまだ帰宅をしていないので、難しいのですよね〜。
Posted by ニコラ at 2006年06月12日 02:56


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック